見出し画像

もっと、自分で選ぶ、という経験を

息子に意識して与えてきた経験。自分で選ぶ、経験、練習。これを「経験」というとちょっと大袈裟だけど、親のコントロールの下で、少しずつ、あなたはどっちがいいの?と聞いて、自分で考えさせるようにしてきた。

食べ物や持ち物のことなど、とっても身近なことから始めた。

例えば、同じように盛り付けた2杯のご飯のうち、どちらを食べたいのか、とか(選ばなかった方をママが取る、パパのは食べる量が違うので、それはとってはいけないことも教える)、

この場面で、お水飲むかジュース飲んでいいのかは総合的にママが決めるけど、飲むときどのコップがいいと思うのか、好きなコップでいいとか、自分で決める。

今日のお出掛けの予定を教えておいて、服を2パターン見せて、どちらを着るか、走るなら長ズボンのほうがケガしないかもよねとか、絵を書くなら、洗うのがたいへんだから濃い色のTシャツが洗いやすいねなど、アドバイスを与えつつ自分の行動と洋服のリンクを考えさせる。

誘導ではないけれど、必要な補助をしながら、どちらにしたいか、どちらが好きか、自分で考えるクセをつける練習。


これに取り組んだ理由はいくつかあります。

まず、アメリカでは、ペアレントプリスクールと呼ばれる親が保育に携わる幼稚園に通わせていたのですが(2歳〜3歳)、その園に時々アドバイスにやってくるペアレンティング(親業)講師のドクターが、子どもに選択肢を与えよ、と言ったこと。そうすることによって子どもをエンパワー出来る、と。他にも沢山の教えがあり、取り入れてきたが、当時は余裕が無くなにも書き残してないのが、残念。これはまた調べ直して描いてみたい。

そして、短かったアメリカ滞在から自宅のあるマレーシアに帰って来て、しばらくしてから気づいた。周りのマレーシアの人たちは結構自分の意見がある。見方によってはかなりの自分勝手。イヤな事はあっさり絶対やらない。メイドさんでもドライバーでも、仮に人に使われる立場であっても、しっかり自分がある人が多い。下手をすると、日本人みたいにニコニコしてなんでもハイハイと言っていると、主従入れ替わって、どっちがボスみたいなメイドさんも見たことある。笑

ここでハッキリ打ち明けると、付き合うコツを掴むまで、メイドなのにボスの言うことをなぜ聞かない?なぜそこまで自由で身勝手な従業員なのか分からず、日本人に少ないこういったタイプの人とうまく過ごすコツに気付くまでは、私も結構大変だった。

大変と言うのは、こちらが腹が立つのだ。頼んでおいたことをなぜやらないの?責任感は?こちらに赴任した日本人は、大抵ある程度は皆、腹立たしく感じていると思う。使用人と言えど、日本人みたいにやれと言った通りにやるほど、従順ではないのだ。笑

わざと「従順」と書きました。責任感がある、かどうかと同じ意味でも使えます。要は、行き過ぎた従順さが無いのです。自分の嫌な気持ちを我慢してまでは、過度には言うことを聞いてくれません。雇い主と使用人とは言え、ある程度関係がフラットなのです。他人に踏み込ませない範囲が広いとも言える。


その理由を考えてみて、ペアレンティング講師(女性で博士)の言葉を思い出しました。使用言語の影響です。マレーシア語。当地では、赤ちゃんが泣くとき、子どもが不機嫌なとき、必ずシンプルに、「○○ちゃんは何がほしいの?」と聞く。語順をそのままに、英単語に置き換えると、SARAH want what?という感じ。ちゃんと英語に訳すと、 What do you want, Sarah? となる。

あれ?どこかで聞いたなこれ。赤ちゃんにも幼児にも意思があるという前提でしょ、そしてあなたはどうしたいのかを聞くのである。ここではこうするのよ、と正解を教えるのとは真逆のアプローチなのである。待てよと。

ハッと気付いた時は、衝撃だった。最先端のはずのカリフォルニアの博士号を持つ親業の専門家の理論に裏打ちされた意見。マレーシアのメイドさん、庶民レベルでみんな日々フツーにやってる。これはなかなかのパラドックス。そしてこれはかなり日本と考え方が違う。なるほど。こうやってあの身勝手で他人に簡単に左右されないローカルさんたちは幼少期から自然に形成されるのかと。

日本は、話しかけで幼児の意思はあまり問わないと思う。これがシンプルだけど1番大元の自我発達の方向性の違いだと私は思う。

日本語そもそも一人称が抜けがち。

翻訳をしていて困るのが、一人称が曖昧な文章。公的な文章であっても、それがクライアント個人の意見なのか、どこか団体のみんなの総意なのか、あなたもそう思うでしょといいたいのか、はたまた日本では一般的にはそうだと言いたいのか、はっきり書いてないものを英語に訳さないといけない場面に遭遇すること。曖昧もことしているが、私だって日本人なんだから、英語に訳そうと考える前には、その文章が曖昧かどうか気づかないことさえある。それほどまでに個がないのが、日本語では自然。

英語にスラスラ訳せる文章を日本語で送ってくる人は、大抵別言語もある程度解する方だったりする。


これは全くの独断と偏見を含む私見だが、相次ぐトップ芸能人の自殺と関係あると思っている。もちろん個々の要因は複雑で繊細な絡みあったものだとは思います。

ただ、小さい頃から他人のいうことばかり聞いて、大変よいこで努力できる子で、いいよとオススメされた事ばかりに努力してきた人生では、自我が、自分がない人間が出来上がるのだ。自分が何者かわからなくなる、これを自分がしたいのかしたくないのか、なぜしたいのか、なぜしたくないのか、何が好きなのか何が嫌いなのか、されたら嫌なことに、やめろと言えない、やめろと言っていいのかどうか考えたこともない、強要しないで、押し付けないで、私はこうしたいの、したくないの、いつしたいの、いつはいやなの、これは果たして本当に自分がやりたいことなのか、上層部の意見そのままなのか、わからなくなる。自分と他人の境界線が、あやふやでわからなくなってしまうのだ。

大事なのは、自分の意志を自覚することと、今の環境で行動が許される範囲を知ること、そして、怠惰に流れないこともかな。好きなことに集中してね。マレーシア人の身勝手さは、自分のある状態は、時には好ましいが、時には、身勝手ばかりでは社会秩序が保たれなくて社会が回らないこともある。バランスとって、個を伸ばしながら、周囲に貢献もできる子供になつてほしいな。

うちの息子さんは、今では自我がしっかりし過ぎて、折り合いが悪いまでにワガママな振る舞いも見せます。ですので、

バランスとって、社会には法律やルールに基づいた秩序があって、他人には他人の気持ちがあって、自分の内側から湧き出るようになってきた欲求と、折り合いをつける必要もあることを、継続的に教えていきたいです。

頭の中を、短時間でできるだけまとめましたが、言いたいことの触りしか書けてない気がします。アンバランスな文章。そして、推敲、面倒くさいし、もうええやろ。何故関西弁?笑

また考えが進んで書きたいことがまとまったら、書き直したいと思います。なにか参考になるオススメサイトなど、自分で選ぶことに関して考えてみたことのある方は、ぜひご意見ください。

最後まで拙い文章をお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

もし記事を気に入って頂いて、サポート頂けるのであれば、お願いいたします!!どこをどう気に入って頂けたのか併せてお知らせ頂けると嬉しいです!!!

サンのキューです♥
312
アラフィフ兼業主婦。在キラキラしてない海外。現在の興味 ①自らの身体機能最大化、ファスティング&原始パレオ食。②子どもと過ごす全ての瞬間を大切に。③アラフォー海外再就職からの専門職への模索 ④スキキライの心の声を大切に #海外移住#海外就職#育児#ワークライフバランス#マレーシア

こちらでもピックアップされています

「自分で選ぶ」気付きに関する私の記事
「自分で選ぶ」気付きに関する私の記事
  • 18本

昭和後期ですが、頑固カミナリ親父がいて、家族揃ってちゃぶ台で正座してテレビは切って皆んなでし〜んと無言で行儀よく食事をするのが当たり前という戦前みたいな家庭が普通だと思って途中まで育ちました。おかげで食べ物の好き嫌いはありません。人生を自分で選ぶことができるということに、海外に出て英語を話すまで気付かなかった昭和少女の気付きの変遷に関する超個人的なまとめマガジンです。

コメント (12)
Amiさん、コメントありがとうございました。「従順」ですよね。日本で育つとある程度そうなると思います。本人の意志を問わずに、意味を考えさせることなく、ただ誰かが決めたルールに従うよう教わることも多いと思います。こちらに来て、「自分勝手」な現地の人たちが、自分の家族のことにはとても「責任感がある」様子を見て、なぜ会社の上司の言うことには従わないのか不思議に思い、理由を少しずつ考えて思い至ったことです。

自分で書いた文章なのですが、本当にまとまっていないと思います。きっと視点は割と良いけど、考え自体がまだ荒いのだと思います。
良いところを指摘いただいて、より深く考えてみるきっかけになりました。ありがとうございました。
日本が複雑になっているの?それとも何かの洗脳?とモヤモヤしていたのですが、兼業主婦 非キラキラの海外在住さんの言葉でパ~!!っと晴れました。ありがとうございます。だからといって周りが変わったわけではありませんが、人はもっと自由で他人とは対等な関係をもっても良いのですよね。まだ私自身が自分を自由に扱うことが出来ていないのでしょうが・・・自分を解放していきたいと思います。そしてこれからの人生を良きものにしていきたいと思います。兼業主婦 非キラキラの海外在住さんとの繋がりに感謝です!!ありがとうございます。
わーい。パ〜ッと晴れる感じ、イイですね😀
こちらこそ、コメントありがとうございました。
ある場で選択を迫られたときに、どっちでもいいと言う人が多いです。
どっちでもいいならどっちか選んでって思いますが、自分の言葉に責任を持つのが恐ろしいのか、意思がないかどちらかだと思います。日本独特の習慣でしょうか。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。