見出し画像

今日もまた AbemaTVを観てしまう。

今やあちこちで言われる「若者のテレビ離れ」。

いや、本当にそうなんですよね。

私もその1人で、つい2年くらい前までは1クールにドラマを5本は絶対見るようなバリバリのテレビっ子でした。なのに、現在は1本も見れていません。私の1番好きな番組は「セブンルール」という30分のドキュメンタリーなのですが、それすらも今は録画を溜めてしまっています。

たぶん、ずっとテレビの前で拘束されるのがきついんですよね。ご飯を食べながらなら見ることはできても、テレビだけをずっと見続けることができないのです。SNS見てたら1時間すぎてた〜みたいなことはしょっちゅうあるんですけど、なんだろう、テレビに対する集中力がなくなってきている気がします。

まあ、そんな若者中の若者な私(?)がハマっているのが


そう、AbemaTVでございます。(あとYouTube)

詳しくいうと、AbemaTVの恋愛リアリテイ番組にかれこれ1年半くらいハマっております。

恋愛リアリテイ番組って言ったら有名なのはテラスハウスやあいのりなどですよね。
よく「ヤラセじゃないのか」「台本あるでしょ」などと言われてますが、

個人的には正直そんなのどうでもよくて!!

1つの作品として楽しんでいるのです。

だって、恋愛ドラマだったら大抵のヒロインは好きな人と結ばれてthe endじゃないですか。もしくはたくさんの男の子が取り合うという設定であっても、大抵最後この人を選ぶんだろうなっていう伏線を張りまくられてるし。恋愛ドラマって最終回まで展開はなんとなくわかってるけど、それをわかりつつ楽しむものだと思うんですよ。

でも、恋愛リアリテイ番組に関しては全く予想がつかないんです。伏線もないし、気持ちなんてすぐに移り変わってしまう。せっかく両思いになっても、これから付き合うことを考えて成立しないこともある(遠距離とか)。もう自分が出演者の如くドキドキしちゃうんですよね。。。
あと恋愛ってすごくパーソナルな部分が見えてくるから、その人間ぽさが面白いというか…視聴者は誰が誰のことを好きって知りながらエピソードを見ているので「あああこの人頑張ってアピールしたんだろうけど全然響いてないな…」とかいろいろ感じとれちゃって、それも面白いんです。
もしこれに台本があったとしても、こんなに面白いんだったらいいじゃんと思えてしまう。台本があったという事実は墓場まで持って行ってほしいです。というか台本だとしたら映画化してほしいくらいという完成度のシーズンもあります。

特に今シーズン一番ハマっている恋リア番組がこれ。

恋愛ドラマな恋がしたい

通称ドラ恋。渡辺直美さんがMCです。

若手俳優の男女が出会い、ペアを組んでドラマの稽古をする。オーディションで選ばれた1組だけがドラマに出演でき、最後のキスシーンで本当にキスができる。

という番組なんですけども…
このペア決めがバチバチなんです。
好きな人とペアを組めなければ、好きな人は別の人とキスをしてしまうかもしれない。そして好きな人に自分を選んでほしい…!
毎回ハラハラドキドキなのです。

ちょっとドラ恋についていくらでも語れちゃうのでさすがにこれ以上は別記事にしますが!

ちょっと!見てみてください是非!!
無料なので!!!!!!!!



それではまたお会いしましょう!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しすぎる〜〜〜らぶ!!
5