見出し画像

備忘録として、2020年残り1ヶ月でやりたいこと

11月は様々な場所を訪れて、会いたかった人にも会うことができた。リアルな場で対面することや、人と対話することの大切さを実感したひと月だった。春から夏に自分の中で失われていたものが、秋になって少しずつ取り戻せている感覚だ。

ただこの冬はどうだろう。
おそらくこの冬は例年以上に、家でゆっくり本を読んだり、映画やドキュメンタリーを観たり、ラジオやポッドキャストを聴いたりとコンテンツを楽しむ冬になりそうだ。

2020年も残り1ヶ月。
新年にたてた計画とは大きく変わってしまった一年。
けれど、今年の振り返りや反省をするにはまだ早い。残り1ヶ月も毎日を大切に、今できることから一歩ずつ進んでいきたい。


そういうわけで、残り1ヶ月でやりたいことを備忘録として書き出そうと思う。
本来なら、読んだ本や観終わって良かったコンテンツを感想とともに書いていくのが主流なんだろうけど、今回は2020年残り1ヶ月で読みたい本(いわゆる積読中)や作品を羅列していく。
これは自分の頭の中を整理するためでもあり、公開予定表でもある。読み終わったら(観終わったら)記事にしてリンクを貼ったり、ちょっとしたメモを記載しようかな。

残り1ヶ月、2020年までに読みたい本

・『ジョブ理論 イノベーションを予測可能にする消費のメカニズム』

・『はじめての経営学 ー 日本を代表する経営学者による誌上ビジネススクール』

・『とりあえずウミガメのスープを仕込もう。』

・『スペクテイター 47号 土のがっこう』

・『食の歴史 ーー人類はこれまで何を食べてきたのか』 

・『フードテック革命』

・『人新世の「資本論」』

この1ヶ月の間に観たい映像作品

『A FILM ABOUT COFFEE』

『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』

・『フード・インク』

この他にも朝ドラや、毎週聴いている「星野源のANN」「Takram RADIO」など盛り沢山(これらは心のオアシス)。これに日々のニュースや雑誌、Web記事も含めば、かなりのコンテンツに触れられると思う。
もっと付け加えられるように、そして12月も充実した時間を過ごせるように。目の前のことを一つひとつ吸収していきたい。

(読んだ感想、観た感想は随時更新します。)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
akina

読んでいただきありがとうございます! いただいたサポートは日々の学びやチャレンジに役立てさせていただきます!

スキありがとうございます!
6
コンテンツ編集とライター、食を楽しむ人です。岡山在住。食べて読んで旅することが好き。野球が大好き。イタリア留学を経て、特にイタリア料理とワイン、そしてコーヒーにはアンテナを張っています。北欧に憧れがある。