新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

マネーフォワードシンカ設立9ヶ月の振り返り&ご報告

マネーフォワードシンカ公式note

◎はじめに

こんにちは。マネーフォワードシンカ代表の金坂です。

チームメンバーには頻繁なnote発信のプレッシャーをかけている割に、僕のnoteはなんと9ヶ月も更新していなかったので、ちょうど6月から下期に入った(マネーフォワードは11月決算)のと、個人的?な状況に動きがあった(最後に書きます)ので、このタイミングで更新することにしました。

まずこの9ヶ月を振り返ると、正直なところ、「マネーフォワードシンカ株式会社を設立しました。」のnoteを書いたのが9ヶ月も前とは思えないくらいあっという間でした。

昨年末までは、実質ほぼ僕と高倉さんの二人チームだったので、お世話になっている方への説明、プロジェクト対応、採用、その他諸々で駆け回っていました。

結果、メンバーの加入(中山さん中島さん光井さん山本さん苞山さん)が続々決まり、今年1月下旬にはチームで1day 合宿を開催。

相互理解を深めると同時に、議論を通じて「2021年末迄に100人の経営者と共に挑戦し、社会とスタートアップの未来を創る」という2年間のミッションを定めました。

その後、新型コロナウィルスの影響で一気にリモートワークになりましたが、ミッションを定めていたことで、チームとしてぶれずに取り組めているように思います。では、ここからは良かったことと改善したいことを書きます。

◎良かったこと

(1)クライアントからもらえている感謝&クライアント数は順調に拡大
僕が大好きなnoteに、シンカのクライアントでもあるGoodpatch土屋さんの「Goodpatchがクライアントワークを続ける理由」というnoteがあります。

僕はクライアントワークにはすごく大きな意味合いがあると思っています(でもほぼ土屋さんのnoteに書いてある内容のパクりになるので割愛w)

そんな中、チームメンバー主導していたプロジェクトで、以下のような声をいただくことができ、本当に嬉しかったです。

「CFOを雇うまでもない弊社のような小規模の会社にとってはこれ以上ない素晴らしいサービスで、多くの経営者にお勧めしたいです。」
「経営者のリソースを多く取るファイナンスというイベントで、手も頭も足りなくなります。シンカさんなら、プロフェッショナル目線でお手伝い頂けるので非常にいい」

クライアントの数だけを追うことの意味はないと思っていますが、現在シンカでは20社以上のお手伝いをさせていただけていて、ミッションに少しづつ近づけている感覚はあります。

(2)無事に完了するプロジェクトが出てきた
サブスク事業者の“業務効率化と収益最大化”を実現する「Scalebase」を提供するアルプ社の資金調達プロジェクト、「寝かせ玄米」を提供する結わえる社の資金調達プロジェクトが無事に完了しました。

他にも表に出していない完了プロジェクトも複数あります。

アルプ代表の伊藤さんには

「CFO不在の当社に必要だった、ファイナンスにおける戦略について網羅的にフォローいただきました。実際に資金調達に向けて動き始めると、バリュエーションや契約条件の交渉なども含め当初想像しなかった論点が出てきましたが、親身で的確なアドバイスをいただき自信をもって判断を進めることができました。また、常に遠慮なく相談できるオープンな雰囲気で対応してくださったのも、非常にありがたかったです。」

というコメントをもらい、「自分がやりたかったことってこういうことだったよな」と改めて思えたことも嬉しかったです。

あとは、今月末にはGoodpatch社の上場も控えています。大好きな経営チームで、ただただ楽しみです。

(3)様々なアクションを通じてメンバーが成長&ネットワークの広がり
シンカではこの数ヶ月爆速で様々な取り組みにチャレンジしてきました。
ざっと書きだしただけでもこんな感じです(この他にも、沢山のアドバイザリープロジェクトが立ち上がり続けたので、正直なところかなり混沌としていました(笑))

起業家と投資家のオンライン面談マッチング
GMO VenturePartnersとの「新型コロナ・リセッション対策プログラム」開始
ラクスル社との業務提携
未上場株(セカンダリー)売却アドバイザリー立ち上げ
キャリア支援サービス開始(宣伝ですが、1on1キャリア相談会もはじめました)
公式note立ち上げ
公式HPリニューアル

突然リモートワークとなった中、メンバーには相当負担がかかっていたとは思いますが、全員で前向きにやり切れました。とはいえ、こういった取り組みが成果に繋がるまで、あと半年はかかると思います。HPに掲載させていただいている藤井さん、湊さん、神谷さんといった素晴らしい外部ディレクターの皆様にもサポートしていただいて、しっかりと結果を出していければと思います。

◎これから改善したいこと

(1)事業としての収益性
いきなり生々しい話になるわけですが、ビジネスとしてやる以上は「採算が取れる」というレベルではなくて、しっかりと「利益を創出し続けられる」ことが必要だと思っています。

「スタートアップにはお金(予算)がない」という最大の課題には、今も立ち向かい続けています(よく考えると自分も外部アドバイザーへの支払コストに対しては費用対効果にセンシティブでした)

当初仮説として取りくんでいたトピックは以下の2つでした。
 ①スタートアップM&Aでのマネタイズ
 ②株/SOによる報酬受領によるマネタイズとアップサイド創出

①は、コロナの影響も大きく受けていて当面は時間がかかりそうです。
②は、なかなか実務的に難しい部分が大きいなと思っています。ここについては、クライアント数やプロジェクト数を増やすことでしっかりと改善させていきたいです(まだチームとしての対応キャパシティは充分にあるので)。

(2)コミュニティ作り
こちらは、3月に仕込んでいたイベントが立て続けに中止になってしまい止まっています。いつか再チャレンジしたいのですが、なかなかオフラインイベントの開催には時間かかりそうですね。本当に1週間であらゆることが変わる、ビジネスはスピードが命と実感しました。

(3)属人性の排除
事業立ち上げ初期はどうしても各プロジェクトに私ががっつり入り、私自身の時間的制約が事業のスケーラビリティを阻害していると感じていました。ただ、半年でメンバーが急速に成長していることで、この点は解消されつつあるのと、会社としての付加価値を高める方向性が見えてきたので、しっかりやりきっていきたいと思います。

(4)メンバーリテンション&採用
残念ながら、メンバーが一人退職することになりました。一人の離脱者も出さないことを大事なテーマとして抱えていたので残念ですが、社会とスタートアップに対して価値を生み続けるために、ぶれずにやっていきたいと思っています。もしこのnoteを見てシンカに興味を持ってくださった方は、こちらぜひこちらから応募していただけましたら嬉しいです^^

◎最後に&ご報告

まずは、クライアントの皆さまと、異常にせっかち&早起きで四六時中仕事の話をしてくる僕と仕事をしてくれているメンバーのみんな(シンカメンバー、シンカをサポートしているメンバー、シンカ以外で一緒に仕事をしているメンバー)にとにかく感謝しています。

この9ヶ月、がむしゃらにとにかく動いてきた中で、色んなことが見えてきました。これからも、チームとしてスタートアップ向けのフィナンシャルアドバイザリー事業をビジネスモデルとして確立させるうえで「必要なことは何か?」「社会とスタートアップの未来を作れているか?」という自問自答をしながら進んでいきたいと思います。

また、本日マネーフォワードにおいて発表した通り私自身は2020年7月1日付けでマネーフォワードのCFOに再度就任します。

同時に、これまで担当してきたM&A領域はクラビスCEOでマネフォCSOの菅藤さんに引き継ぎます。

そして、シンカの代表はもちろん続けます。

兼務になりますが、決して経営者、CFOの業務を甘く見ているわけではありません。
マネーフォワードのコーポレートチームは相当強くなっていて、M&A、経営企画、IR/財務という各ファンクションでコアになるメンバーがいますので、CFO業務に関しては、意思決定と対外コミュニケーションに比重を寄せた形で取り組んでいきます。(実は、上述のM&A領域にも、これまでかなりの時間を費やしていたので、菅藤さんにお任せすることで、新たに時間を確保することができそうです)

また、マネーフォワードという上場企業のCFO業務を通じてこれから学ぶことを、シンカのクライアントワークやチームに還元し、世の中の役に立ち続けると同時に、マネーフォワードグループの成長を加速させていきたいと思っています。事業としても主に関わっているFinanceドメインでここからまた新しいチャレンジも仕掛けていきます。

私にとっても、シンカにとっても今期は新たなスタートです。

皆さま、改めましてこれからもどうぞ宜しくお願いします!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
マネーフォワードシンカ公式note
マネーフォワードシンカは、2023年1月を目途にサービス提供を終了致します。 これまで、サービスをご利用いただきました皆さまに、心より感謝を申し上げます。 https://corp.moneyforward.com/news/info/20220810-mf-press/