見出し画像

私はどこで死にたいのか?

先日、ドイツで初めて5日ほど入院をした。
月初めに、ドイツ語の勉強をしていたら、ストレスで三叉神経痛になった。少し痛いと思っていたら、2週間後にひどい頭痛で総合病院に行き、そのまま入院した。左頭の中に帯状発疹(水痘ウイルス)が感染したようだった。

痛みで失神するほどではなかったが、左脳全体が痛く(脳には痛覚はないが、痛みの位置がよくわからないのでこう言う表現にしました)頭痛の度に頭や視界にノイズが走るような状態だった。ちなみに、この時のノイズは灰色がかった乳白色に近かったと思う。人は、光を感じなくなると、視界は黒ではなく乳白色になると聞いた事がある。

第3言語で入院をする

最低5日間の入院。ということになった。1日3回は「その頭痛は非常にまずいので、痛くなったらすぐ教えてください」と看護師さんが確認に来た。5日たって最低限の頭痛はなくなり、退院した。

入院初めの2日間は正直に言うと大変だった。なぜなら、看護師さんも同じ病室の患者さんも、ほぼ英語を話さない。あたり前だが、ここはドイツなので、みんなドイツ語で話す。

一方、私のドイツ語は店で注文が出来るぐらい、定型文をある程度組み替えて話すレベルしかない。会話の聞き取りなどはもっての他だ。しかし、話さなければ、明確に命に関わるので、2歳児レベルのドイツ語で一生懸命に話した。

看護師さんの中でも、「私、英語ができないから!!」とそもそも関わろうとしない人や、わからないなりに、英語の単語で聞いてくれる人もいた。どちらの人でも、2歳児レベルのドイツ語を話せばとりあえずは、耳を傾けてくれるようになるのは朗報だろう。

今回は本当に幸運だった。日本語が話せる方に助けてもらったのと、一緒に病室になった患者さんに、英語を話せる人がいたからだ。また幸いそこそこ英語/ドイツ語を勉強していたかいがあり、何が起きているのか、どんな治療をするのかなどは入院中の弱った体でも、ある程度は理解する事ができた。

これが、本当に精神的な負担が軽くなったので、幸運と言わざるを得ないだろう。

また、保険が効くとはいえ、治療費も日本と同じぐらいの金額だったのを知った。アメリカのように、何千万も請求されたらどうしようかと思ったが、EU圏の病院は、そんな事は無いようだ。(保険は本当にややこしい)

このまま外国で死にたいのか?

一方で、ドイツで大病を患い、恐ろしくなって日本に帰国した人たちが、どんな心境だったのかも理解した。その人たちは、私とは違い、100% ドイツ語と英語のはずなので、相当不安だったろうし、医師の指示を理解するのは患者の義務でもあるので、理解が中途半端な状態で治療されるのは確かに想像以上精に神的な負荷が高いと思う。

入院中、私は「どこで死にたいのか?」を考えてみた。
ベルリンは、確かに好きだし、今までの人生で一番過ごしやすいと思っている。3年目に突入し、ドイツ語を理解し始めたので、今まで隠されていた刺激的な事を見つけ始めている所だ。

しかし、「人生の最後を過ごしたい場所か?」と言われると、答えはNOだった。
きっと、あと3ヶ月で死ぬと言われたら、私は日本に帰っている。実家には戻らないと思うが、どこか海辺か湖の側の場所に住むだろう。

海外生活は、1日1日を過ごす事自体が本当に大変だ。私は家族はいないが、これで子持ちや介護などをしていたら、想像を遥かにしのぐ大変さがあることは、容易に想像出来る。

新たに理解したこと

幸い、私は今回入院して「これからも言語を勉強すれば、今よりも相当楽になる事が想像できた」ので、帰りたいとまでは思わなかった。自分が、いまこのぐらい出来ていないので、あとこのぐらい勉強すれば、また入院してしまっても大丈夫だろう。という目処が付けられたのだ。

「自分の力で状況をコントロールできそうだ。」と感じたのが、絶望しない大きな要因だと思う。これは、初めてベルリンに来た時から考え方は変わっていない。

とはいえ、入院後の診断書に「言語の壁により、病歴の聞き取りが難しい」と書かれてしまった。医者も困るし、誤診の原因になることなので、できれば病院に行く前に、何日から痛み、何日から発熱、薬を飲んだ、などガチガチに症状と病歴を書いて行った方がいい。(私は大抵A4用紙にリスト化して書いて行っているのだが、今回は無理だった。ご家族や身内の方は、病院に行く前に手助けしてあげたほうがよい。)

また、語学学習という観点から言うと、急にドイツ語のみの空間に放り込まれた結果、ドイツ語で口が回るようになったのも特筆すべきことだろう。よく「語学学習では、ガンガン喋る事が一番効果的」と言うが、どうやら本当らしい。

なお、大きな病院だと、各言語の通訳者リストなどを持っている事があるそうなので、本当に言語がわからない場合は相談してみると良い。

ストレスと病気

「ストレスによる免疫低下で、ウイルス感染で死ぬ事がある」と言う知識も覚えておきたいと思う。
また、水痘ウイルス感染で入院の場合、退院時に「念のためHIV検査を受ける事をお勧めします。」(ヒト免疫不全ウイルス。エイズ/AIDSは、後天性免疫不全症候群)
と言われる。どうやら、この症状で入院すると定型分として言われるらしい。ほぼ引っかからないらしいが、もし気になる人は、検査をお勧めする。

私は、確か髄膜炎は2回目だった気がするので、日本で検査をしても良いかなと思い始めている。

参考:HIVとエイズについて
https://www.hok-hiv.com/knowledge/about/

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
思い立った時に描いた漫画や。ドイツのベルリンに住んでいて感じたことなど、色々ごちゃ混ぜ。

このマガジンは、meycoが日々思ったことや感じたことを書きます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
meyco

見て下さってありがとうございました。サポートのお金は製作の時間を買うため&書籍などの勉強のために使わせていただきます:) その他 Kyash : meyco

スキありがとうございます。励みになります:)
漫画やイラスト、ストーリーを書きます。投げ銭は、資料購入、ゲーム開発、イラスト作成、翻訳作業などに使わせていただきます! Kyash : meyco Pixiv fan box  https://www.pixiv.net/fanbox/creator/41667739