見出し画像

[タクシーの対応]誰であれ、交通事故を起こした時に必ず読んで欲しいブログ[保険会社の対応]

2015年1月13日、朝11時。

池袋で、サンシャイン60にある法律事務所に向かう途中であった。

3車線の左車線を走行する自分。

信号待ち。

信号が青に変わる。

出た瞬間に、右からタクシーが幅寄せしてきた。

危ないと危機感を抱きつつ、とうとうそのタクシーは左の僕の車線に入り急ブレーキ。

僕はそのタクシーを避け切れず、追突してしまった。

タクシーが停車する。

画像1

3輪バイクの僕は、転倒せずに済んだが、左手から首にかけて、激痛が走った。

タクシーの運転手は、車を停止したが出てこない。

手をあげた客は、衝突を見て、どこかへ逃げてしまった。

手をかばいながら、タクシーに向かい、運転手に「出てきて」と促す。

タクシーの運転手は、窓を開けて開口一番、こういった。

「俺〜、ウインカーあげてたぞお〜」

バカなこと言ってんじゃないよと、とにかく出てこい、と言いながら、事故状況を見て、警察に電話する。

「警察に言うほどか〜?」と、2種運転免許の意識のかけらもない言葉に腹が立ちながら、待つこと数分、自転車に乗った警官二人がくる。

「あらー、これ追突?」

「体は大丈夫か?」

と言われつつ、警官が救急車を呼んでくれた。普通はこれタクシーの運ちゃんが呼ぶもんなんじゃないの?

「とにかく。運転手さんと情報交換してください。我々は民事に介入はできないからね!」と、めんどくさそうに言う。

タクシーの運転手に、免許証を見せてもらい、免許証番号を控える。こっちは会社の名刺を渡す。

そのまま、僕は救急車で運ばれた。

救急車で運ばれる最中、会社の人間に電話し、状況を説明。スケジュールをリスケし、目白の病院に運ばれた。

病名は

・頚椎捻挫
・腰椎捻挫、打撲

全治7日間らしい。

左手の痛みは?と言うと、その先生は

「俺、非常勤だから、普通の時間にきてもう一度診察してくれ」

と言われた。(フザケンナ)

そのまま帰宅し、警察、保険会社に電話。

S損保の人間が、CMばりに「示談交渉はお任せください!」と言う。

相手を聞かれ、先ほどの名前、免許証番号、上記写真の緑色のタクシーの名前を言うと、その担当者は一瞬、とまった。

「タクシー、、、ですか。」

「はい。それが何か?」

「いや、タクシーは本当に面倒で。。。」

「面倒でと言っても、それがあなたの仕事でしょう?」

「いや、タクシーって、話が通じないんです。なんと言うか、簡単に言うと日本人以外の人と喋る感じというか、もっというと宇宙人と喋る感じというか、、、」

「意味がわかりませんが。。。」

「取り急ぎ、私の方から、相手先に連絡しておきます。あと、治療費ですが、当面の間、保険証を使用して、自費でお願いします。。。」

「は?頼みますよ。。。お願いいたします(何が24時間、365日事故受付だ)」

と言うこと2週間、なんの音沙汰もなし。

病院にその間に言ったら、「デケルバン症候群、肘部管症候群」が追加された。

その先生。すごい親身に、

「これは普通は事故ではならないんだけど、、、その衝撃でなる可能性は大きいし、実際何人も見てきた。肘部管症候群は生まれ持ってもあるけど、デケルバンは間違いなく今回のがきっかけ。何か言われたら私から説明しよう。それより首を完全にやっちゃってるね。今テストしたけど、左手親指と人差し指、感覚ある?」

と言われた。確かにない。。おまけに確かに手首を曲げることが痛くて困難だ。

「とにかく、今後のことは保険会社と相談してください。」

と言われ、連絡がない保険会社、S損保にかける。

「どうなりましたか?」

「あの〜。。。いや、実は。。そんな事故はないって言うんですよね。。。いや、もうないの一点張りで。ちなみに現場検証って行いましたか?」

「いや、まだですね。池袋署に聞いて見ます」

「お願いします。。。事故証明さえあれば。。。」

と言うことで、池袋署にTEL。

「あ〜、あれね〜。人身事故にすんの?大したことないんでしょ?」

国家権力め。ムカつくぜ。

「いや、保険会社が事故証明が欲しいって。。。」

「あ〜そう。仕方ないね〜。とりあえず医者の診断書持って、29日に署まで来て。」

と言われ、向かった。

画像2

(自分のインスタから拝借。警察車両の写真)

事故の現場で、事故の状況を説明し、池袋署で書類を作成する。

「君に落ち度は?」と言われ、「なんもない」と言うと、「なんもない訳がないだろう!」と怒鳴られる。

なんもないもんは、なんもない!と言い切るが、「それじゃあこれ、終わんないよ?忙しいんでしょ?」と言われ、う〜んと考え、「少しぼ〜っとしてました」といい、それを記載。

思えばこれも間違いの一つだ。

後日聞いたら、警察はこう言う感じでタクシー会社優先にするらしい。そもそも、後ほど出てくる事故担当者は、警察上がりらしい。多分この件でも口利きがあったんだろうと思う。

その後、2週間ほどで事故証明を取りに鮫洲に。

それを保険会社に郵送し、その間、左手首に激痛が走るので、3日に一回、痛み止めの注射を打ちに行く。

保険会社から一向に連絡がない。

3月頭、S損保、担当が上席のK田に変わる。こいつがマジで「何故上席なのだ?」と言うくらい使えない。

使えないと言うのも、色々後述する。

K田が言う。

「話し合いにならないんです、事故証明見せても。担当者が言っても、脅されて追い返されて。。。」

「脅されるって。。。あんたら示談交渉のプロなんでしょう?なんでそうなるんですか?」

「いや、本当タクシーってのは特殊で。。。」

この間、確かに「タクシー 事故」とかで調べると、ろくなことが出てこない。

この時、僕の頭に浮かんだ。

「僕、弁護士特約ってのに入っていませんか!?」

「はい、ご加入されていますね。。。」

「使います。弁護士。相談しましょう、弁護士。」

「その方がよろしいかと。。。しかし◯条件で支払うので、それを受けてくれる弁護士の先生がいるかどうか。。。」

なんだその条件は。

「弁護士会経由で、聞いて見ましょうか?」

「お願いします」

そして紹介されたのが、A先生であった。

あらかじめ電話にて打ち合わせをしておいて、A先生の事務所に行くと、行動は早かった。

「まず、車屋に行くように言いました。その後、損害の内容の、内容証明を送付し、相手からガラの悪い電話がかかって来ましたが、、、で、事故の話し合いとして、日時を決めました。当面は、毎日病院に通ってください。」

とのこと。

そして、車屋から連絡がある。

「なんかヤクザみたいな人が来たんですが。。。こんな修理費払えるか!と言って帰って行きました。。。」

話にならん。

A先生に話し合いの後、打ち合わせ。

「いや〜、話には聞いていましたが、聞きしに勝る噂通りなタイプのタクシーの事故処理係ですね。。。◯◯無線系列はガラが悪いとは聞いていましたが。。」

「どんな感じだったんですか?」

「どうもこうも、事故処理係のM橋は、最初は電話の態度の悪さを謝りましたが、一緒にきたタクシー共済の連中が、またガラが悪くて。絶対払わない、払って欲しけりゃ訴訟してくれ!との事で。」

訴訟ですか。。。

この時、かなり頭に来ていたので、「訴訟上等」と望んだ。

A先生は、「とにかくこうなったら、S損保には、生活も大変でしょうから、人身傷害で今までの自賠責の金額、給料は立て替えていただきましょう。とにかく、担当者にその旨を伝えますので、そちらからも電話して見てください。その間、必ず毎日病院に行ってください。頃合いを見て、症状固定し、後遺症認定を取りましょう。」

よくわからんが、言う通りにしようと思った。

しかしこの時、生活に苦しんだ。給与は入らず、ただひたすら自分の金は会社に垂れ流し、この間に横領が起き、左手は激痛。

人生でかなりのピンチであった。

S損保に、「A先生から、人身傷害で、自賠責の立て替え分と、給与の補填が欲しいんですが。」と言った。

K田は、「自賠責は立て替えます。」

「あ、交通費は?」

「あ。車で行ってますよね?1km46円ですので。計算して出します。」

「そうですか。給与は?」

「あなたの場合は、法人の役員報酬なので、払えません」

「は?」

ですから!払えないんですよ!」

「どういうことよ?」

「役員報酬というのは、給与と違い、その存在の対価ですので、払えません。」

「ふざけんな!上を出してくれ!」

「これ以上、上をと言われましても。。。承知しました。」

その後、かかって来たのはなんとK弁護士。要はS損保が、僕の窓口に弁護士を立てて来たのだ。

「役員報酬は、払えません。これは規定で決まっています。」

「規定?」

「はい、あなた契約の際、規定を読んで印鑑を押しましたよね?要はその規定に当てはまらないんですよ。また、企業損害に入るものは一切払いません。」

「ハァ?」

という訳で、A先生に電話。

「あ〜なるほど、少し規定を読んでご連絡しますよ。しかし社会保険ですよね?傷病手当金でまかなってはどうでしょうか?」

傷病手当金?初めて聞く名前だが、検索。

なるほど、そうか。これは社会保険加入者であれば、誰でも支払いが可能なものなのだ。

主治医に労務不可の書類を書いてもらい、けんぽ協会の窓口で書き方を教えてもらい、待つ事10営業日。

給料五ヶ月分の2/3が入って来た。

結構な金額だったが、会社の支払いで全て消えた。この傷病手当金には本当に助けられることになる。

この頃、全ての店舗を閉店し、精神的にやられ、バリ島に行ったのである。

10月。症状固定。

しかし、A先生から、一向に自賠責の方から連絡がないということで、自賠責に聞くと、そんな書類は来ていないとのこと。

K先生に怒りの電話。するとなんとK田が、デスクの上に放置して四ヶ月経った最近、自賠責に提出したとかいう。

ありえない。ふざけんな!とK先生に言う。

主治医にも、「飼い犬に手を噛まれてる状況だね。S損保は本当に癖が悪いよ。他の保険屋で仕事できない奴が回るとはは聞いていたが。安いと言って、通販型は良くないよ。普通なら代理店から文句が言えるんだが、、、」

この時、新車で購入したアウディQ7に乗っていて、いつものAIUのそれこそ車両保険含む、2/3の金額であった。

ケチった僕が馬鹿だったのは、後の祭りだ。

K先生は、「なんとか。。。あなたの給与を支払うよう、交渉してみます」とのこと。A先生にも、「小規模法人の認定を受ければ、払ってくれるようになるそうです」と。こんな情報は、自分の保険屋といえども、払うとなると教えてくれない。

小規模法人の認定を受け、2016年、7月。それまでの立替金として、 500万弱の支払いを受けた。

そしてその欄には、S損保はこれ以上、支払いませんよ〜との条項が。

「弁護士費用は?」

「それに関しましては、引き続き支払います」

となる。

後遺症認定の等級は14級。

A先生曰く、「あげようと思えばあげられるけど、まあこんなものじゃないんでしょうか?」と。

で、なんとかA先生とタクシー会社との話し合いが行われるが、支払わないの一点張り。

と言うことで、いよいよ訴訟に入ります。ちなみに、S損保は訴訟印紙代は払ってくれません。自腹で払いました。

この間、約2年。

そして2017年1月。とうとう僕vsタクシー会社、開廷。

こちらは坦々と、事故の様子、被害、事故被害、企業損害は含みませんが、かなり人生ぶち壊してますよの話。

しかしあちらは「しらない、払わない」の一点張り。

しかもあちらのタクシー共済の弁護士は、有名なT中KY重弁護士。

この弁護士さん、有名でテレビにもよくでてますが、タクシー共済の専属です!気をつけましょう、有名でも!(普通にいい人だったけどね、話した感じは。。。)

坦々と尋問まで行き、相手の運転手のトンチンカンな回答に相手の弁護士も慌て。。

僕はなぜこんな正直"バカ"を相手に裁判して、3年も人生狂わされてるんだ。。。と。。。

最終的に裁判長に勧められ、あちらも含みこちらも和解しましたが。。。

2018年1月、約5000万円の訴訟金額が、1700万円で手打ち。

と言う訳で。

タクシーと事故した時、その前、そしてその後が上記です。

かなりはしょってますが、要点を抑えてあります。

以下、まとめましょう。

事故る前に備えられること

・保険は、通販型は安くても回避・保険は、弁護士特約、人身傷害は必須

タクシーと事故った後にすること

・弁護士をつける・毎日、病院に通う・後遺症認定を受ける
・社会保険に加入していて、傷病手当金が使えるなら使おう・人身傷害に加入していたら、先払いしてもらおう

一つ言えるのは、

必ず裁判になります。

その心構えは必要です。

もし、保険未加入とかの場合、自分が見解的に悪くないのであれば、借金してでも裁判してください。

タクシー会社、要は相手は、本当に噂通りに、泣き寝入りを望んでいます。

これを読んでるあなたは、何かしら、その要件で見ているのだと思います。

絶対、負けないでください!

必ず、あなたが悪くなければ勝ちます。上記、参考にしてください。

時間との勝負、ただそれです。

以上、ご購入、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

日本、UK、フランスで服、サングラスのデザイナーしています。サポートしていただいたら、そのお金はひき逃げにより不自由になった足のリハビリに使わせていただきます!

TwitterとInstagramも、いいね&フォローお願いします!
40
人生のんびり過ごしたいんです。30代後半、服とメガネのデザイナー、物書き&物描き。犬2匹と猫5匹、妻一人の東京での日々日常と、たまにロンドンでの生活。すきあらば一人で世界をフラフラ。仕事依頼は各SNSのDMか役員の会社、こちらのメールまで。info@metronome.co.jp