見出し画像

WEB3.0がインターネットを進化させる

METAVERSE NEWS by BGM web service

『WEB3.0』という言葉がバズワードになっている現在、NFT(non-fungible token)という言葉もセットになって、人々の話題になっている訳ですが、この2つの言葉は、ブロックチェーン推進派や暗号愛好家たちによって出来た造語です。

イーロン・マスクによれば、このバズワードは「現時点では商業的な流行語」と思われがちですが、より良く学ぶことで国際経済やインターネットのインフラにまで広範囲に影響を及ぼすことは明らかです。

【PR】『WEB3.0』METAVERSEに特化したインターネットメディア『METAVERSE NEWS』はコチラ

https://metaverse-news.jp

WEB3.0とは何か?

WEB3.0とは、暗号資産・仮想通貨を根底にした「概念」であり、基本的には分散化をイメージすると理解しやすくなります。例えば、WEB3.0ではブロックチェーンや暗号技術といった暗号通貨関連の技術が重要な役割を果たすことになります。

WEB3.0は、WEB2.0の特徴であったGAFAM(Google、Apple、Amazon、Facebook、Microsoft)などの大企業に権力を譲ることなく、インターネットをより包括的なものにすることを目的としており、インターネットを分散化することで達成されるのです。

WEB3.0とブロックチェーン

暗号通貨の登場により、WEB3.0がどのように運用されるのか、すでにその一端を垣間見ることができます。

例えば、ビットコインのネットワーク上のデータは中央集権的ではなく、ネットワーク全体に分散されています。同様にIPFSなどのサーバーも中央集権的ではなく、ネットワーク全体に分散されていますよね。

WEB3.0の概念

WEB3.0の概念は完全に確立されているわけではないのですが、その概念を具現化したプラットフォームが存在し、個人に対して協力や収益の機会を提供しています。例えば、分散型自律組織(DAO)、DeFiプラットフォーム、暗号ゲームプラットフォーム、さらにはメタバースなどが分かりやすい例になります。

WEB3.0を知るためには、まずトークンの世界をどのようにナビゲートするか等、仮想通貨や暗号資産の基本的知識を身につける必要があります。

WEB3.0のビジネスチャンスは無限大

WEB3.0は比較的新しいアイデアですが、インターネット上には多くの情報があり、独学でも十分な情報が得られます。

メタバースプラットフォームに特化し他開発者になれば、これまでにない大きなビジネスの機会が得られるでしょう。またゲーマーはAxie Infinityなどの暗号通貨ゲームサイトに参加することで毎月最大2,000ドルを稼ぐことができます。

ブロックチェーンやメタバース業界はまだ発展途上であることを考えると、非常にビジネスの需要が高くあちこちにビジネスチャンスが広がっています。

WEB3.0の開発を始めよう!

とはいえ、WEB3.0を成功させるには、地道な開発やビジネスアイデアなしには成り立つものではありません。これから新しいビジネスに挑戦したいという方は、このような背景を知って新たなビジネスを立ち上げるようにしたいですね。

【PR】『WEB3.0』METAVERSEに特化したインターネットメディア『METAVERSE NEWS』はコチラ

https://metaverse-news.jp

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
METAVERSE NEWS by BGM web service
METAVERSE NEWSは、WEB3.0に特化した新時代のWEBメディアです。メタバースに関するトレンド、IPFS、NFTなどのブロックチェーン技術、暗号通貨などの最新情報を発信しています。相互フォローも歓迎です。 https://metaverse-news.jp