ダウンロード__1_

欅坂46のファーストアルバム「真っ白なものは汚したくなる」

  欅坂46の、最初のアルバムだ。2017年の4月7日に、デビュー1周年記念ライブ(通称:バスラ)が行われて、「サイレントマジョリティー」から「不協和音」までの楽曲が歌われたが、そこから更に16曲の新曲で、合計40曲のアルバムである。まるで堰を切った鉄砲水のように、新しい楽曲が放水された。欅坂ファンの子たちは、しばらくどっぷりと浸かるのではないか。しかし、何一つ、手抜きをしていない音楽。

 一番話題になるのは「沈黙した恋人よ」だろう。ひらがなけやきのユニットである「りまちゃんちっく」(潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、高本彩花)の曲で、ひらがなけやきのメンバーが初めて実力を発揮出来た曲ではないだろうか。ラジオではじめて紹介した小池美波も「歌いたぁい!」と叫んだように、アイドル歌謡の本道の曲だろう。作曲は杉山勝彦。潮の高音もよいが、斎藤京子のベース的な声が効いている。バイクに乗ったカップルを想像しながら、風とともに疾走するメロディは、何度もリプレイするだろう。

「君が指差すものを僕はみつけられない。」
「君が感じるものを僕は見過ごしている。」

 しかし、やはり一番、聞かせたのは、平手友梨奈の「自分の棺」である。「沈黙した恋人よ」とは真逆の、昭和歌謡というか昭和アングラ的な楽曲で、「山手線」以來の平手にしか表現出来ないものである。あれ? 「山手線」がアルバムに入っていない。「渋谷からPARCOが消えた日」もそうだけど、平手のシングル曲は、テレビでは使いにくいだろうが、ライブでは、全体の流れに対して、ものすごくメリハリをきかせる曲である。秋元康のポジからネガ、仲間から個人までの大きな振り幅の中での、平手に要求している個人のポジションであろう。

「罪は信じたこと、罰は出会ったこと。ひとりきりで地獄へ落ちろ」

1st アルバム『真っ白なものは汚したくなる』

 さて、しばらくこのアルバムを聞くことになるだろう。「Overture」は、バスラの観客12000人の声も収録されていて、僕もその声の一人であるのが気分よい(笑)

追伸

 テレビでやってた「月曜日の朝、スカートを切られた」を観た。TAKAHIROの振付が入ると、曲が一気によくなる。不思議なものだ。詩も凄い。これは秋元康の作品だが、平手の存在があって書いた言葉のようにも思える。平手の側が詩も踊りも要求して作られたような、そんな存在感を、ますます彼女は身に着けてきたような気がする。

この続きをみるには

この続き:0文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

欅坂46と平手友梨奈についての論考です。

または、記事単体で購入する

欅坂46のファーストアルバム「真っ白なものは汚したくなる」

橘川幸夫

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

僕のテキストは誰に頼まれて書いたわけでもない、自分の意志でテーマを選び書いています。サポートしてくださる方は「時代からの原稿料」と思っています。いいねえ、すべて、の原稿料や商品代金が、こういうサポートになればよいのに。

シェアもしてね。
8
参加型社会一筋
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。