見出し画像

水無日記

 本日は、大学の授業。朝の4時くらいに起きて、メールの対応や、企画書まとめて送信したり。朝食は7時。

 大学へ向かう。目黒に出て、新宿に出て、京王線で永山へ。そこからバス。いろんなコースを試してみたけど、これが一番、早い。バスと山手線は混んでるが、新宿からの京王線は通勤とは逆方向で始発なので、がらがらで座れる。新宿駅のホームで、スタンドのジュースを飲む。

 大学の授業。先々週は、塾生の小笠原くんが聴講に来ていたが、今日は、珠子と草原がいてびっくり(笑)えらく遠い学校だが、割とのんびり。珠子は30年前に、僕が宣伝会議のコピーライター養成講座の講師をやっていた頃の受講生で。その頃は10代だったが(笑)30年ぶりにネットで再会。今はリアルテキスト塾の塾生。草原は多摩大学の卒業生でYouTuber。そういえば、僕も学生時代に東洋大学で桶谷秀昭さんの授業を偽学生で受けてたり、早稲田や青学の講義に潜り込んだことがあったな(笑)

本日のテーマは社会の変遷。授業は、すぐに理解しなくても、いつか何かの拍子に、僕の言葉を思い出してくれればよいというようなフレーズを散りばめている(笑)

「人間の仕事は2つの種類がある。一つは、人がいやがることを引き受ける仕事。もうひとつは、人を喜ばすための仕事。前者は、これから機械やシステムがやることになる。後者は、人間にしか出来ないことだから、これから社会に出たら、そのことを意識しておけ」とか。

授業が終わり、松本さんと打ち合わせ後、久恒さんと一緒にタクシーで聖蹟桜ヶ丘へ。いつもは永山だけど、本日は久恒さんの都合で。久恒さん、予定が忙しいらしく駅で別れたので、珠子と、ランチ。奮発して三笠会館。銀座の三笠会館は、出版業界の御用達で、何度かインタビューや座談会に参加したな。店員は、最初の研修で禅寺に放り込まれるらしい。

分倍河原で南武線に乗り武蔵小杉経由で、デメ研へ。この路線は、やはり時間がかかる。

帰宅後、夕食。本日は、タラの粕漬け。海老三昧(頭は味噌汁、身は塩麹づけ、足は唐揚げ)大根と人参のナマス、揚げ出し豆腐にニラソース。さくらんぼ。

さて、明日は、午前中、来週のパーティの打ち合わせ。午後から公文俊平情報塾。今回は、貨幣の話だ。夜は、不思議な面子で三軒茶屋で会合。なかなか休めない(休むつもりはない)w

*水無日記、1990年前後、パソコン通信CBネットで連載していた、今で言うブログのタイトルだな。

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
考えることが好きです。考えて、すぐ試してみることが好きです。試しながら考えを調整したり、最初から考え直してみたりすることが好きです。言葉の力を信じています。自分の考えを言葉にしようしない人を信じません。一緒に考え言葉にしていきましょう。

参加型メディア一筋。メディアの活動家、橘川幸夫が体験した中で感じたこと、考えてきたことをベースに、時代のシーンに対して考察します。月額...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

僕のテキストは誰に頼まれて書いたわけでもない、自分の意志でテーマを選び書いています。サポートしてくださる方は「時代からの原稿料」と思っています。いいねえ、すべて、の原稿料や商品代金が、こういうサポートになればよいのに。

顔、ほころぶ。
3
参加型社会一筋
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。