子どもの本専門店の魅力
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

子どもの本専門店の魅力

愛知県に緊急事態宣言が出てから1週間。予想はしていましたが、お客様のご来店も激減しています。しかし、それはメルヘンハウスに限ったことでなく、店舗にて商いをしている方々、皆さん同じような状況だと思います。

まだまだ、明るい日差しがくる日は先かも知れませんが、今はただ前を向いて、営業を続けて、ご来店頂いたお客様とのコミュニケーションを大切に丁寧にしていきたいと思います。

再オープンして良かった!

コロナ禍でのオープンについて、「世の中が落ち着いてからでも良いんじゃない?」など、友人、知人から心配の声を頂きました。しかし、今オープンして良かったなぁと、心から思います。

それは多くの声として、「絵本を開いて読んで良いんだ!」と、僕にとっては当たり前の事なのですが、皆さん感動されます。

画像1

確かに他の書店の児童書コーナーへ行くと、中が見れないようにシュリンクと言うビニールに入って置いてある光景を多々見る機会があります。

店員さんに声をかけると開けてもらえるようですが、思っていた内容と違い返す際に、申し訳ない気持ちになると言うお客様がいらっしゃいました。

その点ではメルヘンハウスは、座り読み大歓迎!オススメの意図やお悩みをお伺いし、お客様に合った本をのご提案してるので、喜ばれているかもしれません。

オープンして2週間ちょっとですが、既に3回ご来店されるお客様もいらっしゃり、嬉しい限りです。ご近所の方も多くいらっしゃり、メルヘンハウスをお散歩コースに入れてもらえたらなぁとも思います。

最初に宣言した通り、今回の再オープンは、「未完のメルヘンハウス」。お客様となる子どもたち、皆さんと一緒にメルヘンハウスを創っていけたら、それはとても素敵なことだと思います。

子どもたちから学び、メルヘンハウスが皆さんにとって、名前の通りハウス(家)のように、ゆったりとくつろげる場となるよう切に願います。

メルヘンハウス 二代目 三輪丈太郎





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
メルヘンハウス

サポートして頂いた金額は、実店舗の運営資金として大切に使わせて頂きます。「メルヘンハウスユーザーから、メルヘンハウスメンバーへ」。皆さんと一緒にメルヘンハウスメルヘンハウス を創造していけたら、とても嬉しく思います。

1973年、日本ではじめての「子どもの本専門店」としてメルヘンハウスはオープンしました。 2018年に45年の歴史に一旦は幕を下ろしましたが、現在は「メルヘンハウス・ネクストステージ」として、 実店舗再開に向けて活動中!2021年8月中旬以降に実店舗再開予定!