見出し画像

結局、「私は私」というカテゴリーでしかない_Who am I?

ジェンダーやセクシャリティの話をしたいので、自分がどんな人間かもうそろそろ書こうと思ったけれど、そう言えば私は自己紹介が苦手だった。
自己紹介が書けなかったのでnote1本目からセックスネタになってしまったのだ。

自分のセクシャリティを表すのに、ピッタリな言葉が見つからないことが長年の悩みだ。

今はこうだけど明日は変わるかもだし…この点では◯◯だけどこの点では▲▲だし…とか、色んなことを思い巡らせた結果、「私って何のカテゴリーにも当てはまらないんじゃないの?」ってずっと思ってた。住所や仕事や生年月日のような変わらない事実なら問題ないのだけど。

なぜこんなにも自己紹介が苦手なのか考えてみると、ひとつの結論に辿り着く。

私はカテゴライズすることが怖いのだ。

「私は◯◯です」…というと、無意識にそれに寄せて振る舞ってしまうから。そのイメージに合う言動を無意識に取ってしまう。例えば「女らしさ」「男らしさ」みたいなのもそうだと思うし、「女子アナっぽい」「先生っぽい」とか、「長女」「奥さん」とかもそうかも知れない。それらしい言動を取るうちに本来の自分を見失ってしまうのだ。

自分だけではなく、パートナーのことを旦那さんと呼ぶことにもやや違和感がある。まあ便宜上は使うけれど。

ちなみにパートナーとはなんやかんやあって、他の人とセックスをすることをやんわり許可されている。少し変わった夫婦関係である。これについては、またそのうち別で書くと思う。

人間にカテゴライズは必要なのか

とはいえカテゴライズすると色々と便利なことが多い。主義主張もしやすいし、仲間も見つけやすい。共感もたくさん得られるし悩みもシェアできる。そして何より自己紹介が簡潔に済む。

前回のnoteにも書いたけれど、肩書きとは非常に便利なものだ。

ただ弊害もある。「あなたは本当の◯◯じゃない」とか、なぞのジャッジを下されてしまうことが往々にある。「◯◯ならこうでなければならない」という見えない呪縛があったりする。「◯◯っぽくないね」とか言われたりする。

村田沙耶香さんのハコブネという小説に登場する、性のあり方に悩む19歳のリホ。彼女も「◯◯だったらこうあるべきなんじゃないか」と自分の性が落ち着く場所を求めて迷走していた。村田沙耶香さんは性をテーマにした小説をよく書かれているので、世界観はぶっ飛んでるけど一度読んでみて欲しい。

色に濃淡があるように、人にも細かいバリエーションがあって当然だ。
どこかの仲間に入りたくて、頑張って自分に合うカテゴリーを探していた時期もあるけれど、「たまたま持っていたセクシャリティを今ある言葉に当てはめたら◯◯に近い」というだけなんだけどなぁ…とか考えていたらどうでも良くなってきた。というより、「私は◯◯です」と断言すること自体が自我をおかしくさせていることに気づいた。

なので「私は私です」という身もふたもない自己紹介に落ち着いてしまうのだ。

でも私はそんな自分がとても好きで、これからも「私は私」を通したいと思っているし、あなたも「あなた」で良いと思っている。(便宜上、何かのカテゴリーにくくることはあるかも知れない)

なので今回は既存のカテゴリーを使わずに自己紹介して締めくくってみようと思う。ひとつひとつについては今後掘り下げるかも知れないし掘り下げないかも知れない。

あと、私のツイッターは男女のセックスをメインに書いているためほぼエロツイートだが、そこには「小さなことから大きなことまで、性にまつわることで嫌な想いをしたり我慢をしていた人たちが、幸せなセックスが出来ますように」というメッセージを込めている。

なので気になるツイートやnoteがあれば、良ければRTやシェアしてください。どこまで届くかわからないけど。誰か1人でも救われたり共感してくれたらいいなと思っている。

ではようやく自己紹介です。

私は心の中では女とも男とも中性とも思ってなくてでも女に生まれたことは結構気に入っててたぶん性別関係なく色んな人を愛することができてちょっと変わり者のパートナーと平和に暮らしてて性に傷つきながらも書くこととセックスを考えることと人を愛することが大好きな人間です。

長くなっちゃった。これからもよろしくお願いします。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

記事が面白いと思ってくれたらお願いします♪ 記事を書くためのお勉強代としてありがたく使わせていただきます。一緒に届くメッセージはラブレターとして受け取っています。

素敵な1日になりますように\(^o^)/
29
旦那様の許可を得て婚外恋愛しながら、旦那様とは射精を目的としないセックスを模索しています。大人向けのエッチで真面目な性教育を発信中。性にまつわることで嫌な思いをしてきた人たちが幸せなセックスが出来ますように✨PD持ち、鬱の経験もたまに綴ります。

コメント2件

こんにちは。
記事全部目を通させていただきました。
経験が浅い私にとって、読んでいてとても面白いです。フォローさせていただきました^^いつかご紹介させて下さい🌿☺️
栞さんありがとうございます♡めちゃくちゃ嬉しいです!😊ぜひぜひよろしくお願いします😊✨✨
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。