見出し画像

InterFMの番組「The Room Radio」にDJ MIXを提供しました。

5月24日(日)16-17時、InterFMの番組「The Room Radio」に提供したDJミックスがオンエアされました。ラテンソウル・ファンク、ラテンジャズやサルサ等、ラテン尽くしの1時間。The Roomはもちろん、今月で休刊となる『ラティーナ』誌にも想いを馳せつつ選曲しました。

タイムフリーで明日16時まで聴けますのでぜひ!


「The Room Radio」はThe Roomに所縁のあるDJが週替わりでノン・ストップ・ミックスをプレイする番組です。The RoomはKyoto Jazz Massiveの沖野修也さんがオーナーで、Champ Recordsの冨永陽介さんがディレクターを務める渋谷の老舗小箱。

私はThe Roomで「Soul Matters」というイベントを主宰している他、「CHAMP」の隔月レギュラーを務めており、今回のラジオでは、沖野さん曰く「The Room新世代」としてDJ MIXを提供しました。こちらは紹介してくださった沖野さんのブログ。

放送当日は #theroomradio のハッシュタグを使いつつTwitter上でリスナーの方々とやりとりしながら聴いてました。とにかくハッシュタグの勢いがものすごい。ラテンに馴染みのない方も多かったみたいですが、そうした人たちが興奮しながら聴いている様子が伝わってきて、こちらも嬉しくなりましたね。また、TL上では自分のミックスについても解説。DJミックスを介してコミュニケーションを取るのが楽しかった。

スクリーンショット 2020-05-30 15.03.37


最後に今回ラジオで選曲した中で、特にお気に入りの曲を紹介して終わりたいと思います。
まずは、The Nombres「Todos」

「Todos」は頭の声をジングル的に使いました。心地よいラテンソウルですね。The Roomにも来たシカゴの再発・発掘レーベルNumero GroupからLPが再発されてますが、こちらはLPとはバージョン違いの7inchのBethレーベルから。さらには7inchでもLorain Sound Records版は、ビーチの夕暮れに合うゆったりとした曲調になっておりこちらもオススメです。


続いては、マイケル・ジャクソンのラテントリビュートなどでも知られるTONY SUCCARの「Sentimiento Original」。

Tony Succar「Sentimiento Original」は、2019年にラテングラミー・ベスト・サルサアルバムを受賞したアルバム『Mas de Mi』収録曲で、ストレートにかっこいいサルサですね。この曲についてはかなりの思い入れがあります。実は今年、『ラティーナ』3月号で「新しいラテン」という特集を企画・執筆しました。

特集では現行サルサ、(デジタル)クンビア、グルーバル・ベース、エレクトリック・フォルクローレに分けて新譜の傾向を解説しつつ注目作を紹介しました。しかし、ラテンのクラブミュージック、またはクラブミュージックの影響が濃い生音を重視したため、「Sentimiento Original」を特集のディスクガイドに入れるのを泣く泣く断念。それから、ずっとどこかで紹介したいと思っていたので、タイムラインで盛りがってるのを見たときは感無量でしたね。本当に貴重な機会をいただきました。

「The Room Radio」は毎週日曜16-17時、InterFMやradikoで毎週聴けますので、これからもよろしくお願いします。 明日日曜にはRyuhei The Manさんが登場です!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事が気に入ったら、サポートをいただけると幸いです。100円から投げ銭できます。いただいたサポートは、DJイベント「Soul Matters」の運営費として使わせていただきます。

1
DJ・ライター。TBSラジオ「アトロク」の「ペデストリアンデッキ」特集に出演。『キネマ旬報』、『菊地成孔の映画関税撤廃』に寄稿。『ラティーナ』「新しいラテン」特集の企画。TheRoomのSoul Matters主宰。ご依頼は soulmatters2014@gmail.com

こちらでもピックアップされています

Works
Works
  • 12本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。