考えるための大事な視点・考力

318

大きな構造変革をいかにリードするか?リーダーに必要な10の行動指針

既に絶版になっている「BCG 未来をつくる戦略思考: 勝つための50のアイデア」という本。私に色々なヒントを与えてくれる。その中にあるリーダーについての記述。私のnoteでも何度も引用している。自分自身に繰り返し確認している。 これは基本的なことかもしれない。しかし多くのリーダーと言っている人は、本当にできているのか?特に大きな構造変革に対応する人はできているのか? 1. 大胆であれ大胆な動きは組織に強力なシグナルを送り、信頼を育む。信頼はチェンジ・マネジメントに欠くこと

スキ
11

「不快」にこそ新しい自分を開く可能性があるのではないか?「違和感」が大事ではないか?

昨日(9月19日)越境人材の祭典「インタープレナーサミット」のお手伝いをしていました。自宅から配信を見ながら14時から20時20分までぶっ通し。SUNDREDのTwitterアカウントでリアルタイム投稿をやってみました。 投稿数は100くらい、対した数じゃないかもしれないけどね自分なりに頑張ってみた。言っていることを咀嚼して言葉に変換するって難しい。ライトニングトークは皆さん早すぎて追いつけなかったで、早々にここは諦めた。どこまでイベント登録者数などの成果に結びついているの

スキ
17

新産業共創エコシステムにおける組織と越境人材の役割について - Industry-Up Day Keynote 1 ほぼ書き起こし

SUNDRED株式会社と経済産業省関東経済産業局との共催で2021年9月10日-19日の10日間開催の「Industry-Up Week Autumn 2021」 有給をとって朝から視聴。初日のキーノート1「新産業共創エコシステムにおける組織と越境人材の役割について」こちら、内容が非常に素晴らしく、色々な人に広めたい。しっかりと整理・言語化しておこう!とnoteの執筆をはじめました。動画を見ながら執筆作業、サマリーの予定が”ほぼ書き起こし”に、、大事なポイントが沢山あるので

スキ
40

リーダーシップについて考えるための「問い」

7月18日(日)に「変革のリーダーシップ - 境界が無い時代のスキルとマインドについて考える -」というテーマのイベントを行う。スタートアップウィークエンド関連で事前イベントだ。 スタートアップウィークエンド “スタートアップウィークエンド(SW)”とは、金曜夜から日曜夜まで54時間かけて開催される、「スタートアップ体験イベント」です。 SWは金曜の夜、実現したいアイデアがある人のピッチから始まりる。 そこに ・ハスラー(マネジメントとビジネスモデルの検証) ・ハッカー(

スキ
10

何かに着手するときの私の習慣

「何かに着手するとき」、メール返信やスケジュール登録などルーティンワークは別として、多少なりとも考えをまとめる必要があるとき。 私はいきなり作業に入ったりせずに一呼吸置く。 例えば、リモートワーク中ならコーヒーを沸かしに席を離れる。時間に余裕があれば少し散歩。オフィスにいるときは、社内のカフェに行ったりビルの周りをぐるっと散歩していたりとね。 ただし「一呼吸」の時間を多く取り過ぎないように自分にリマインドはする。5〜15分程度後に。 リマインド方法は ・Slackで自分

スキ
13

StartupWeekend 関連イベントで話してくるよ、コンテンツ悩み中

今度の日曜日、7月18日(日)にStartupWeekend 伊豆高原の関連イベントでリーダーシップ関連の話しをしてきます。 一方的に話すのでは無く「問いと対話を中心に構成」します。伝えたいことが沢山ありすぎるので時間とコンテンツのバランス調整に悩んでおります。 せっかくいただいた良い機会なので、私自身も楽しみながら7月18日を迎えたい。 変革のリーダーシップ - 境界が無い時代のスキルとマインドについて考える - 不確実性が加速しています。事業の寿命はさらに短く、突然

スキ
6

なりたい自分のイメージと準備が大事

本日言いたいことは「なりたい自分のイメージと準備が大事」ということです。 なりたい自分のイメージ例えば ・学生向けに講義を久しぶりにしてみたい ・こんな企画を具体的に動かしたい × 多数 ・デザインの仕事をたまにはしたい ・スタートアップに絡んでみたい まぁそんなもの なりたい自分のイメージ、に向けて何となく準備しておく 私にとっての一番の準備はnoteに色々と書き留めて、整理しておくことですね。 そして、書いたことをきっかけに、関連する人にも繋がったりする事があるわけ

スキ
9

「自分がどんなリーダーに成りたいか」を言語化しておこう

過去のnoteを再編集しての再掲載です。 「プロジェクトリーダーシップ研修」の話しを頂くことがあります。今度の週末にも2時間ほどの話しを行います。私がよく行うのが、「”あなたにとってのリーダーシップはどんなの?”、”どんなリーダーに成りたい?”、”どんなリーダーシップを発揮すべきか?”って考えたことある?」という話。 すると半分位の人が「考えたことがない、具体的に意識したことない。」という答えが帰ってきます。 残りの半分の人は「プロジェクトマネジメントをしているから考え

スキ
9

デザイナーとかエンジニアの人に頼むときの基本中の基本

デザイナーとかエンジニアの人に、修正やデザインなどの作業を頼むときのポイントについて整理してみた。ゼロから始めるプロジェクトではなく、既にある程度出来上がっているもの運用的な作業。簡単に見えるかもしれないけど結構できていない人も多いので、noteに整理しておいた。 1. 目的を伝える。この日までに何を達成したいのか?どういう状態にしておきたいのか?を理由も付けて伝える。今回の目的を伝えるのだ。 例えば、7月7日は七夕だから、7月1日からは七夕キャンペーンを開催したいので、

スキ
8

プロジェクトをデザインする最初のステップ

プロジェクトをデザインする時の最初の3つのステップについて、ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズの白川さん達に伝授したもらったメモをベースに本日のnoteを書いています。これをベースにも色々とまとめていきたい。 1. プロジェクト・ゴールすなわち「成功の定義」を特定する プロジェクト・ゴールとは、 ・プロジェクトで達成したいことを簡潔に表現したもの。 ・どうなったら成功なのか」を明確に定義したもの。 「プロジェクト」には必ずリスクや困難がつきまといますが、それを避ける

スキ
9