自称メンタル強いさん全然メンタル強くない問題

自称メンタル強いさん全然メンタル強くない問題

さいたま

こういう人さあ。全然珍しくはないんですけど。


1.自分で心が強い言い出す奴だいたいアレ

私は以前、ゴリゴリの飛び込み営業とセミナー講師をやっていたことから、人からの悪意、誹謗中傷を受けることにも慣れていたし、講師として伺った先の会社スレで個人名を出されて書かれることも珍しくなかったし、むしろ自ら見に行って後の参考にしてたくらいなので、メンタルは人より強いという自負があった。
気が強い。死ぬほど負けず嫌い。自分が折れてあとで後悔するくらいなら、逃げるなんて絶対にしたくない。
こういう性格。

 まず自称負けず嫌い自称気が強いって人でメンタル強い人間に会ったことねーですわ。

 メンタルが強いって言うのはそもそも動じないんですよ。元から何とも思わないの。削れないわけ。
だから気が強いとか負けず嫌いっていう要素はその時点でむしろ弱メンタル要素なんですよ。
他の人なら気にしないことでもカチンときたり落ち込んだり勝ち負けスイッチが入ったりしてるわけだから。その時点で削れてるじゃん。

 どうでもいいことから色んな情報を受け止める時点で弱いし、それでいっぱいいっぱいになりながら「でも私負けない!」って踏ん張ってるわけでしょ。これはもう完全にメンタル弱いというべきタイプなんですよ。結構自殺するタイプ。

 電通で亡くなった若い人あなたと同じタイプだったと思う。


2.自分勝手な判断が自分を追い詰める

Twitterあれこれについての物言いにもこの人の脆弱性が現れてるんです。

通知のたまたま1番上にきてたクソリプ数件に自ら絡みに行ってタイマン勝負を挑む。全然レスバの内容が噛み合わなくて腹が立つ。たまたまだったかもしれないけど、こんな語彙レベルの低いやつらのコメントに私はダメージ負わされてんのかと思うと悔しくて1件1件に全部反論ツイートしていきたい、実際問題多すぎて無理。悔しい。

 そうね。低いね。でも肯定的なバズの時でも誉めそやしてるのはそんな連中でしょ?炎上中のあなたを擁護に回ってた一部の奴等の語彙力だって前からあんたなんかフォローしてたような奴等だってどうせ同じぐらいのもんですよ。バカと触れ合うの自体が嫌ならそもそもtwitterやってない筈です。

あまりにも、背景と行間を誤読された決めつけのコメントが多いので、その説明のツイートをすれば「嘘松お得意の後出し」と言われ、
目についたリプに表で反論すると「しつこい」と言われ、
私を擁護(ツイート内容に対してではなく誹謗中傷に対して)してくれる心優しい方にまで巻き込みの100%の悪意をぶつけ、

 ほらこれだ。アホみたいな叩きをしてる奴はアホで、庇ってくれるのは「心優しい方」ってなんだよ。全員アホだよ。Twitterのしょうもない炎上のツリーに現れる奴等は間違いなく全員暇なアホだよ。あんたは同じアホの中から自分にとってうれしい存在を持ち上げてるだけ。

 その一貫性のない自己本位な価値判断があんたの脆弱性なんですよ。

 叩いてるのは語彙力のないクソで、心優しい方と友達はまともだから庇ってくれて、そういう風に自分の境遇をドラマティックに盛り上げて、また「踏ん張る」わけでしょ。あなたはこの騒動から何一つ成長してねーわ。


3.妄想の方を自分の心だと思っている

【心と身体は連動していない、という気づき】
おにぎり2個買ってきたけど、やっぱり口に入らない。入っても噛めない、飲みこめない。頑張って1個胃に流し込む。
大好きな生姜焼きなのに全く口に入れる気にならない。2/3残して捨てる。
目が冴えてしまい寝れない。3時になってさすがにもう眠らなきゃと思って横になってみるも目ぇギンギン。スマホで時計見る度に、どうにも気になってしまいTwitterを開く。

 いやメチャメチャ連動しまくってるじゃん。
 炎上にすごい動揺して心がおかしくなったので体もおかしくなって数日間食事ものどを通らなくなりましたっていうシンプルな状況だよね。

 ここでこの人の言うがなんか違うもの指してるんだなと分かるんだけど、この人は「私は負けず嫌い」「私は打たれ強い」っていう妄想概念を自分の心だと思ってるんですよね。炎上に対抗して打たれ強いアピールしたり「楽しくなってきちゃった」とか言ったりしてる方を自分の心だと思ってる。

 あなたの心はtwitterの炎上に反応して凄く動揺して身体にまで影響しているそれですよ。それがあなたの心です。鍛えるべきはそっち。
 自分は打たれ強い、気が強い、メンタルが強い、っていうのはあなたのそうなりてえなあという願望、妄想です。そっちを鍛えて盛んにしたらますます苦しみが増えるんです。
 だって心は全然変わらなくて色んなことに反応しては感情を作るままなのに、あなたの妄想は「私は打たれ強いはず!」ですから、どんどんギャップが大きくなって失望や落ち込みが激しくなって苦しむんです。人類普遍の精神病のメカニズムです。


4.リアル友人関係にも課題

友人は前に使っていたアカウントが生きていたようで、閲覧専用でツイッター復活。空元気なのか「こんなん書かれてるよ」「ここにもまとめられてるよ」と色々LINEで教えてくれる。

 あなたみたいなタイプにこれをする「友人」、あなたと同等のバカチンなのでなければ、むしろあなたの性格を熟知しててあなたが七転八倒するのおもすれーって思いながらやってますよね。カゴの前でわざと音立てて虫や小動物が走り回るの見て喜ぶタイプ。

 それじゃ悲し過ぎるので善意のバカであるパターンを考えるなら、あなたのその「気が強い」「打たれ強い」という設定(絶対普段から友人間でもやってますよねそのアピール)に付き合って、炎上を面白がるという仕草に結構無理をして同調してるのかもしれない。

 あなたは結局飯が喉とおらないぐらい動揺した挙句noteで木村花チラつかせながら被害者ぶりだすぐらい実際には打たれ弱いんですから、普段から「私は打たれ弱いです」「気にしいです」って言ってくれた方が周りだって付き合いやすいんですよ。

お腹が空かない話をすると「通知を切れ」と言われる。切ったらすごく静かになった。

 ほら、本人から「食欲がわかないほど動揺してる」と言ってもらえるまでは「通知を切れ」って言えずに「面白がる仕草」に合わせるしかなかったんじゃないですか?

 こっちであればいい友人に恵まれている。自意識が未完成で付き合いづらい人に苦労して付き合って心配してる友人ですよ。
 30になって周りにそういう気の使わせ方をしてることこそ「打たれ弱い」ことなんかよりも余程だらしないことだと思いませんか?


5.物事をクールに見つめることが出来ない

言葉は人を殺す力を持っています。
”クソリプ”とバカにしていた言葉達も、数が多すぎれば凶器になり得ます。
どうか、今後SNSが殺人現場になることが起きませんように。

 まとめがこれって本当に呆れちゃうというか、何言ってやがんだお前なんですよね。

 お前がやった4℃ディスりやそんなもん渡してくる男disりだって少しずつ色んな人の心をえぐってるだろうに。
 4℃が好きな奴、4℃をプレゼントしたことがある奴、女との交際に何か嫌な思い出ある奴、プレゼントに何か嫌な思い出ある奴、30以上で婚活中のやつ、etc.

 当該ブランドだってこんな嫌なバズりして絶対売上にダメージ受けてるし下手すりゃ経営企画が売上予想修正するかもしれない(これがクリスマス後じゃなければ相当酷かった)しそこで働いてる奴等一人一人だって絶対いい気持ちしてねーよ。

 バズりによってお前が広く世間に撒き散らした不快感を元気球みたいに結集したら人の5、6人殺せる凶器になってるし、そうやって大勢の人がちょっとずつ嫌な気持ちになって、その中の特に暇でアホな一部の奴等が「お返ししよう」となってそれがクソリプになってお前のとこに戻ってきてんだ。

不思議なことも理不尽なことも一つも起きてねーんだよ。

 お前がやらなきゃいけないのは「言葉は人を殺す力を持っています。」なんていう10年前に知っとけレベルのことを無邪気ぶった顔作って言うことではなくて、
 クソリプ程度は本当の本当にお互い様であることを心の底から理解して動じない心を作ることなんだよ。そこが未だに全然できてないじゃん。

 あなたは自分から発信した内容や自分でtwitterを選んだことにはなんにも感情が動かないのに、自分への返信や自分へのバズにはめちゃくちゃ感情が動いてるでしょ。メンタルの弱さということの根っこはその性格そのものなんですよ。

 「私がtwitterのシステムを利用して世間に広くクソを投射したので、同じシステムを通して世間からクソが投げ返されてきました。すっかりクソまみれですね。」とただ因果関係を理解して納得してクールにシャワーを浴びてなお残存ウンコ臭漂わせながら普通に飯食ってその日の仕事をする。 

 これがメンタル強いということでしょう。我々が目指すべきところはここです。
事態をドラマティックに語って被害意識に浸ってるのは少しもメンタルの弱さが変わってないですから。

 

6.強さと恰好つけとの区別がついてない

色んなことを考えさせられる、絶対に忘れられないクリスマスになりました。

 ただただ動揺して翻弄されてただけでしょう。いちいち格好つけるのが本当に病的なレベルで癖になってますよね。それがあんたの「打たれ強い」ということの正味です。 

 これまでもそうやっていろんなことを「考え」て、私は気が強いとか私は打たれ強いとかいう妄想概念を育ててきたんでしょうに。物事を客観的に見る目だけは全然身につかないまま。

 今回のことにしても鯉のいる池にパンくず投げ込んでバチャバチャいわせたのとなんにも変わらなくて、我々がパンくずであり鯉であるということが納得できていない。

 だから知らん奴等からクソリプされまくったぐらいでドラマティックに被害者ぶれる。そんなザマはあんたの自意識に足るぐらいの結構強くてちょっと頭の良い特別な人間にふさわしい挙措ですかね?


7.自意識強いくせに肝心なとこを外部に投げる

褒められることをしていない私がこんなこと言うのは、人として出来ていない人間が言うのは、お門違いなのは重々承知で言います。

 この語り掛けるような〆はどういうことか。あなたは自分を強い強いって言いながら起きた事態についてはあっさり自己コントロールを放棄して、さも殊勝気にしかし確実に自分以外のところに原因があるという結論にしちゃったわけです。諦めたよね。

 鯉に話しかけることある?「集まらないでよ」って。パンくずに話しかけることある?「池に落ちないでよ」って。そんなことすんのは強いどころか繊細極まりないリリカル少女なんですよ。


8.自己言及多い奴だいたいヤベー問題

 そもそも自己言及が多い人というのはなんかしら人格に未解決なものを抱えてる(ということにすら気付けない状態である)わけだけど、中でも自称打たれ強いって言うのは打たれ強くなりたい打たれ強くなりたいと努力してきた人だってことなんです。 

 そして「打たれ強さ」がそういう課題になってる人って言うのは、結構劣悪な環境でいじめられながら育ったか神経過敏かどっちかです。本来全然一般的な課題じゃないのです。

 だからやたら「私は打たれ強いです」って自己言及したがる人に会うと、多くの人は(あ、これはちょっとヤバい人だな)って思うんですよ。過酷な環境を潜り抜けて精神的にダメージ負ってる人か、統合失調的に周囲から過剰な情報読み取って傷付きまくる人だなって判断できるから。

 自己紹介が「私は打たれ強いです」な人とりたくねえですもん。こえーから。勝手にいじめられてる気持ちになってどす黒くなっていくか、先手打ってるつもりで自分より弱そうな奴イジメようとしだすか、やたら人をジャッジしたがって空気悪くするとか、とにかくろくなことやらねえってイメージ。同情はするけど一緒に働くのはもっと平和な人がいい。

 あなたのtwitterの効いてないアピール見てすぐわかりました。「あ、これは打たれ弱い、クソリプがばりばりに効いちゃうタイプだ」って。気にしない奴は「気にしねーから!」とか言わねーんですよ。

 そして今回のnoteまでの流れを眺めてみて、あなたは自分のプレゼントがあなたのやった感じでネットに晒されたら決して笑って流したりはしねー人だろうなとも見当が付きました。


9.まとめ

 念の為主旨をまとめておくと、私が言いたいのは「もう二度とプレゼントを晒すようなことすんなよ」ではなくて「晒し晒されても心の底から気にしないような人間目指して精進しろよ」ということです。

 気にしいで何かにつけピイピイ言う自分を認めて「気にしいです」と自己紹介して生きていくんだって悪くない(私は打たれ強いですよりははるかに)ですが、あなたは多分人より強い人間になりたい人なんでしょう。

 鯉の動きをドラマチックに受け止めてショック受ける人が鯉を理解していると言えますか?我々の周りが鯉であり我々が鯉です。

 鯉のことを理解して納得した人は打たれ強くありません。鯉は打ってきたりしてないんだからね。

 ちなみにこれだって、読解力や語彙力や短期記憶力がない人間なんかウジャウジャいると理解して納得してるからいちいちまとめを書くんです。
 これぐらいまとめなくてもわかるだろうなんて思っていれば後からショック受けたり怒ったりするし、それがメンタル弱いということです。

10.追記

「あの女の悪行を良くブッちめてくれました!スカッとしました!」とか「袋叩きで弱ってる人を更に滅茶苦茶に殴るなんてひどい!」とか言うご感想が散見されるんですが。

あなたの炎上:しょーもな
あなたにクソリプする人達:アホ
あなたを庇う人達:アホ
あなた:アホ
あなた:パンであり鯉
人類:パンであり鯉
まとめ:プレゼント晒しなんか少しも反省しなくていいから鯉やパンをクールに見つめる心を作ったら。

これであの炎上に荷担してるとか同じ話をしてるって読解されるともうお手上げなんです。まとめのまとめを作りだしたらもうきりがないですしね。

 ただそういう読解力の人がゴロゴロ居ると知ってるしこれ以上優しく書くのもめんどくさいし、そうしたら今度はまた別の誤解が生じるだろうからもういいやってそういうラインでボエーッて投稿ボタン押していろんなレスポンスをボエーッて眺めるんです。

 鯉のエサやりってそういう顔でやるもんだし、鯉である私もそういう顔して生きていくもんでしょう?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
さいたま