お台場ビーチバレー2003 2003.10.14

昨シーズン終了後、来シーズンの契約を済ませて、7月2日に一時帰国しました。
日本バレー協会に、次のシーズンへの報告も兼ねて訪問した際、
協会の方から、日本にいる約1ヵ月半の間、8月1~3日にビーチバレーの大会がお台場で行われる……ということで、裏方のお手伝いをさせてもらうことになりました。

大会関係者の中でも、バレー協会の方々をはじめ、フジテレビの方々、ビーチバレー関係者の方々にも大変お世話になりました。
それともう一人!
今回初めて会うのに、すごく身近な存在だった人がいました。川合庶(かわい ちかし)さんだった。庶さんは、現在タレントの川合俊一さんの弟さんで、庶さん自身も、選手としてビーチバレーのさまざまな大会で活躍されていました。
現在は、各選手のケアや事務職に携わっているらしい。また、学生時代は自分の母校と兄弟的存在の高校でプレーされていました。
話も弾んで、いつしか自分の「お兄ちゃん」的存在に感じるようになりました。
そういう素晴らしい方とのめぐり逢いもありました。

何といっても今大会の超目玉は、「ミスターバレーボール」と称されるカーチ・キライ選手の参戦だった。バレーに詳しい人なら誰でも知っている超有名選手です!
1984年のロサンゼルス五輪、1988年のソウル五輪でインドアでキャプテンとして金メダル獲得。1996年のアトランタ五輪ではビーチバレーに転向し、これまた金メダル……。ひとりで3つの金メダルを獲得している。前人未到の、いわばバレー界の神様!
その選手が、日本での大会に参加することが決定!
自分にとっては、雲の上のまた上のお方……。

そのカーチ・キライの通訳、ケアという役割を担うことになりました。緊張を通り越して、嬉しくてたまりません!
7月30日にカーチがお台場のホテルに到着。
あ、あのカーチが目の前にいる……!
さすがに他の人にはない、ものすごいオーラ!
これから3日間は、このオーラいっぱいのカーチと共に行動することになるのか。。。

英語で挨拶、英語で会話…… 何もかも英語で対応。
日本にいても英語三昧! 自分にはとても勉強になります。英語もバレーも……。しかもすべてカーチと!!!
初日から、カーチに「ユータ」と呼ばれるようになって、自分も「カーチ」と呼び合えるようになりました。

もちろん、日本選手も参加してます。
自分と仲のよい選手が多く参加していて、観戦しにきていたVリーグや全日本の選手たちも自分に、
「カーチのサインやグッズをもらっといて!」
…… と頼まれるほど、カーチの存在はものすごかったです。

毎晩、カーチとドゥーブル(パートナー)と3人で食事に行くことになりました。1日目は寿司、2日目はすき焼き、3日目はまた寿司……!
会話も途切れることなく続きました。

カーチにもドゥーブルにも、最後にはいろいろもらいました。
カーチからは、ユニホームとあのシンボルでもあるピンクのキャップ!しかもカーチからの直筆メッセージ付き。。。
「Reach for the Stars, Yuta!」
ドゥーブルからは、
「Thanks for all your help, Yuta!」
と書かれた彼の特製ポストカードとユニホーム。

「来年もまた来るから、ユータも必ず来いよ! フランスでも頑張れよ。メールも送ってくれ! オレ達は友達だよ。また来年な……。」
そう言ってくれました。
2人から言われたこの言葉と、過ごした3日間。
たった3日間だったけど、自分にはすごく価値のある充実した日々でした。

この大会に手伝わせてくれたバレー協会の方々、フジテレビの方々をはじめ、すべての関係者の方へ深く御礼申し上げます。
本当にありがとうございました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

FRANCE🇫🇷とDENMARK🇩🇰で、プロ🏐選手およびコーチを経験した当時のブログを、そのまま綴ります✨👀✨