何もできない自分をゆるす。

今日、ロバート・ゴンザレスのNVC講座のペアワークをした。

テーマは「self-responsibility, 自己責任」。

講座の中でロバートは「自己責任は、自己否定や自己批評と捉えられやすいが、そうではない。自己に対する慈悲の気持ちと、同じものに向けられるもの」と解説していた。

自分の中で起きている、自分の感情に対して、責任を持つこと。

冷ややかにも感じる指摘だが、「自分が選択できる力やスペースを認識すること」と私は受け取った。

というのも、その反対が、reactiveつまり反応的であるということ。

外部の刺激に対して、怒りや悲しみで反応的になるとき、私たちは自分を見失いがちである。

そしてこの怒りや悲しみというのは、自分の思い込みやパターンからの反応。

なので自己責任を持つということは、反応的な怒りや悲しみではなく、一呼吸おいて、もっと根源的な怒りや悲しみに寄り添う作業にもなる。

私が今回のワークで思い出したことは、「できない自分をゆるす」ということ。

というのも、このペアワークでは、心が揺れた経験をシェアして、ペアの相手と一緒に観察していく作業なのだが、私はそのテーマが思いつかなかった。

そして、「こういったワークでテーマが思い浮かばない、できない自分」というものにフォーカスをしていった。

すると、小学生の頃に通っていたバレエスタジオが目に浮かんだ。

バレエは、自分で選択して習っていたわけではなく、親に始めさせられたという気持ちがある。(実際には覚えてないだけで、行きたがっていたのかもしれない)

最初に通っていたバレエ教室は自由な雰囲気だったが、諸事情によって別の教室に行くことになった。

そこは、もっと本格的でスパルタな教室だった。

もともと体が硬かった私は、ウォーミングアップだけでもキツかった。

開脚が全くできず、先生に引っ張ってもらう始末。

痛くて、自分の叫び声がスタジオに響き渡る。

恥ずかしい。

みんなから浮いている。

ダメな自分を晒して恥ずかしい。

そこに悔しさがなかったのは、そこまでバレエが好きではなかったからかもしれない。でも

「できない自分」= ダメ、恥ずかしい

という思い込みが強くなった出来事だった。

その出来事を感情や体の感覚から、少しずつ意識を向けてみる。

心の目で、一歩下がって観察してみる。

すると少しずつ、その頃の自分に声をかけられるようになってくる。

結果を求めていたけど、「頑張っているその姿勢が何よりも価値があるよ」と励ましたくなった。

その努力、姿勢のけなげさ、純真さに気付いた。

真っ直ぐなその姿勢には、結果すら小さく見えてしまうほどの美しさがあった。

それが自分の中に宿っている。

その自分を誇らしく思う。大事に思う。

できない自分でもいい。

その姿勢と共にあるから。

また一つ、自信を感じる宝物を一つ手に入れた気がする。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Thank you♡
1
暮らしをつくること。世界を巡ること。言葉を紡ぐこと。「ことばのたね」として英会話・翻訳を行っています。https://kotobanotane.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。