見出し画像

兄弟げんかと感情整理

弟(次男)にけられて、兄ちゃん(長男)は打ち所が悪く、小さなたんこぶが出来た。
兄ちゃんは激おこぷんぷん丸で、弟に軽くやり返している。
「暴力やめなさい」と仲介にはいってみるも、こじれている。
ああ、私が育て方を間違えちゃったんだろうかなどと一瞬よぎる。
しかし、今日は仕事が忙しいので、とりあえず安全確認だけをして放っておいた。

いじけた弟が座敷にひきこもって、15分くらい経ったろうか。
兄が弟を呼び戻した。

兄「仲直りしようか。怒りすぎてごめんね。」
弟「こちらこそごめん。」
兄「これスマブラの新キャラ」
弟「何それ!」
・・・
ニコニコ遊びだした。

ああ、感情の整理のしかた、仲直りのしかた。
ちゃんと分かってるし、学んでる。

いつもは、私が介入しようとして、
「感情を整理しなさい、ぶちまけるのをやめなさい、他責をやめなさい」
などと口くどく叱ってしまい、お兄ちゃんが口をつぐんでしまうことがあったのだけれど、今日は放っておいたのが良かったのかも知れない。

放任しすぎも良くないし、「取り返しのつかない事態」にならい予防線は必要だけれど、介入しすぎても、自分で考えて解決する機会を奪ってしまう。
許容されたリスクの中で、してはいけない行動をとった結果を、自分で引き受けながら、学んでいくことも必要なんだ。

本人の学ぶ力を信頼して、だんだん私が手を離していくとき。
子ども達は、少しずつ、大人になっていく。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがと°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°
6
WEBコンサル・WEB制作・システム開発の会社、株式会社ウエブルをやっています。(富山&東京) 早稲女、理工女、3児のママ。趣味はカラオケと読書。つけやきばだけどRuby on Rails とギターを練習中。 https://weble.tokyo/