見出し画像

ジンジャーシロップで割ってうまい炭酸飲料を探した→全部それなりだった

megaya

「ジンジャーシロップ作ってみよう!!!」と思ってやってみたら、超簡単だった。ネットに作り方いっぱい転がってるしね。

ほんとうはジンジャーシロップを作る苦労とかを書きたかったのだけだれど、このままだとなにも起きていない文章になってしまう。1072番煎じくらい薄い。

▲参考にした動画

ということで、「ジンジャーシロップをいろんな炭酸で割って美味しい組み合わせを探してみよう」という企画にハンドルを切ることにした。

ジンジャーシロップをつくるだけの内容よりは幾分かはおもしろくなるはずである。1072番煎じから12番煎じくらいにはなるだろう。それでも薄いことには変わりないが。

手作りというだけで世の中の食べ物は17倍美味しくなる(当社比)

あ、先にこの記事のオチを言っておくと、

「うおお!この組み合わせ最強!Twitterでバズりまくりだぜ!!」
「この組み合わせはありえないくらい不味い…!一生、飲まない……」

みたいな山あり谷ありの展開などは一切ない。全部、それなりに美味しかったのである。

つまり、この記事はとくに大きな出来事も起きない凪である。
人生は時として雄大な海に身を任せることも必要なのである。
さあ、文章という名の海に溺れようではないか。
(かっこいいことを言って薄さをごまかす手法)

オロナミンC

美味しさレベル:★★★★☆

おいC〜

オロナミンCに甘味が追加され、飲んだ後にくるピリッとした生姜の辛味が良いアクセントになっている。

ただ、ちょっと甘すぎるかな?
オロナミンCそのまま飲んだ方が美味しい。

サイダー

美味しさレベル:★★★★★

これは文句なし。というか美味しいのは当たり前だよね。ジンジャーシロップを炭酸で割るのとそんなに変わらないから。

海外のお菓子みたいな甘々が好きな人ならば、サイダーで割るのはおすすめ。

マッチ

美味しさレベル:★★★☆☆

「マッチにジンジャーを足しました!!」

という事実がそこに存在するだけで、それ以上でも以下でもない。そこにジンジャーとマッチが介在しているだけ。それだけ。

CCレモン

美味しさレベル:★★★☆☆

マズイというわけではないが、レモンとジンジャーがお互いの良いとこを相殺しあっている。レモンの酸味とジンジャー辛味が噛み合っておらず、味がぼやける。クローズくらいバチバチに喧嘩し合っている。

知らない人に目隠して飲んでもらったら、CCレモンって当てられる人いないんじゃないかな。CCレモンの長所をジンジャーが叩き潰している。クラッシャージンジャー。

コーラ

美味しさレベル:★★★★★

これはうまい!!
ジンジャーエールコカコーラという商品が普通にありそうなくらいマッチしてる。

けれど、あますぎる!!
「世界のお砂糖、お口の中に大集合」って感じ。生活習慣病まっしぐら。

なので、逆にゼロカロリーコーラにジンジャエールを入れてみたら、甘味がちょうどよくて美味しかった。ただ、ゼロカロリーという良さを全否定する鬼の所業ではある。開発者に殴られるかもしれない。

ぜんぶそれなりに美味しい


一番美味しかったのはコーラなのだけれど、「もともとコーラのポテンシャルが高いだけじゃね?」という懸念が拭えない結果となった。

100m走を10秒で走れる人が最高のシューズを履いたみたいな状態。美味いものと美味いもの組み合わせたらそりゃ美味いよね。カツカレーと同じ発想。

他の炭酸(ファンタとかライフガードとか)も色々試してみたけど、どれもそれなりに美味しかった。飛び抜けて美味しいこともないし、不味いこともない。

記事としては他の人と内容がかぶってないので1072番煎じにはならなかったが、まあまあ薄い文章になってしまった。


結論、

おもしろい記事を書くのはジンジャーシロップほど甘くはないってことだな!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

(勢いよく言ってオチをごまかす手法)


この記事が参加している募集

やってみた

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!