神社鳥居

noteや神社にて、第三者に喜捨をすることで見えてきた課題

今日、地元の神社に足を運び、500円を賽銭箱に投げ入れた。
そして神様にお祈りをささげたよ。

神社で神様に願い事をするのでなく、
「今日も助けてくださりありがとうございます。
賽銭箱に喜捨させていただきありがとうございます」

喜捨をするようになったんだ。
賽銭箱にて喜捨することって、よくわからないんだけど喜びなんだ。
そこで「喜捨」の魅力を語っていきたいと考える。

必ずしも喜捨をする必要はない。
でもしないよりはしたほうが見えてくる気持ちはある。
見えた気持ちこそ、私にとって「喜捨して良かった」言える部分だ。

どちらかといえば、自分を変えるきっかけを知りたいなあ……

思ったら、読んでおいたほうがいいよ。


神社の拝み方

神社は基本、願い事を言う場所ではない。
むしろ神様に「ありがとうございます」を言う場所なのだ。
お賽銭箱にお金を投げるのも「喜捨」する機会を得るためだ。

神社に神様がいるかいないかわからないけれど、
賽銭箱にお金を投げるって、考えてみれば無駄な行為だ。
「お金の無駄」と思われる行為だ。

それなら自分の楽しみといった自己投資にお金を費やしたほうがいい。
でもそうじゃないと考えるようになった。

ここから先は下手すると今の自分が変わる恐れがあるため、
220円で読めるようにしておきます。

今の自分を少しでも変えられたらなあ……
思ったら気づきとなる視点が隠れているので、
ぜひ読んでみてください。


この続きをみるには

この続き: 3,058文字 / 画像2枚

noteや神社にて、第三者に喜捨をすることで見えてきた課題

せんけん

220円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

支援していただきありがとうございます。支援は僕の作品作りを含め、子供へのお小遣いや楽しいことに貢献します。ありがとうございます

ありがとう! うふふ
5
妄想上の怪物に負けず、正直に生きたいと強く願う人を応援!|自分の創作(作品やビジネス、イラスト他)活動を、成功失敗そして創作過程を含めた強烈な日記「 #めがうら 」として出しました。あらゆる事件や出来事に潜む真理を追究したブログ https://www.megabe-0.com/

この記事が入っているマガジン

知恵(有料)
知恵(有料)
  • 22本

有料販売中の記事です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。