見出し画像

ITエンジニアが考えること、考えて欲しいこと

このnoteも3つ目の記事になります。
たまにはCTOとして、ITエンジニアはこうあって欲しい、という記事を書いてみたいと思います。また、未来のみーつけあに所属してくれるエンジニアに向けても、参考にしていただければ幸いです。

ITエンジニアという職業

エンジニアという職種ほど、幅が広く業務内容も定まっていないものはないと思っています。
機械工作を行う人もエンジニア、電子機器の開発もエンジニア、機関士という意味合いもある様です。

ITのシステムエンジニアとしては海外ではSystemEngineer,Programmerと分かれているようですが、日本ではそんなに大別されていない様な?ITの求人を見ても「Programmer募集!」という記事はあんまり見ないですネ。

ITシステムエンジニアにもとめられること

ITシステムエンジニア(ちょっと長いのでやっぱり本記事ではエンジニアと省略することにします)に求められること。
採用する場合はその経験・扱った技術・ポートフォリオなどを求められることが多いと思います。なぜかといえば一番評価しやすいから、ですね。

しかし、いくら経験年数が長くても、扱った言語が多くても「こんなはずじゃなかった」というのが、採用する側も採用される側も多いはず。

個人的にはこのミスマッチを解消するだけでも採用単価を減らせるんじゃないか=逆にいえばここがフワッとしているからエンジニアの採用市場はなくならないのではないか?とも思ってしまいます。
(もっと言えば、それはITシステムに余計なコストが上乗せされることを意味しています。)

では、本当にエンジニアに求められることはなんなのか。
私は次の3つだと思っています。

・キャッチアップ
・経験値
・未来予知

キャッチアップ

1つめのキャッチアップはいろいろな意味を含んでいますが、大きく分けると「要件」と「技術」。

「要件」はその通り、何を求められているのか、何を作らなければならないのか。
要件がわからなければ、そもそもエンジニアとしてもっと丁寧な仕事を心がけるべきです(Programmerは求められない)

もう一つの「技術」は常に新しいもの、世の中からInputしているかどうか、です。
特にIT界隈の技術の進歩はすごく早い。常に新しいものを勉強、評価、取り込むことで一言で言えば「効率」が上がります。
効率が上がるということは、やれることができるということ。最終的には使いこなすことで自分の能力を高める、使える時間を多くすることができます。その結果、仕事とプライベート、両方を充実させることができますね。

経験値

経験値はキャッチアップと似てはいますが「自分でやってみる」ということです。

何事も自分で経験したことがなければそのことを話すことはできません。
例えば、自動車の運転でも全くわからない人が車の運転について話をすること、車を運転することができないと思いますが、自動車学校に行って、勉強して、自分で動かすことができれば、全く難しいことではないです。
自動車を毎日運転している人は運転をする時、ものすごく緊張したり、いちいちマニュアルを見ながら運転(ながら運転はダメですけど!)をすることも当然ありませんね。

エンジニアも様々なものを部品として、道具として組み立てて使います。
なんでも使ってみる。そしてその良し悪しを自分で体験してみて、自分の道具、部品の一部として使えることで、より「効率」をあげることができると思います。

未来予知

最後にネタみたいなものをぶっ込んでみました(笑)ですが、これは全くの筋違いということではありません。

最終的にはエンジニアは「未来をどれだけ予知できるか」がエンジニアの能力を決定する最大のポイントだと思っています。
では、「未来を予知する力」とは一体何なのか。

エンジニアの基本的な仕事は次の通りです

1. 要件(IT化したいもの)があり読み解く[要件定義]
2. 要件に合わせて使う技術(パーツや道具)をどの様に使うか考える[設計]
3. 要件に合わせて実際に組み立てる[構築]
4. 要件に合っているかどうかを確認する[テスト]
5. 常に要件に合う様に維持する [運用]

この1〜5を時にはチームを分割したり、業者に発注したりして、精度や期間を短縮するのですが、最後の「要件に合う様に維持=運用」に使う時間をどれだけ小さくするか、が良いシステム・悪いシステムを決めることになります。

ITとは人がやることを機械にやらせて、人は人でしかできない部分に時間をつかう。ここにはもちろんプライベートも含みます。
そのためのシステム開発なので運用に人手がかかる、時間がかかるというのは本末転倒。やがて使われないシステムになります。

エンジニアはこの「運用」を常にイメージしながら、仕事をする必要があるのですが、それはすなわち「このシステムを使ったらどう未来が変わるのか」をイメージする事になります。

私は「エンジニアとは未来を予知する仕事です」と常に言っています。

この記事を読んでいただいているエンジニアさん、是非「良い未来」を作っていければと思います。私も頑張ります。

ちなみに「介護の未来」を一緒に作って行きたいエンジニアさんがいらっしゃいましたら是非一度お話ししましょう!
最後に私が大好きな広告からの引用です。

南極探検隊員募集
求む隊員。
至難の旅。
わずかな報酬。
極寒。
暗黒の日々。
絶えざる危険。
生還の保障はない。
成功の暁には名誉と賞賛を得る。
by アーネスト・シャクルトン卿


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
介護のセカイをITでなんとかする会社、株式会社みーつけあ( https://meetscare.jp )でCTO/開発責任者をしています。 社員を抱える余力がないのでパートナーの皆様と一緒にがんばってマス。 ※このnoteの記事は個人的見解であり会社の公式見解ではありません。