見出し画像

治療院立ち上げ日記 Episode 1.5

指圧の心 母ごころ

H先生の勉強会には時々、子どもの患者さんがやってきます。
そのお子さんは脳性小児まひ(CP)という疾患を抱えていました。

指圧といえば、肩こり、腰痛など日常的な疲れを癒すものとして知られていますが、まさか指圧でCPの症状に対するアプローチができるなんて、思ってもみませんでした。

ハンディキャップを背負った子どもを目の当たりにすることは滅多にない経験でしたが、なぜか「こわい」という気持ちが先に立ちます。
それは、見聞きしたことのないの領域に踏み入る怖さだったのかもしれません。

H先生は指圧をしながら、いつの間にか子どもの笑顔を引き出していきます。時には、親御さんでさえも見たことのないリラックスした表情を浮かべることすらありました。

「指圧で過緊張を緩めれば可能なことだよ」

H先生はそう話されます。
先生がお子さんたちを指圧する様子を何回か見学した、ある日の勉強会では、私たち受講生が子どもに触れて緊張を緩める、という機会が与えられました。

今まで見ていたからって、それができるとは限りません。
不安な気持ち8割、やってみようという気持ち2割。
そのような状態でお子さんに手を当てます。

画像1

勇気をもって子どものお腹にそっと手を置くと、わずかに緩んでいくのが感じられます。相手の呼吸に合わせるようにして手を置くこと。
緊張(筋性防御)を生じさせないように、柔らかく手のひらを使ってお腹を押さえていきます。

徳治郎先生の仰った言葉は、誤解されている。
H先生はそう言います。

「指圧の心 母ごころ」は、お母さんのような優しい気持ちになって指圧しなさい、という意味に解釈されています。
しかしそれは、子どもが母親によくなってほしい、と願うひたむきな気持ちのことだというのです。事実、浪越徳治郎先生はリウマチに苦しむお母さんを元気にしたいという一心で冷えて硬くなっていた腰を押していました。
それが指圧の原点とされているのです。

「相手の身体に触れることは、相手の心にも触れることだよ」

H先生はそう仰いました。
その言葉は、弟子が自信過剰にならないように。そして大切なものは技術のほかにもあることを、今でも伝えてくれています。(つづく)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

physical, mental, spiritual and social well-beingに生きるお手伝いをしています。2020.3に独立開業しました。家族を大切にし、一人ひとりが生き生きと人生を楽しめる社会が訪れるといいなと思いながら綴っています。

スキありがとうございます!ご縁に感謝です(^0^)
1
あん摩マッサージ指圧師。都内で1人治療院をしながら技術指導をしています。専門学校教員⇒介護施設勤務⇒訪問マッサージ教育研修⇒整体院を開業。未病のうちに体を整えて家族が笑顔になるお手伝いをしたい。料理好きなボールルームダンサー/座右の銘【肉体は魂の宿る殿堂】

こちらでもピックアップされています

治療院立ち上げ日記
治療院立ち上げ日記
  • 26本

東京・高円寺にある小さな治療院を開業するまでと、立ち上げたあとの気づきをつづる私的な日記です。これから開業を目指したい人、独立して間もない方の参考になれば幸いです。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。