のぼゆ

普段は個人事業主のエンジニアとして、機械設計や製図の請負などに従事しています。独学して仕事に就きました。 そのノウハウや思い、勉強法を紹介するブログを運営しています。https://www.noboyu.com/

裏・のぼゆエンジニアリング

のぼゆエンジニアリング事務所裏です。

すべて見る
  • 10本

脳ミソの熱暴走対策。強制休憩は絶対必要

休憩は疲れたら取るもの、と思っていました。 しかし最近は、あくまで作業工程の一つとして強制的に取るべきだと思うようになりました。 肩こりは当てにならないそもそも「疲れたら」という基準が曲者なんですよね。身体的な症状に頼るのは考え物です。肩がこるとか目が乾くとかは集中していると感じなくなりがちです。 休憩を取らない事の弊害は、精神的なダメージのでかさにあります。 そして厄介な事に精神的な疲労って、自分では気づけません。なんせ頭が疲れているので。知らず知らずのうちに、思考力が

スキ
8

見積がしんどい。原因と対策を考えてる

私は機械設計や製図の請負に従事しています。 なんだか本業で手を動かす事よりも、「見積書作成」が一番疲れます。基本的には儲けにならない時間なので、焦るんですよね。 でも手を抜くと自分が苦労する。そこで、原因をさぐりつつ、私なりの対策を紹介します。 対策を先に言うとこんな感じ ・ 値段をこちらが先に決めておく ・ そもそも請けない業務を決めておく 自分で方針を事前に決めて淡々と従う、のがポイントです。 見積書の作成で赤字!?極端な例ですが、「見積時間1時間」の案件があった

スキ
6

後工程は自分次第。自信がなくても、手綱は手放さない方がいいよ

仕事上の懸念点に対し、周囲に「難しく考えすぎ」「後でなんとかなるよ」「大丈夫だから」と言われたらどうしますか。 初心者だったり自分に自信がないと、反論しづらいです。 しかし、浮かんだ疑問や違和感を無視すべきではありません。 「大丈夫」は誰にとって?懸念に対して「大丈夫だから」と言われて引き下がりそうなったら、誰にとっての「大丈夫」なのか考えてみて下さい。 負担を後工程に丸投げしてるだけかもしれません。 私が周囲の「考えすぎ、大丈夫」を信じて困ったエピソードを簡単に挙げる

スキ
7

検討が止まらない。頭の中で勝手に残業が続く

仕事で切羽詰まると、脳みそが暴走します。 寝ても覚めても意味なく考え続けてしまいます。 こうなったら「集中して考える時間を確保できていない」という警告だと思っています。 ■ ノー残業でも思考は止まらない私の職種は機械設計です。ざっくり言うと仕様に合わせて機構を考えたりするのが仕事です。 それで納期に追われたり設計に詰まると、何をしていても頭が休まらない状態になることがあります。 私が前にいた会社では、残業禁止の曜日がありました。 普段はうれしいですが、追い込まれて脳みそ暴

スキ
10