見出し画像

漫画の書き方 精神論編③「下書き」

 先日書いたこんな記事、

 今回はそのつづき、第3弾、いよいよ楽しく苦しいお絵かきの時間、下書きについてのお話しです。

 今までの記事で、最初の自分の思いついたネタを漫画として書き出せるように練り上げるまでを「0を1にする作業」、そしてそれをコマ割りして漫画という形にしていくネームという作業を「1を2にする作業」と書いてきましたが、その呼び方を踏襲すると、どういった絵を書くのか、を設計していくこの下書きという作業は「2を50にする作業」とでもいえるかも知れません。ここまで出来てやっと半分。漫画を書くのってタイヘンだね☆

この続きをみるには

この続き: 1,658文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
週に1~2回程度更新。 一人の漫画書きの制作の姿に、読んでる方の霊感が刺激され、創作の一助になれば幸いでございます。

北海道在住、カレーを愛する漫画書きの制作日記。 ネームやラフなど、完成するよりずっと前段階の原稿の写真や、ネタ出しの様子なんかを赤裸々に…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポート大歓迎! 頂いたサポートで同人誌を作ります! サポート大歓迎!(2回目)

サンキュウッ!!
4
北海道民。カレーを愛する漫画書き。ホームページで漫画公開してます。読んでね! → http://mayutuba.g.dgdg.jp

こちらでもピックアップされています

四十にして惑わず、漫画を書くのだ!
四十にして惑わず、漫画を書くのだ!
  • ¥100 / 月
  • 初月無料

北海道在住、カレーを愛する漫画書きの制作日記。 ネームやラフなど、完成するよりずっと前段階の原稿の写真や、ネタ出しの様子なんかを赤裸々に語っていきます。売り上げで同人誌作ります。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。