見出し画像

決して過去への復讐ではなく

 下書き進んだ!エライ!(自分で自分を褒めていくスタイル)

 今、書いているのは6月12日の北ティアに新刊としてぜひ持っていきたい、漫画「断筆」の次の本に収録する漫画で、この漫画は自分の子供時代からを描き、如何に漫画家を目指すようになるか、そしてその道を諦めるか、までを書いていく漫画なのだが、そうやって自分の子供時代を振り返ってみると、やはりネタになるモノのひとつに自分が経験したいじめ、というものも当然入ってくる。どうしたって心が動き忘れ得ないことですので。

 被害者側の立場も加害者側の立場も経験し得たのは、その後の人生にとってよかったことだったな、と今となっては振り返ることが出来るが、当時はやはり辛かったろう。辛かったろうがしかし、僕はそれをコメディタッチで何でもないことのように書きたい。何でもないことのように書いて、決して何でもないことではないこととして浮き彫りにしたい。過去への復讐として書くのではなく、自分が経験したひとつの…えーと、アレとして(アレかい!)書きたいのだ、ということがハッキリした。漫画を書くと、書く前には形になっていなかったモヤモヤとした胸中の思いがこうやってハッキリすることがある。これだから面白いね、モノを書くって。


 取り敢えず次の話の、下書きは出来た。
 (以下、有料部分に下書き画像貼ります)

この続きをみるには

この続き: 60文字 / 画像9枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
週に1~2回程度更新。 一人の漫画書きの制作の姿に、読んでる方の霊感が刺激され、創作の一助になれば幸いでございます。

北海道在住、カレーを愛する漫画書きの制作日記。 ネームやラフなど、完成するよりずっと前段階の原稿の写真や、ネタ出しの様子なんかを赤裸々に…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
川村マユ見

サポート大歓迎! 頂いたサポートで同人誌を作ります! サポート大歓迎!(2回目)

何度も押して、ランダムメッセージ確認してもいいのよ?
北海道民。カレーを愛する漫画書き。ホームページで漫画公開してます。読んでね! → http://mayutuba.g.dgdg.jp