ばかにつける薬(2016年5月)

 あのときのことを思い出す。

 2011年3月11日。

 東日本大震災。

 あの震災の直後の僕は、北海道の地で、ひたすら焦っていた。

 「何か自分にできることはないか」「自分の漫画に何か、できることはないか」

 これまで経験したこともない大災害に、空転する使命感で、やたらめったらと焦るばかり。募金するだけでは足りない。自分の気持ちがおさまらない。何かをすることで、自分の感情に行き場を与えたい…!

 「何か自分にできることはないか」「自分の漫画に何か、できることはないか」

 …今、思い返すに我ながら、本当にしょうもない、阿呆でした。

 募金するなり、物資を送るなり、現地に行ってボランティアするなり、被災した人たちの助けになることをするしかない。それ以外に何ができる?

 それを何を、大したものも書けないくせに、自分の漫画で何かを成そうと考えていたのか。

 結局、自分の漫画なんかでは、何にもできないと、一人勝手にふさぎこみ、しばらく漫画が書けなくなった。

 あれから5年。

 熊本地震。

 自分のできることで、被災した人たちの助けになることをする。まずは募金して、それで気持ちがおさまらないからって、舞い上がらない。今後できることを考える。

 …そうして僕は今、漫画を書いている。

 自分の漫画で、被災した人たちを励まそうだとか、そんな大それたことは考えていない。…ただ。

 …ただ僕は、漫画やなんかの娯楽が、一時でも読む人の目を惨事から背けさせ、そうしてゆっくりゆっくり、心を日常へと戻す力を持っていることを、この5年で学んだ。アホはアホなりにね。

 まあ大したものも書けないけど、そうやって少しでも、読む人の力になれればと思います。日常に戻って、地に足つけて、この災害に立ち向かいましょう。

 さて!

 晋遊舎のパソコン誌「iP!」にて連載中「ばかにつける薬」の今月の没ネームを公開します。それではいってみましょう!

 ―1本目。

 枕で格好つけて何やら色々書いていましたけれども、結局わたくしこういう漫画を書くような渡世でございます。格好つけてもしょうもないよね。

 それはそうと、家庭教師のお姉さんの持つ訴求力たるや、何というものでしょう!家庭教師のお姉さんの持つ訴求力たるや、何というものでしょう!?家庭教師のお姉さん!!

 ―2本目。

 わたくし今までの人生においてセフレがいたことがありません。わたくし今までの人生においてセフレがいたことがありません!セフレがいたことが!

 ―3本目。

 わたくし今までの人生においてBL漫画を書いたことがありません。男とディープキスしたことはあります。

 …といったネーム群を送ったところ、採用されたのは、いっちゃん作画が面倒くさいネタでございました。担当さんを恨みました。

 どのような漫画かは発売中の「iP!」6月号でご覧下さい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポート大歓迎! 頂いたサポートで同人誌を作ります! サポート大歓迎!(2回目)

サンキュウッ!!
17
北海道民。カレーを愛する漫画書き。ホームページで漫画公開してます。読んでね! → http://mayutuba.g.dgdg.jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。