見出し画像

透徹な視点で紡ぐ漫画 -アケミックスさん 「蓬ガ原で」「性愛魔術杏仁豆腐」他 を読んで-

 面白い漫画を読むとどうしてこれが自分の書いたものでないのか!と、嫉妬で狂いそうになる。俗物なので。嫉妬で狂いそうになるけど表には出しません。大人なので。(出してる)



 先日の北海道コミティア13にてアケミックスさんの本を数冊求めさせて頂いたのですが、どれもこれも面白くて嫉妬で狂いそうになっている。

画像1






 個人的に一番刺さった「蓬ガ原で」

画像2

 登場人物たちの思い、言動などを淡々と端的に描く物語。気障な言い方だけど透徹した視点で紡がれた漫画、という印象を受けました。

 漫画を読む自分としても、登場人物たちと同じく人間としての自分としても、常識というのがあって、例えば本編のとある一場面、「死ね」という言葉が暴言としてフランクに使われているということについて書いた部分があるのですが、そんな暴言ってまああるよね、とつい常識で流してしまいがちなそのことを、スパッと切り取って描き出す。
 そしてそこに作者の結論をつけない。あくまで登場人物たちの思い、言動の交差として描く。すげえ。何という作家力。羨まし過ぎる。ホントに同じ人間か。(※誉め言葉)





 今回の北海道コミティア13での新刊「性愛魔術杏仁豆腐」

画像3

 こちらの漫画も素晴らしく面白かった。
 しかし何でしょうこのタイトルのセンス!脱帽!





 こちらは文章とイラストで書かれた「サイハテボンマイリキコウ」

画像4

 こちらも面白かった!
 札幌から稚内までの車での旅行を描いているのですが、その道中での経験の引っかかるフックがいちいち面白い。鹿にキレてるところとか、蜂に警告されているところとか。
 稚内に僕はまだ行ったことがなく、子供をいつか宗谷岬に連れてってやりたいな、と思っていたのだがその際、この本に書かれていたことはきっと脳裏をよぎるだろうな。





 あの「食欲」の続編がついに出た!
 タイトルは「貪欲」!

画像5

 コリアンタウンのおいしいキムチにとりつかれたアケミックスさんがついにご自分でキムチ漬けに挑戦したことを描いた本作。
 この人の食に対する好奇心、探求心は凄まじい!尊敬!先生!まだまだ続編が読みたいです!





作者のアケミックスさんのtwitterはこちら!


この記事が参加している募集

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポート大歓迎! 頂いたサポートで同人誌を作ります! サポート大歓迎!(2回目)

今押してくれた「スキ」のこと…俺、生涯忘れない…!
16
北海道民。カレーを愛する漫画書き。ホームページで漫画公開してます。読んでね! → http://mayutuba.g.dgdg.jp

こちらでもピックアップされています

わたしが出会った作家たち
わたしが出会った作家たち
  • 21本

イベントで手に入れた同人誌(など)の感想を集めるマガジンです!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。