見出し画像

石臼、意思薄。

 昔やった「ひぐらしのなく頃に」の登場人物の台詞で「石臼を回し続けるのにはそんなに労力はいらないが、一旦止まった石臼をまた動かし出すのには物凄く労力がいる」みたいなの(意訳)があって、漫画の新しい話を書き出すたんびに全くその通りだな、と実感する。全くその通りだ。うまいこと言いやんな。
 近頃得た反省は、自分は並行して色々と書き過ぎだということ。自らのキャパを自覚してちゃんと書けるだけの量を書くようにしましょ。自分への業務連絡です。

 さて僕が止まった石臼を動かし出すのにいつもやっているコツというか何というかのひとつに、やはり自分の書く漫画の中の可愛い女のコの決めゴマから手を掛ける、というのがあり、今回はそれでどうにか石臼が動き出した。

画像1

 どうにか下書きに入った。
 このまま勢いを殺さぬよう、ペン入れに入りたいものである。

この続きをみるには

この続き: 204文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
週に1~2回程度更新。 一人の漫画書きの制作の姿に、読んでる方の霊感が刺激され、創作の一助になれば幸いでございます。

北海道在住、カレーを愛する漫画書きの制作日記。 ネームやラフなど、完成するよりずっと前段階の原稿の写真や、ネタ出しの様子なんかを赤裸々に…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポート大歓迎! 頂いたサポートで同人誌を作ります! サポート大歓迎!(2回目)

サンキュウッ!!
4
北海道民。カレーを愛する漫画書き。ホームページで漫画公開してます。読んでね! → http://mayutuba.g.dgdg.jp

こちらでもピックアップされています

四十にして惑わず、漫画を書くのだ!
四十にして惑わず、漫画を書くのだ!
  • ¥100 / 月
  • 初月無料

北海道在住、カレーを愛する漫画書きの制作日記。 ネームやラフなど、完成するよりずっと前段階の原稿の写真や、ネタ出しの様子なんかを赤裸々に語っていきます。売り上げで同人誌作ります。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。