見出し画像

フリーランスとして大学時代を含めるとかれこれ25年近くお仕事をしていますが、必ず波があります。そしてやりたい仕事こそ、めっちゃ忙しい時に来る。なので、お仕事に緩急を付けることと、常に100以上出しながら、本当にやりたいお仕事が来た時に、やりたいと言える余裕を持っておくという矛盾した自分を同居させておきます。

月刊誌の締め切りはたいてい月末とか第三週とか、これは給料日と深く関係があるわけで、そうなれば、この締め切りに向けての締め切りというのは月の頭から第二週に集中します。ときには壮絶な状況に陥りますが、「無理だ」とネガティブな脳みそで考えれば、無理な理由や現状しか出て来ませんが、自分が「やるぞ!」と決めたらたいていのことはできます。今まで締め切りに間に合わず印刷所に真っ白なデータがいったことはないし、五輪代表に入る前提でインタビューしていて、締め切りが発表の前日だったために、急遽他の選手のインタビューを実施して次の日までに6000字の原稿を出すよう言われ、出したこともあります。火事場の●●ぢからではありませんが、やれちゃうもんです。

今回の日本代表もそのような状態に追い込まれて、団結し、期待以上の結果を出してくれたのではないかと思います。「ネガティブな妄想」と「いい訳」は人を役立たずにします。

負けた時、人の本質が出ます。現在Jリーグイケメン投票中。

https://qsx.jp/a/maji/j2018/1 

目下3位の増田誓志選手は、顔はもちろんですが、心もイケメン。しゃべり下手なのに、サポーターのみなさんのハートをズキュンと射貫く、金言をいつも言う。我らが増田誓志選手を3位にしておいていいのか!?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
励みになります。
7
フリーランスとして食品の開発やプロモーションをサポートしています。発酵や日本伝統の食品を勉強しながら蔵をサポート。スポーツライターや粘度細工作家としても活動中。ZOOMによるご相談対応しております。https://www.facebook.com/mayumi.shirase

こちらでもピックアップされています

エスパルス
エスパルス
  • 34本

大学在学中から清水エスパルスを取材し始め、新聞社勤務を経て、フリーランスになり、オフィシャル媒体への執筆を始めました。フリーランス初年度が1999年。最高の1年目から、ずっと、優勝を願っています。夢を叶え、長く活躍できる選手と、才能があっても続かない選手の違い、秘密をずっと選手に聴き続けています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。