見出し画像

<週イチ起業時代>いつのまにか売り上げUP。1名集客から始める講師業。

さて、

無名の私が週1日の可動で10万円稼ぐまでの方法公開(導入編)

<週イチ起業時代>占いで3日間で5万稼いだ方法。

と書いてきましたので、その続きを書いていこうと思います。

・・・とその前に、<定期購読化のお知らせ>
この度「定期購読マガジン」化いたしました。この記事は単体で230円ですが、、定期購読(月額530円)でご購読いただく方が他の記事もご覧になることができて、お得になります。ご検討ください。

月刊/フリー占い師の為のお仕事術マガジン
https://note.mu/mayuchin3/m/m4b7c79532a67

さて本題です

まゆちん現在、49歳ですが、むかーしむかし、25歳 会社員をしつつ電話占い師デビュー(夜間)細く長く電話占いしを継続、途中中断もありつつ、今に至ります。

34歳 ぐらいから、会社員をしつつ、週1日起業を開始。
⇦今日もここあたりの話。(半年で週1日可動で月収10万達成)

なんだかんだ継続して今に至るわけですが、この「週末起業の時代」からさせていただいてます。


■月5万から10万への道

前回までは、占い鑑定で月に5万(稼働日数3日で)稼ぐまでの道のりをご紹介しました。意外とね、がんばればいけるんですよ。ここまで。

そんな私が次のステップとして選んだのが、月10万円、そして20万・・・の売り上げを上げることでした。(地味な歩みでしょ?笑)

しかーーーし!この頃から気づいていたんですよ。実は、

■個人鑑定だけで安定した高い売り上げを上げることが難しい!

ということを。

例えば、鑑定料5,000円/h として単純計算してみると、
10万➗5,000円=20人(時間)ですよね。つまり、この後、20万、30万稼ぎたければ、集客人数も所用時間も倍、倍になっていきます。

30万円だと、30万➗5,000円=60人(時間)です。
60時間って、お勤めして働くわけじゃなく、60人集めて、60時間占うんですよ。

黙っていたら、60名申しこんでいただけるわけではなく、集客にかける労力も入れると大変です。集めるのも大変そうだし、稼働日数もその頃の私には難しかったのでした。

この続きをみるには

この続き: 3,557文字 / 画像5枚
記事を購入する

<週イチ起業時代>いつのまにか売り上げUP。1名集客から始める講師業。

まゆちん

230円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

こちらのサポートは息子の学費の足しにさせていただきます。ありがとうございます!

16
占い・講師&執筆を生業としているアラフィフ主婦です。週末起業からの完全フリーランスへの道、稼ぎ方・コンテンツの作り方から売り方まで私がやってきた方法をご紹介しています。ビジネス発信用ツイッターフォローしてね https://twitter.com/10mayuchin