おすすめ韓国アーティスト Miso / Alone

おすすめ韓国アーティスト Miso / Alone

お久しぶりの音楽紹介のお時間です。

今回は韓国のMisoを紹介したいと思います!
Misoはイギリス出身韓国人のアーティスト。リリースした作品の数自体はあまり多くありませんが、個性あるビートサウンドと奥行きのあるウィスパーヴォイスで世界中を虜にし、デビューシングルの「Take me」は2300万回以上の再生がされています。(その当時clubeskimoにてDeanと共に活動しており、現在もDeanと共に活動をしています。)

今回紹介するのはMisoのソロ曲で最新曲であるAlone。
楽曲だけで聴いても、ガラリとカラーの変わる起承転結があり、聴いていくうちにみるみるシーンが切り替わっていくため、曲というよりまるで映画のような作品になっています。MVでも場面の展開が極めて美しく、Misoの表現が感動的に生かされた作品になっております。みなさんもお気に入りのシーンを見つけてみてください。

筆者がびっくり!したポイントは、このようなもはや ”映画”のような作品は、映像が先にあり、そこにサウンドトラックがつけられていくのがごく一般的だと思うのですが、こちらはもちろんすべて曲が先で、そのためのMVである、というところです。まさに音楽を物語にできる女の子ですね。

昨年10月に来日ライブをしていて、生憎わたしは見ることができなかったので
すが、いつか実際にみてみたいなと思います。コロナよ早く終われ~…!
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!