新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

春を気持ちよく過ごすために (新型肺炎を広げる側に加担しないために)

先ほど、2/25から行く予定だったヨーロッパの渡航をキャンセルすることにしました。直前まで「行きたい」が先行していましたが、今行っても周りの人たちのことを考えたら、気持ちよくは楽しめないから。

新型肺炎は都内でも広がりを見せていて、またこのタイミングで空港を経由して出国することで、自分が自国及び他国に菌を持ち込む要因の一つになるかもしれない、と思うと正直見ないようにしたくても心苦しさがありました。世界中のみんなが一刻も早く安心を感じられる状況に、私なりにできる判断は、別の時期に出直すこと。それが幸いにも選べる状況に感謝して、今回は飛行機含め諸々とキャンセルの手続きを進めようと思います。

渡航の最終決定について悩み個人SNSで意見を伺ったところ、「自分なら行くよ」「大丈夫だよ」「行っておいでよ」という声をたくさん頂きました。背景には、最低限のリスクヘッジをして出かける、感染しても自己責任だと腹を括って楽しむ、手洗いうがいは徹底する、今心から行きたいなら今行くべき、という考えや、沈静化するからきっと大丈夫だよ、と最新の情報を丁寧に教えてくれる方もいました。

正義は一つじゃないもので、念願の春休みやらそれぞれの幸せもあり「観光産業を殺す気か」とか言われたらもう「ごめんなさい」でしかないのだけれど、私の中での気持ちの良い選択は、1日でも早く世界中に安心が訪れるようにと意識を向けて、できる限り素直な気持ちに矛盾のない日々を過ごすこと。

ウイルスを自国や他国に持ち込んでしまう可能性以上に、ウイルスを気にしていないかのように海外で楽しく過ごすであろう自分のそぶりが、周りの人たちに与える間接的影響も含めて広げる側に加担してしまうこと、その逆も然り、小さな意思決定が与える小さくも大きな良い影響を、感じていたりもします。

もし仮に、渡航予定の2/25までの10日間の間に、効く治療が発明されてみんなが助かるようになったなら、感染状況が収まっていく兆しが見えたなら、それは願いが叶った喜ばしいことで、今の選択の後悔はしないはず。むしろ、私含めみんなの小さな選択の結果だと思って、誇らしく思えるものかもしれません。

発生するキャンセル料や、会う予定だった友人への連絡、スケジュールの調整は、こうした事態において考える問いをもらったものだとありがたくお支払いをしようと思います。また、考え切るまで付き合ってくれた友人たちに感謝をして。1日も早く世界中の人々が安心に満たされるよう願います。気持ちの良い春を過ごせますように。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!私もスキです。
14
編集者・インタビューアー兼ライターです。人と組織の意識変容の“言語化”が得意領域。ですが“非言語”のウェイトが高い人。働き方・組織論周りのメディアによく現れます。AI関連の書籍代筆中✍️自分の本来の声の振動を通して、“本当の話”を伺えるよう「声」のレッスンに通い始めた凝り性な人。