見出し画像

音楽オタク大学生のベストアルバム50を挙げてみた


noteを書くのはかなり久しぶりです。西村です。

さて、僕は4/1からエストニアでの長期インターンを控えていましたが、こんなご時世なので当然行けなくなり、大学の休学も取り消してしまいました。

そして、家で少し時間ができたのでnoteにも手を出せるようになりました。

今回は自己満足の記事です。


以前、カート・コバーン(Nirvana)が書いたとされるベストアルバム50の記事を見ました。

それから、過去にみのミュージックさんもこれに影響されてベストアルバム50の動画を作っていました。


そして、数々の音楽を聴いてきた僕も、今一度これまでに聴いてきた音楽を振り返り、「ベストアルバム50」を決めてみたいと思いました!


選考基準は

・死ぬほど聴いたもの
・楽曲制作において参考にしたもの

です。

今超好きなアルバム50枚ではなくて、これまでに超好きだったアルバム50です。今も全部好きだけどね。


そして、選んだ50枚のアルバムを、僕の中の時系列で分類してみました。

①家族の車の中でよく聴いていた幼少期

1. 東京スカパラダイスオーケストラ - Stompin' On DOWN BEAT ALLEY
2. RIP SLYME - TIME TO GO

これは、家族で車での外出をするときなどによく親が流して聴いていたものです。このころはRIPもHIPHOPという認識は全く持たずに聴いていました。


②ロックとの出会い期

3. MAN WITH A MISSION - Tales of Purefly
4. UVERworld - 0 choir
5. THE ORAL CIGARETTES - FIXION
6. 04 Limited Sazabys - CAVU
7. RADWIMPS - 絶体絶命
8. Hello Sleepwalkers - Masked Monkey Awakening
9. SUPER BEAVER - 愛する

中学1年生のとき、当時通っていた塾の友達に「友達がCDを持っている」というだけの物珍しさでマンウィズのCDを借り、母親のお下がりのiPod nanoに入れてイヤホンで聴いてぶっ飛んだあの日の感覚は一生忘れません。そこからどんどんロックにハマり、YouTubeでディグるようになりました。

UVERworldには、めちゃくちゃサッカー部の練習がきつかったときに何度も助けられました。命の恩人と言っても過言ではありません。


③パンクへの傾倒・ライブキッズ期

10. SiM - SEEDS OF HOPE
11. 銀杏BOYZ - 君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命
12. マキシマム ザ ホルモン - 予襲復讐
13. WANIMA - Are You Coming?
14. TOTALFAT - Wicked and Naked
15. HEY-SMITH - Now Album 
16. 10-FEET - thread
17. ELLEGARDEN - Pepperoni Quattro
18. ACIDMAN - and world
19. ACIDMAN - 有と無
20. Dragon Ash - LILY OF DA VALLEY

中学から続き、相変わらずYouTubeでディグりまくっているのですが、フェスの動画を探していたときにたまたま「京都大作戦」の動画を見つけました。そのファンとのライブの一体感、合唱、ダイブやリフトに衝撃を受け、パンクを聴き始めました。そして、高校1年のとき、人生初めてのフェスでレディクレ2015に行き、朝イチのTOTALFATのモッシュを受けて完全にハイになりました。そして、ディッキを買い、Twitterでライブ友達と繋がるようになり、ライブキッズの無事仲間入り。

画像1

写真はラシュボ2018。

また、中学時代からダンスロックをよく聴いていたこともあり、ダンス要素を取り入れたスカパンクのヘイスミには特にハマりました。初めてヘイスミをライブで見たのはカミコベ2017のワールド記念ホール。ツーステを踏みまくりました。

高校のときには、地元の友達とバンドを組んで、ライブハウス企画に参加していました。エルレはそのときにライブでコピーしたのでハマりました。サッカー部、バンドマン、受験生の3足のわらじを履いていたあのときは今考えても忙しかった。

④軽音サークル期

21. andymori - ファンファーレと熱狂
22. ASIAN KUNG-FU GENERATION - ソルファ
23. BiSH - KiLLER BiSH
24. King Gnu - Sympa
25. OASIS - (WHAT'S THE STORY) MORNING GLORY?
26. Coldplay - A Head Full of Dreams
27. the 1975 - A Brief Inquiry Into Online Relationships
28. Jamiroquai - Traveling Without Moving
29. Ed Sheeran - ➗(Divide)

高校のときにバンドを組んでいた流れで、そのまま軽音サークルに所属しました。アジカンは自分でコピーしたから、andymoriは先輩がコピーしていたからハマりました。また、洋楽(特にUKロック)を先輩に教えてもらったことで、その方面にも知識が広がりました。


⑤DTMスタート期

30. サカナクション - kikUUiki
31. サカナクション - DocumentaLy
32. Have a Nice Day! - DYSTOPIA ROMANCE 4.0
33. avengers in sci-fi - Disc 4 The Seasons
34. PassCode - Lotus
35. Fear, and Loathing in Las Vegas - Phase 2
36. Suchmos - THE KIDS
37. Radiohead - OK Computer
38. Radiohead - Kid A
39. Avicii - Stories

大学1年時、バンドでの音楽表現に限界を感じ、軽音サークルをやめてDTM(デスクトップ・ミュージック)を始めました。そしてPC一つで作成できるEDMやテクノをよく聞くようになり、サカナやアベンズなどの「テクノロック」にもどはまりしました。中でもRadioheadは非常に前衛的で、音楽的固定概念をぶっ壊された張本人なのでアルバム2つ入れました。


⑥映画オタク期

40. Vangelis - Blade Runner (Music From The Original Soundtrack) 
41. La La Land (Original Soundtrack)

大学に入ってからネトフリ、アマプラに加入し映画を見る時間が増えて、映画を見た後その映画のサントラをSpotifyでダウンロードするようになりました。アルバム2つしか挙げることはできませんでしたが、映画のテーマソングとかはめっちゃ聴いてます。


⑦HIPHOPとの出会い・ヘッズ期

42. Calvin Harris - Funk Wav Bounces Vol.1
43. Kendrick Lamer - To Pimp A Butterfly
44. Billie Eilish - WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?
45. Eminem - Music To Be Murdered By
46. Kanye West - My Beautiful Dark Twisted Fantasy
47. Kanye West - Graduation
48. Thundercat - Drunk
49. A Tribe Called Quest - Midnight Marauders
50. Nujabes - Modal Soul

普段はEDMのDJであるCalvin Harrisが、ラッパーやR&Bシンガーをたくさん誘い制作したアルバム「Funk Wav Bounces Vol.1」でぶっ飛び、本格的にヒップホップとの出会いを果たしました。Kanyeを中心にUSのHIPHOPにハマりました。また、最近ではThundercatやNujabesといったJazzy HIPHOPやLo-Fi HIPHOPをよく聞いています。


以上、僕の個人的記録を兼ねた久々のnoteでした。音楽の趣味が合うよ!という方はぜひご連絡ください。あと、この音楽の知識を仕事に繋げたいんですがなかなかいい活かし方がないので、音楽系お仕事の相談もお待ちしてます。

プレイリストもめっちゃ作ってます。プレイリスト作成依頼なんかもお待ちしています。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

読んでいただきありがとうございます! みなさんがスキとサポートをしてくださるおかげでnoteを続けられています! サポート代は、面白い記事を書くための勉強代に使わせていただきます!

スキありがとうございます!
11
noteは思考と感情の備忘録。