志賀祥子@株式会社MaVie代表取締役

企業経営の骨幹部分を伴走するプロフェッショナルとして、ブランドとビジネスの両面から価値…

志賀祥子@株式会社MaVie代表取締役

企業経営の骨幹部分を伴走するプロフェッショナルとして、ブランドとビジネスの両面から価値創造に導き、過去最高売上も実現。企業ブランディング、育成、またウェルネス領域のサービス・施設、ハイエンド層向けのブランドプロデュースも手がける。https://mavie.style/

マガジン

  • 志賀祥子の考えるウェルネス視点

    志賀祥子が特化する「ウェルネス」「ウェルビーイング」領域に関するプロジェクトやトレンド、自身で取り入れていることなど、独自の視点でまとめていきます。

  • 志賀祥子の考える仕事観

    会社員・フリーランスを経験し、現在は起業家として会社経営と子育ての両立をしている志賀祥子の考える仕事観についてまとめています。

  • 戦略ブランディングMaVieについて

    戦略ブランディングカンパニーMaVieは、経営に寄り添い”事業戦略からブランドづくり、事業成長の伴走”を特徴としています。代表 志賀祥子は、従来型のブランディング・PRの常識では実現できない"事業構築から売上拡大"までを実現。ここでは、MaVie独自の視点をまとめていきます。

最近の記事

ストーリーから展開する「江戸料理 一石三鳥」。テーマから構想した新時代の飲食店が誕生

新たな挑戦は、常に心が躍るもの。私がブランド戦略・PR顧問として伴走する一石三鳥の新店舗「江戸料理 一石三鳥」が、7月11日ついに西麻布にオープンします。 先日クローズドのオープニングレセプションをプロデュースした際に、彼ら一石三鳥チームの絶大な仕事に対する愛と結束力を感じました。 ストーリー先行型の飲食店 飲食業界では、ジャンルから店舗をオープンすることが多いと思います。 一石三鳥グループは創業2年で6店舗を展開し、新橋本店の焼鳥業態を皮切りに、鮨、割烹、焼肉と各ジ

    • 国内外を飛び回る私が、都内でウェルネスステイをするときに選ぶホテルとは

      私はウェルネスツーリズムの企画や、ホテルや施設のウェルネスブランディングをプロデュースをしています。 今回は国内外を飛び回る私が、都内で自分のためのウェルネスステイ、ウェルネスなリトリート旅をするときに選んだホテルを紹介します。 ※よろしければこちらもご覧ください。 ウェルネスツーリズムとは ウェルネスツーリズムとは、心身ともに健康になるための旅を指します。(個人的見解です) 大自然の中に身を置いて、その土地でしか味わうことのできない体験やヨガなどのウェルネスプログ

      • プロフェッショナルに求められることを意識しよう

        今回は、私の考える「プロフェッショナル」像について書いていきます。 私自身、様々なクライアントのプロデュースを手掛ける立場として、常に自身のスキルを磨き、プロフェッショナルとして努力をしています。 その理由は、シンプル。大前提として「お金をもらって働く」ということの真意を理解すべきです。クライアントから大事な予算をいただいて仕事をするということ。それは信頼いただいて、何かしらのプロジェクトを結果を出すために託されている「プロ」であるということです。 プロである以上、求め

        • 独立・起業を目指すときに考えておきたい重要なこと

          自分らしく働き続けるために、独立・起業は1つの選択肢に。今回は、私自身の起業経験から、独立・起業をする際に考えておきたいことについてお話したいと思います。 起業という道への一歩を踏み出そう まず最初にお話したいのは、「自分らしく働く」とはどういうことかという問いについて。もうずーっと何年も、本当にこのご相談が多いです。 私が考える答えは、自分の人生や仕事に対する価値観を明確にして、自分で納得して選択をすること、です。 そのためにも重要なのは、自己分析。起業のための具体

        ストーリーから展開する「江戸料理 一石三鳥」。テーマから構想した新時代の飲食店が誕生

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 志賀祥子の考えるウェルネス視点
          志賀祥子@株式会社MaVie代表取締役
        • 志賀祥子の考える仕事観
          志賀祥子@株式会社MaVie代表取締役
        • 戦略ブランディングMaVieについて
          志賀祥子@株式会社MaVie代表取締役

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          創業時の大きな課題を乗り越え、5期目を迎えた話

          先日5期目を迎えた、株式会社MaVie。この度、周年イベントを開催しました。今回ご縁あり、野外の会場を「昼飲みバル」として開催!多くの関係者の方にお越しいただき、満席で立ち飲みもでるほどの大盛況となりました。お越しいただいた皆様、ありがとうございました! 振り返ると、あっという間の4年。そして、とーっても濃い4年間。 お世話になった方々、いつも応援してくださる方、そして友人なども顔を出してくれて、楽しいひと時を過ごしながら感慨深い1日でした。 2019年5月に設立したMa

          創業時の大きな課題を乗り越え、5期目を迎えた話

          リゾートホテルからウェルネスリゾートへ。映えではないブランド再構築ストーリー【後編】

          コロナ禍にありながらも、3期連続で過去最高売上を実現した奄美大島のウェルネスリゾート「THE SCENE amami&wellness resort」。 成功の背景には、言葉で「ウェルネスリゾート」という漠然としたブランドイメージを伝えるのではなく、ブランドをどう体現していくか、顧客体験をどう提供していくのかを徹底的に考え、点ではなく線にしたブランド構築ステップがありました。 前編では、ファーストステップとして、独自性の価値を明確にしたブランドコンセプトの再構築、顧客ター

          リゾートホテルからウェルネスリゾートへ。映えではないブランド再構築ストーリー【後編】

          リゾートホテルからウェルネスリゾートへ。映えではないブランド再構築ストーリー【前編】

          コロナ禍で旅行業界が打撃を受ける中、3期連続で過去最高売上を実現したウェルネスリゾートがあります。それは、奄美大島にある「THE SCENE amami&wellness resort」 目の前に広がるのは、海亀が生息する一面の青い海。その先には加計呂麻島が望めます。豊かな緑に囲まれたその場所は、まさに非日常を味わえる環境。 空港から車で90分、このホテルには「どうしてもここを訪れてみたかった」というゲストや「またここに訪れたかった」というリピーターが絶えません。奄美大島

          リゾートホテルからウェルネスリゾートへ。映えではないブランド再構築ストーリー【前編】

          キラキラではない、泥臭いリアルなエピソードに励まされた話

          読もうと思って持ち歩いても、結局いつも読む時間が取れないのが本。何にも邪魔されない時間がないと持ち歩いて終わってしまう。 平日はタイトなスケジュールの合間に読もうと思っても難しく、かといって週末も何かしら仕事やプライベートで動き回っている私。やっと出張中、移動時間に読了したのがこちら。 ジェーン・スーさんの最新著書。この本を通じて、いろんな女性の成功までの泥臭いエピソードに「大丈夫!あなたもそのままいっちゃいな!」と励ましてもらったかのように私は活力をもらい、そのままno

          キラキラではない、泥臭いリアルなエピソードに励まされた話

          インハウスの広報出身者が、PRの業務代行を行わない理由

          私が会社を設立してから徹底していることは、「PRの業務代行は行わない」ということ。10年以上インハウスで広報経験を積んできた私は、PR業務はもちろん得意分野です。しかしPR単体の業務代行はお断りしています。 今回は、その理由について書いていきたいと思います。 インハウスの広報時代に感じた違和感私は大手からスタートアップまで、あらゆる規模・フェーズの企業で経営企画から広報部門を立ち上げて責任者を経験してきました。 事業目標を達成するための戦略があって、その戦術、手段の1つ

          インハウスの広報出身者が、PRの業務代行を行わない理由

          経営マターで考えたい戦略ブランディング【プロダクト・サービス編】

          戦略ブランディングの会社を経営する私は、ブランディングやブランド醸成のためのステップであるPRは経営マターだと考えます。今回は、第二弾として「プロダクト・サービス編」について書いていきたいと思います。 MaVieが携わるコンシューマー向けブランディングはじめに、当社が携わるBtoC向けブランディングのプロジェクトについてご紹介します。 得意なジャンル ・ハイエンド層向けのサービス・プロダクト ・ウェルビーイング・ウェルネスをテーマにしたサービス・プロダクト プロジェク

          経営マターで考えたい戦略ブランディング【プロダクト・サービス編】

          経営マターで考えたい戦略ブランディング【コーポレートブランディング編】

          戦略ブランディングの会社を経営する私は、ブランディングやブランド醸成のためのステップであるPRは経営マターだと考えます。今回は、第一弾として「コーポレートブランディング編」について書いていきたいと思います。 MaVieが携わるコーポレートブランディング はじめに、当社が携わるコーポレートブランディングのプロジェクトについてご紹介します。業界も企業規模も多岐に渡りますが、大きく4つにわかれます。 ブランディングとは、どう進めていくのか MaVieの考える「ブランディング

          経営マターで考えたい戦略ブランディング【コーポレートブランディング編】

          4年ぶりに自社のブランドイメージ調査をしてみた

          2019年に会社を設立した私は「まずは5年!」と思いながら、コツコツと事業を展開してきました。もうすぐ4期目が終了。春から5期目に入ります。 フリーランスとして4年経験を積んでから起業しましたが、フリーランスでの4年間と、会社として起業してからの丸4年は見える世界が全然違う! 地道にですが、丸4年で会社が、私自身が成長してこれたという自負があります。 そこで創業以来となる「自社のブランドイメージ調査」を実施しました。その結果について、書いていきたいと思います。 私の仕事

          4年ぶりに自社のブランドイメージ調査をしてみた

          雑誌「VERY」の取材を受けようと思った2つの理由

          2023年、明けましておめでとうございます。昨年もたくさんのお仕事、人に恵まれた1年でした。今年もウェルネス・ウェルビーイングを軸にビジネス構築・ブランディングを推進していきます。どうぞよろしくお願いいたします。 2023年は、上記に加えて、私自身が経験し学んできたビジネスとウェルビーイングに特化したコミュニティを始動します。キャリアもプライベートも子育ても、どちらも諦めずによくばりに!今後の人生をより豊かにするための自身のキャリア・起業・独立といった「ビジネス」と、ココロ

          雑誌「VERY」の取材を受けようと思った2つの理由

          ウェルネス・ウェルビーイングの今

          最近よく耳にする「ウェルネス・ウェルビーイング」 コロナ前から「ウェルネス・ウェルビーイング」をテーマに 登壇依頼を頂いて学生向けにお話したり、働く女性向けコミュニティプロジェクトを運営していたこともあり、個人的には身近な言葉でした。 いろんな解釈があると思いますが、私は「心身ともに健康な状態」を指していると理解しています。 たった2-3年前までは、この話をセミナーなどですると、みなさん「ウェルネス?何それ?」という表情の人が多かったように思います。 急速にこのキーワ

          ウェルネス・ウェルビーイングの今

          【自己紹介】 株式会社MaVie(マヴィ) 志賀 祥子

          志賀 祥子(Shiga Shoko) 「経営者の隣に戦略のプロを」をモットーに、ブランド構築・戦略開発の専門家として従事。事業成長の促進・価値向上を伴走する戦略ビジネスプロデューサー。 企業や商品サービスのブランド構築・再構築を得意とし、事業成長・売上拡大のためのパートナーとして伴走します。 事業・ブランド構築から、PR・マーケティングまでを一貫してご支援。 中長期的に伴奏するのが特徴。過去、手がけたブランドは3年連続過去最高益に。 未だに「コンサルティング」や「PR」

          【自己紹介】 株式会社MaVie(マヴィ) 志賀 祥子

          雇用形態は関係ない。多様な働き方で活躍する人の共通点とは

          noteを書く機会がなかなか取れなくなっていたら、あっというまに12月に!コロナ禍でもありがたいことに会社として多方面からお仕事を頂くことができて、かつ自社の新規事業も形になり、さらに個人的には寄稿や連載も増えたりと、今年は本当にあっという間でした。 特に今年はクライアント企業の広報担当者の採用から一緒に並走することが多かったのですが、加えて自社でも採用活動をしたり、代表としてチームメンバーを見ているなかで「仕事で活躍する人」の共通点を見つけたので記録しておこうと思います。

          雇用形態は関係ない。多様な働き方で活躍する人の共通点とは