見出し画像

【パーソナルスタイリスト米倉育代さん】自分に似合うヘアカラーをプロが解説!簡単にできるパーソナルカラーセルフ診断もチェック

「プロに聞く美髪講座」第3回目に、パーソナルスタイリストの米倉育代さんをお招きしました!
髪の色による印象」や「似合うヘアカラー&似合わないヘアカラー」をじっくり解説していただいています。

画像1

米倉 育代 さん

【主な資格】
・文化服装学院準教員資格取得
・パーソナルスタイリスト取得

【経歴】
・服飾専門学校卒業後、販売職に従事、店長を経験。
 アシスタントバイヤーを経て単身渡英。
 イギリスにてアンティーク商材の買付等を行う。
・帰国後、新規ブランドの立ち上げに伴い、VMD・コーディネーター・バイヤーとして13年の経験を持つ。
・2018年パーソナルスタイリストとして独立。
 3つの外見診断(パーソナルカラー・顔・体型)に加え、内面までを診断する服装心理®診断を基に、ファッションアドバイスを行う。
 お買い物同行やワードローブ診断など、フリーランスの方をメインにスタイリングを行なっている。

【活動】
・オンラインサロンにて顔パーツ診断講座登壇。
・専門学校にてパーソナルカラー講座登壇。 他

▼ブログ「écaille style (エカイユ・スタイル)]」はこちら
https://www.stylist194.com/

皆さんは、何を参考にヘアカラーを決めていますか?
美容師さんに相談したり、SNSを見てトレンドカラーをオーダーしたりする方も多いかと思います。
なのに「疲れてる?」「日焼けした?」なんて言われることが多くなった方…実は似合わないヘアカラーが原因かもしれません。

自分に似合うヘアカラーを見つけるには、「パーソナルカラー診断」がおすすめです。

今回は、色彩学の観点から自分に似合うヘアカラーのセルフ診断方法を解説。
さらに似合わないヘアカラーの似合わせ方まで、レクチャーしています!

似合うヘアカラーにチェンジして、生き生きとした顔色を手に入れましょう。

1.パーソナルカラーって何のこと?

画像2

パーソナルカラーとは、一言で言うと「自分に似合う色」のこと。

そもそも色と色には、それぞれ相性があります。
調和がとれている色同士の組み合わせであれば、お互いの色が美しく見えるんです。
逆に、調和がとれていない色同士では暗く濁って、きれいに見えません。

人間は、肌・髪・瞳・唇の色といった色素を持っています。
つまり、自分の持つ色素と身につける色が同じ仲間であれば、肌の色や服の色と調和して美しく見えるということ。
自分の持つ色素と合う色=パーソナルカラーなんですね。

逆に仲間ではない色を身につけると、肌の色や目の色もくすんだように見えかねません。
当然顔の近くであるヘアカラーも色素と同じ仲間ではない色だと、素敵には見えないのです。

一見、日本人の肌色は同じように見えますが、それぞれが異なった色素を持っています。
モデルさんのトレンドヘアカラーが、自分にも似合うとは限らないのはこのためなんですね。

1-1.へアカラーをパーソナルカラーにするメリット

顔のフレームのような役割のヘアカラー。
パーソナルカラーにすると、女性には嬉しいメリットがあります。

1)血色が良く健康的に見える
2)目が生き生きと輝いて見える
3)くまやくすみといった肌トラブルが目立ちにくくなる

逆に自分のパーソナルカラーではない色だと、以下のような悪影響を及ぼすことも…。

・顔色が悪く疲れて見える
・老けて見える
・しわやシミ、くすみなどが目立つ

ヘアカラーがいつもしっくりこない…という方は、この機会にパーソナルカラーにしてみるのもアリ。
色の作用で、顔色まで美しく見せてくれますよ。

1-2.色の種類の分け方

自分のパーソナルカラーを知るために、まずは「色の三属性」を理解しましょう。

①色相=赤・青・黄といった色合い
②明度=明るさの度合い
③彩度=鮮やかさの度合い

人が持つ色素にも上記のような三属性が存在し、それぞれの項目で大きく2種類に分けられます。

①色相
 イエローベース(ウォーム)/ブルーベース(クール)
②明度
 ライト/ディープ
③彩度
 ヴィヴィッド/ソフト

パーソナルカラーは、そこからさらに共通の要素がある色同士をグループにして、4つのタイプに分けたものです。

画像3

それぞれが自然の四季に現れる色であるため、タイプ別に四季の名前が付けられ、「フォーシーズン分類法」とも呼ばれています。

つまり、「その人の持つ色素の三属性(色相・彩度・明度)」と「身につける色の三属性」に共通性が多い色こそ、「似合う色」というワケですね

2.パーソナルカラーをセルフ診断してみよう!

画像4

ここからは、セルフで出来るパーソナルカラー診断のやり方を解説してきます。
下記のチェック項目1~3に回答するだけですぐにわかりますよ。

このセルフ診断は、実際にプロが目視でチェックする内容と同じものです。
ちなみにプロの診断はドレープ(色見本の布)を顔の下に合わせて、似合う色を診断しています。

最近では写真でチェックできる『パーソナル診断アプリ』もあるので、使ってみてくださいね。

※自分の目視だけでは正確性に限界があります。
セルフチェックは参考程度にして、正確な診断結果をお知りになりたい方は、プロのパーソナル診断をぜひ受けてみてください。

【チェック1】

▽上気すると頬の状態はどちらに近いですか?
A:血色が出やすい B:血色が出にくい

▽日に焼けると肌の状態はどちらに近いですか?
A:赤くなる B:直ぐ黒くなる

▽地毛の色はどちらに近いですか?
A:明るい B:暗い

▽瞳の色はどちらに近いですか?
A:明るい B:暗い

Aが多かった方→【チェック2】に進んでください。
Bが多かった方→【チェック3】に進んでください。

【チェック2】

▽肌の色に近いのはどちらに近いですか?
C:黄みがかっている D:赤みがかっている

▽地毛の色に近いのはどちらに近いですか?
C:黄みがかった茶色 D:黒もしくは赤みの茶色

▽瞳の印象はどちらに近いですか?
C:キラキラと澄んでいる D:優しい印象

▽元々の唇の色はどちらに近いですか?
C:オレンジ寄りのピンク D:紫寄りのピンク

Cが多かった方→パーソナルカラーSpringタイプです。
Dが多かった方→パーソナルカラーSummerタイプです。

【チェック3】

▽肌の色はどちらに近いですか?
E:黄みがかっている F:赤みがかっている

▽肌の質感はどちらに近いですか?
E:さらっとしている F:艶がある

▽.髪の質感はどちらに近いですか?
E:サラサラとしている F:艶がある

▽瞳の印象はどちらに近いですか?
E:穏やかな印象 F:白目と瞳の境がはっきりしている

Eが多かった方→パーソナルカラーAutumnタイプです。
Fが多かった方→パーソナルカラーWinterタイプです。

3.パーソナルカラー別の似合うヘアカラー

3-1.Springタイプ(イエベ春)の特徴と似合うヘアカラー 

画像5

キュートで華やかなイメージ
イエローが少し入った明るく鮮やかな色で、透明感のあるグループです。

【似合うヘアカラー】

画像6

・明るいイエロー系ブラウン
・明るいオレンジブラウン
・ブロンド(金髪)に近いブラウン

もっと詳しくSpringタイプについてチェックする

3-2.Summeタイプ(ブルべ夏)の特徴と似合うヘアカラー

画像7

エレガントで上品なイメージ
淡いブルーが入った明るく柔らかい色です。
クールでグレイッシュなカラーグループになります。

【似合うヘアカラー】

画像8

・レッド系ブラウン
・明るい赤みのブラウンやパープル系
・アッシュカラー全般
・明るいブラック 

もっと詳しくSummerタイプについてチェックする

3-3.Autumnタイプ(イエベ秋)の特徴と似合うヘアカラー

画像9

シックでナチュラルなイメージ
イエローが強く入った、深みのある抑えた色です。
落ち着いた大人っぽい暖かみのあるカラーグループになります。

【似合うヘアカラー】

画像10

・ゴールド系
・オレンジ系
・イエロー系ブラウンで、深みのある色から中位の明るさまで

もっと詳しくAutumnタイプについてチェックする

3-4.Winterタイプ(ブルべ冬)の特徴と似合うヘアカラー

画像11

シャープで華麗なイメージ
ブルーが強く入った深い色や原色で、極端に薄く冷たい色と濃く強い色のカラーグループです。

【似合うヘアカラー】

画像12

・レッド系ブラウンの深みのある色
・ブルーまたはパープルで黒さを強調

もっと詳しくWinterタイプについてチェックする

4.似合わないヘアカラーを似合わせることができる方法とは?

好きなカラーが似合わない色だった…という方は、「似合う質感」を取り入れましょう。

ヘアスタイリングの仕上げ方で、艶を出した方が良いのか、マットに仕上げた方が良いのかが分かります。

見分け方は色の彩度(明暗)です。

画像13

上の図のように、ヴィヴィッドグループであるSpring・Winterタイプは、鮮やかで高彩度の色を得意とするグループ。
オイルなどで艶を出したり、タイトなヘアやウエットに仕上げたスタイリングが似合います。

ソフトグループであるSummer・Autumnタイプは、柔らかくて、くすんだ低彩度の色を得意とするグループ。
マットやドライに仕上げ、ルーズでエアリーなスタイリングが似合うタイプです。

実はこの質感、とても役に立つ要素。
「顔映りが良くない」
「老けて見られる」
などヘアカラーが似合ってないかもと感じたら、スタイリングの仕上がりを自分のパーソナルカラーの質感に合わせるだけですぐに似合わせられます。

ちなみにこのテクニック、メイクでも使えるんです!
たとえばマットリップが似合うのか、グロスの方が似合うのかも、パーソナルカラーである程度判断できますよ。

_____________________________________________________

生まれ持った色素を生かして、自分本来の美しさを引きだしてくれるパーソナルカラー。
パーソナルカラー診断で似合う色が分かったら、ぜひ質感にも注目してみてくださいね。
"似合わせのコツ"を活用して、色を味方につけましょう。

\ 美髪になりたい・ヘアケアを知りたい方はコチラもチェック!/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます!
5
オーガニックブランドLebena organicのオウンドサイト「Mavie」の公式noteです。ヘアケア・頭皮ケアを中心に美容情報を発信していきます。https://lebenaorganic.jp/mavie/

こちらでもピックアップされています

プロに聞く美髪講座
プロに聞く美髪講座
  • 4本

美容師やスタイリスト、毛髪診断士などプロが執筆した記事をまとめています!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。