見出し画像

ナイキの厚底シューズ問題

今年の箱根駅伝も2日間ずっと見ていた。
ここ10年くらい欠かさず見ていますが、今年は区間新記録がやたらと出ていてびっくりの連続でした。

10区間中なんと7区間で区間新。
優勝した青山学院のタイムも今までの記録を6分46秒も縮めたそうです。

集団で走っているとやたらとピンクやオレンジのシューズが目に入ります。
やっぱりみんなこれにしてきたか。

報道では9割近くの選手が履いていたとも言われています。

今まで山の神だの前人未到だのと騒がれた選手たちの記録を、そこまで前評判のなかった選手が次々と抜いていきます。

『これはもうシューズだろうね。』
テレビの前でそう呟くわたし。

気象条件も良かったけれど、ここまでたくさんの区間新が出るとなんだか素直に見れなかったな。

区間新って今までの95年の歴史を塗り替えるってことですよ。
コースが変わっているのでそこまではないにしても新記録なんですよね。

実際、選手たちもシューズのおかげと思っていたのではないでしょうか。

そうなると設楽くんと大迫くんが出して1億円をもらったマラソンの日本新記録も、やっぱりシューズかなと思ってしまいます。

16年ぶりの記録塗り替えが続けてあったわけですから。

プロ野球でもありました。
やたら今年はホームランが出るなと思っていたら、公式球が変わっていた。
毎年変わるのでしょうが、その年は『飛ぶボール』と言われ、次の年にまた改良がされたようです。

この時もホームランの記録にどうなんだと疑問を感じましたけど。


時代とともにこういったスポーツ用品が進化していくのは当たり前のことで選手もより良い、より自分にあった物を探し試して努力をしているわけです。

今回の騒動での一番の被害者は選手です。
オリンピックも近いこの時期にあまり選手を迷わせるようなことをして欲しくない。

彼ら彼女らは極限までパフォーマンスを伸ばせるよう日々戦っているのです。

ちょっとしたことでメンタルが崩れていったりするもの。
その辺をわかっているのでしょうか。

規制する方もあまりに記録が伸びすぎて慌てたのでしょうが、もう少し早く対策できなかったのか、スポーツ観戦大好きな私は思います。

今後も陸上に限らずこのような問題は出てくるのでしょうが、線引きは難しいところ。

テレビで長嶋一茂さんが言ってたそうですが、こうなると裸足で全裸で走るか、全員同じ靴を履いて走ってもらうしかないでしょうね。

メーカー側も新商品の開発に躊躇してしまわないか心配です。

記録は公平であるべきですが、いろんなテクニックや運も多少はあって当たり前。

東京オリンピックも純粋に楽しめるよう早めの結論をお願いしたいものです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

あなたっていい人ね❤︎
4
50歳からの美人になる方法。会社に行きたくないので服を作って販売したり、美容と健康マニアになったり、まだまだ恋愛したり。    https://mauvepink.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。