バックエンドエンジニアの仕事の流れを教えて!求めあれるスキルや人物像とは?
見出し画像

バックエンドエンジニアの仕事の流れを教えて!求めあれるスキルや人物像とは?

合同会社Mauve

「エンジニア」という言葉は、英語で「工学」を意味する「エンジニアリング」が語源だといわれています。その言葉通り、工学に関する幅広い知識や専門技術を持った人びとを、私たちはエンジニアと呼んでいます。
今回はそんなエンジニアのなかでも、アプリケーションやWEB制作の舞台で活躍する「バックエンドエンジニア」について、仕事の内容や求められるスキルを解説したいと思います!

バックエンドエンジニアの役割

WEBサイト制作等の現場では、ユーザーが直接見て操作する部分を「フロントエンド」、ユーザーの目には見えない裏側のシステムを「バックエンド」と呼びます。
そして、それぞれの領域を担当するエンジニアを「フロントエンドエンジニア」と「バックエンドエンジニア」と呼んでいます。


フロントエンドエンジニアについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。

バックエンドエンジニアの業務には、システムの開発だけでなく、サーバーの構築等のインフラ整備やデータベースの構築作業も含まれます。
実際にサイトやアプリケーションの運用が始まったら、保守や運用改善もバックエンドエンジニアが担うことが多いため、高い専門性とともに幅広い知識も求められる職種なんです。

システム開発の流れ

では、実際にどのようにシステム開発が行われているのか流れを追って見ていきましょう。

▼開発の大きな流れ
要件定義 → 設計 → 実装 → テスト → 保守・改善

①要件定義
要件定義とは、クライアントの要望をヒアリングし、システムに盛り込みたい機能やサービス等、必要な要件をまとめる作業です。
要件定義書そのものは、WEBディレクターが作成する場合が多いのですが、

・クライアントのつくりたいシステムに必要な機能は何か
・現在の問題点を解決にはどんなシステムが必要か
・具体的な工数、等

エンジニア側からの提案や意見が必要な場面も多いです。

②設計
クライアントの要望を満たすために、どういった技術を使ってシステムを作れば良いかをまとめる作業です。システム開発を家づくりに例えるなら、設計図を作るイメージですね。

③実装
設計内容をもとに、プログラミングをしていく工程です。一般的に「エンジニアの仕事」としてイメージされるのがこの部分ですね。
機能やパートごとにチームに分かれて作業を行うこともあります。

④テスト
システムの機能が、サーバー環境で問題なく動くのかを検証する工程です。
たとえば、その機能単体では問題なく動くのに、複数の機能と連動させるとエラーが出る…ということもあります。
エラーが見つかったら改善し、さらにテストをして、問題がないことを確認したらようやくローンチです。

⑤保守・改善
実際にシステムを運用していく中で、改善が必要になった場合やエラーが見つかった場合などは、さらに改善作業を重ねていきます。

バックエンドエンジニアの大きな役割は「システム開発」ですが、黙々とプログラミングをするだけではありません。
要件定義から保守・改善までシステム開発に寄り添い、専門的な知見をもってチームを支えているんです。

バックエンドエンジニアに必要な5大スキル

バックエンドエンジニアの業務は守備範囲が広く、専門性も高いのが特徴です。
システム開発だけでなくサーバやネットワークの構築など、幅広い領域で活躍するため、同じバックエンドエンジニアでも人によって得意な分野も違いますし、もっているスキルも違います。

ここでは、バックエンドエンジニアとして活躍するなら押さえておきたい5つのスキルを紹介します。

①開発に使うプログラミング言語
プログラミング言語の知識やスキルは必須項目。(Java、JavaScript、PHP、Ruby、Python、GOなど)
また、早く正確に制作が進められるよう、フレームワークを扱うスキルも必要です。

②サーバーに関する知識
開発するシステムを動かすうえで欠かせないのがサーバーです。とくにサーバーサイドに強いエンジニアは「サーバーサイドエンジニア」と呼ばれます。(サーバーサイドエンジニアについては、次の章で改めてしょうかいします!)

③セキュリティに関する知識
ユーザー情報等、機密性の高い情報を処理するシステムを開発することも多いため、ネットワークやセキュリティに関する知識は重要です。

④データベースに関する知識
ユーザーが入力した個人情報などを、システム上に保存するために必要なのがデータベースです。そのため、データベースに関する知識や構築スキルもバックエンドエンジニアに求められる要素です。

⑤ミドルウェアへの知識
ミドルウェアとは、OSとアプリケーションの間で動くソフトウェアのことです。開発したシステムを効率よく動かすためには、ミドルウェアの知識が必要です。

サーバーサイドエンジニアとの違い

バックエンドエンジニアと似た職域を持つエンジニアに、サーバーサイドエンジニアと呼ばれる人たちがいます。
WEBサービスやアプリケーションを作る場合、主にサーバーサイドの開発や保守を行うのがサーバーサイドエンジニアの役割です。

とはいえ、バックエンドエンジニアとサーバーサイドエンジニアの仕事には重なる部分も多く、業務上明確に分けることは難しいため、「サーバーサイドエンジニア=サーバサイドにより高い専門性を持つ人」と認識しておくといいかもしれませんね。

まとめ

開発の要(かなめ)となるバックエンドエンジニアの仕事は、つねに新しいスキルや知識に対する向上心や探求心が求められます。システム開発にはエラーがつきものですから、新しい課題に対して自力で原因と解決方法にたどり着けるタフさを持っているエンジニアは、チームにとってもクライアントにとっても頼りになる存在です。

Mauveの制作チームには、高い専門性と技術力をもつエンジニアたちがいます。少数精鋭だからこそ可能なスピード感と柔軟性は、Mauveが多くのお客様に支持されている理由です!

▼Point
・バックエンドエンジニアはシステム開発のプロフェッショナル。
・要件定義~保守・改善まで長く深くシステム開発に寄り添う。
・守備範囲が広いため、サーバーサイドやセキュリティなど、求められる知識やスキルも幅広い。

MauveではWeb業界に関わる人びとの「知って役立つ」さまざまな情報をお届けします。
次回は「日常・仕事でも使えるIT用語解説コラム」として「WEBデザイナー」をテーマにお届けします。

Mauveへのお問い合わせ、webサイトやアプリの開発についてのご相談やご依頼はこちらから↓↓↓
合同会社Mauve -モーヴ-

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
合同会社Mauve
2021年2月設立のIT会社です。「挑戦し続けたい」方々を、IT技術でサポート致します。弊社はアプリ・システム開発、ホームページ・ランディングページ作成、各種チラシの制作を運営しています。お気軽にご相談ください。 https://www.mauvellc.com/