見出し画像

№2_言葉の音1つ1つを把握する力

保護者の方向けのnoteです。このnoteから6回に分けて、言葉を6つの側面に分け、それぞれの側面の発達とその支援についてお伝えします。

このnoteでは、まずはじめに、言葉のいろいろな側面について、お伝えしたいと思います。前回の記事(№1)と同様、記事の内容や使用されている画像については、保護者の方同士で情報交換されるときに、ご自由にお使いください。

言葉のいろいろな側面

言葉に関する専門書を開くと、以下のように、言葉を4つの側面に分けて捉えていることが多いです。

・言葉の音に関すること(音韻:おんいん)
・言葉の意味に関すること(意味:いみ)
・言葉と言葉の組み合わせに関すること(統語:とうご)
・場面や状況に合わせた言葉や意味の選択に関すること(語用:ごよう)

少し、具体的にみていきます。例えば、生き物を表す「カメ(亀)」という言葉を、上の4つの側面からみると、以下のようになります。

私は、この4つの側面に、「読み」の側面と「書き」の側面を加えて、全部で6つの側面からみていくようにしています。

この続きをみるには

この続き: 3,714文字 / 画像7枚

№2_言葉の音1つ1つを把握する力

MatsuuraChiharu

110円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます♪
1
発達支援が専門のフリーランス・noteの活用は模索中|支援室運営・大学兼任教員など|大学・言語障害児教育専攻卒業、大学院・障害児臨床講座修了|臨床発達心理士&特別支援教育士&公認心理師|思春期育児&天使ママ|