見出し画像

家を建てる前に知っておいて欲しいこと

私は以前、とあるデザイン会社でお庭とエクステリア(外構)のデザイナーをしていました。そのせいもあって、建物の外観や動線を観察するのが趣味のようになっていますが、せっかく立派な建物を作っても外構がダサすぎて、建物まで安っぽく見えてしまう家が何と多いことでしょう!

この話、興味ある人が少ないと思いますので、今まで記事にするのを抑えていた(しかも語り出したらきっと止まらない笑)ので・す・が!いま丁度親戚が家を建てていて、せっかくの豪邸なのに外構があまりにもお粗末すぎて絶句する経験をし、情報を知らないというのは怖いことだなと思い筆を執りました。これから家を建てる予定の方で、外観にもこだわりたいという方はこの先を読んでください。

なぜエクステリア(外構)が重要なのか

誤解を招かないよう最初にお伝えしたいのは、「エクステリアが重要」といっても、家づくりの主役はあくまでも「建物」であって、エクステリアは引き立て役に過ぎません。しかし、どんな引き立て役を選ぶかで建物の価値そのものが変わってくるのは事実です。

これは人の外見と同じことですが、例え中身がどんな素晴らしい人物であっても、品のないヨレヨレの安っぽい服を着て、垢抜けない雰囲気だったとしたら、その人の魅力は半減してしまいます。同じように、どんなにインテリアや建物の構造にお金をかけたとしても、外観が安っぽいと残念な印象になってしまいます。

逆に建物にそれほどお金をかけていなくても、エクステリアと植物でかっこよくデザインできれば、ご近所さんから憧れられる、建築雑誌から飛び出してきたような趣味のいいオシャレな家に見せることもできるのです。

これは建売住宅のエクステリアのお仕事をやらせていただくと顕著に分かることですが、それまでダサい外構で全然売れなかった建物が、外構をカッコよくデザインしただけでお問い合わせが増え、あっという間に売り切れてしまいました。それを知ったディベロッパーさんは、その後外構にもしっかり予算をとって業績を伸ばされていましたが、外観をちょっとこだわるだけで、建物の価値を何倍も高めてくれると身を以て実感しました。

また、見た目のデザインだけでなく、動線やスペースの有効活用といった意味合いでもエクステリアは重要です。特に都会の狭い空間を、いかに広々と見せ、使いやすくするかも設計手腕が問われる部分です。

エクステリアもお庭も予想以上にお金がかかります

エクステリアは重要なのに、どうしてどの家もショボい外観になってしまうのか。その原因の多くは、最初の予算決めにあります。ハウスメーカーの人は家を売るのが仕事なので、出来るだけ家にお金を使わせようとします。エクステリアも含めたトータルで家づくりをしようと提案する営業マンはほぼ皆無で、「外構の予算はとりあえず100万円みておきましょう」と、何の根拠もない数字でお客さんを丸め込んでいるのです。

でも実際は、外構もお庭も結構お金がかかります。私のところにご相談に来られるお客様のほとんどが、100万円でできる内容を知って愕然とされていました。「そんなにかかると知っていたら、もっと他で節約したのに・・・」と、後悔しているお客さんがあまりに多く、それを見る度に気の毒で仕方ありませんでした。

家づくりをするときはまずは建物や設備、インテリアが話の中心になってくると思いますが、もし外構やお庭も充実させたいのであれば、早い段階で希望を叶えるための大まかな予算を把握し、確保しておくことが重要です。

失敗したくないなら、信頼できる専門家を探せ

先ほど、「ハウスメーカーの営業マンはトータルで家づくりを考えていない」と言いましたが、それはある意味仕方のない事でもあります。私だって、エクステリアやお庭の専門家ではありますが、建物についてはほとんど分かりません。つまり、家を作る専門家と、家以外の外回り(外構やお庭)を作る専門家は、全くの別物なのです。

しかし、ほとんどのお客さんはそれを知らないため、家を建てたハウスメーカーに外構もそのままお願いしてしまいます。それが普通だと思っているからです。そして、デザインもよく分かっていない専門外の人が何となく作った外構やお庭が、残念な結果となって町中に溢れているのです。同じお金を出すなら、使い勝手が良く、デザインもかっこいいものにすればいいのに、何て事だ!と思いますが、これが現実なのです。

親戚にも「よかったら相談してね」と念のため声は掛けたのですが、ハウスメーカーでトータルで頼んだ方が安心だからとか、有名なメーカーで設計もベテランだからデザインもちゃんとしているとのことでしたので、私も余計なことは言わないでおこうと見守っていました。かつてのライバル会社でもあったので、お手並み拝見という気持ちもありましたが、蓋を開けてみると本当に残念すぎる仕上がりで、これが天下のあのハウスメーカーの設計かと正直驚きました。

とはいえ、デザインはセオリーはありますが正解はない世界なので、それでいいと本人が納得しているならそれが一番です。しかし、もしちょっとでもいいものを作りたいのであれば、ハウスメーカーの設計と並行して、エクステリアの専門家にも相談し、デザインや予算を比較検討することをお勧めします。私のところにご相談に来てくださったお客様も、確かに予算は上がるけど(そもそもハウスメーカーの予算取りがおかしいのですが)、それ以上の価値を感じて依頼してくださる方がほとんどでした。

家づくりは決める事や考えることが多く、外構にたどり着く頃には疲れ果ててしまって、気力もお金もなくなっているパターンも多いのですが、こういう話もあるんだ、と頭の片隅にでも置いて計画していただければ幸いです。エクステリアもお庭も、みなさんが想像している以上に生活を豊にしてくれる素晴らしい世界ですよ!

まだまだ書きたいことは山ほどありますが、この内容に需要があるのか分からないので今回はこの辺にしておきます。もしご質問や聞いてみたい内容がありましたらお答えしますので、お気軽にお寄せください^^


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
60
動物、植物が大好きな元ガーデンデザイナー。おもしろい人に出会いたい&おもしろい事してみたい!がきっかけでノートを始めました。日常生活で感じるアレコレを広〜く浅〜く、のほほんとした内容でお届けしていきます。特技はイベントの幹事、お片付け。趣味はうさぎと遊ぶ事、旅行など。
コメント (6)
凄くわかります!家建ててそのままハウスメーカーの外構の提案をされましたが、納得できず自分で色々探して信頼できる方にお願いしました!
しっかりヒアリングをしていただき納得いく提案をしてくれました!
808さん、コメントありがとうございます❣️いい話が聞けてなんだか私まで嬉しくなっちゃいました😍✨そうなんですよ‼︎意識が高くて行動力のある方は808さんのようにちゃんと自分に合った外構探して素敵なお家になるんですが、業者さんに言われるがままにやって納得いかず、またお金をかけてリフォームってパターンも結構多いんですよ😢
いい出会いがあって納得できる仕上がりになって本当によかったですね💕素敵な外構は街並みにも貢献していると思います❣️
興味深い記事でした。家を建てたことがないのでなんともですが。
移住先が定ったら動き出す予定ですが、本厄&妻の説得中なもので。いつか建てる事になったら相談させて下さい!
まーじゅさん
ありがとうございます😍そう仰っていただけてとっても嬉しいです❣️
そうですよね、皆さん家建てるのは一生に1度あるかないかの経験ですものね。はい、もし何かお役に立てることがあればお気軽にお声がけください!!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。