見出し画像

激重オタクが三次元の推しをきっかけにイメチェンした話

三次元の推しに出会って、二年がたとうとしています。

人生の半分近くオタクをしているような人間ですが、三次元の推しというのは今回が初めて。ハマっているジャンルがジャンルなので、私は推しの顔も手も知りませんが、それでも『同じ次元にいる』のはかなり刺激的です。

そう、あまりにも刺激的すぎて、私はこの一年間イメチェンに命をかけてきました。会うことは一生ないだろうに、推しがこの世界にいるというだけで。

画像1


これは推しに狂った激重オタクによる根性のイメチェン記事です。



おしゃれに興味がなかった学生時代

学生時代はとにかくおしゃれに興味がありませんでした。

中学から大学にいたるまでは、二次元の推しにハマり続けていました。大体が有名ジャンルだったため、イベントは多数。服やコスメに使う金があるのなら、アクリルキーホルダーのランダムガチャに金をかけたいという思いがあり、見た目は全く気にしませんでした。

本当に気にかけていませんでした。

サムネにも設定しますが、その時の私がこれです。

画像2


少年か?

この後も粋がって髪を染めたり、柄のやばい服を着まくる時代が続きます。バイトからの帰り道週三くらいで警察から補導を受けていた悪夢がよみがえってきますね。

正直に言ってしまうと、これはこれで楽しかったです。ただ私は乙女趣味な部分もあるので(なんかこうもっとかわいくなりたいんだよな、本当は……)とずっと思っていました。けれども服がありません。コスメもありません。かわいくなる方法もよくわかりません。

そんな時、今の推しに出会いました。


同じ次元に存在する推しがはじめてできた


幕末志士の坂本さん。彼が私の推しです。

もともとゲーム実況は好きで、いろんな方の動画を見てはいました。また中高がニコニコ動画最盛期だったので、幕末志士の動画も再生した覚えがあります。知っていたのに、突然ハマりました。

なぜこんなに狂っているのか自分でもよくわからないのですが、トークの上手さや魅力的なキャラクターデザイン、海千山千感すべてがツボでした。しかも動画はわけがわからないほど面白い。有料会員のラジオも笑える。見る見るうちにハマりました。

中でも彼の努力家の部分が大好きでした。それから常に前向きであることも。

ハマっているうちに、なぜ自分は可愛くなりたいのに、なにも行動せずずっと迷っているんだ……推しはこんなにも努力をしていて、自分のやりたいことを一生懸命やっているのに……という思いがわきました。

そして小ぎれいなオタクになりたい……と強く思いました。


まともな見た目になりたいけどどうすればいいの?

青春時代周りがおしゃれしていた時期に、オタク活動を精力的にしすぎたせいで、こちらのおしゃれ知識は0です。

自分に似合う色よりも推し色を選んでしまう、そんな人生を歩んできました。

正直言うと大変でした。この一年間、友人やインターネットの力を借りながら、時には診断を行ったりして、なんとか小ぎれいな状態になりました。

ここで私の進化歴をたどりましょう。

画像3

↑これが

画像4

↑こうなりました。

一枚目が十カ月前、そして二枚目が最近の写真です。

まだまだですが、少しは自分に合った服を着こなせるようになったのではないでしょうか。

次に小ぎれいになるために実践したことを書いていきたいと思います。


オタクが小ぎれいになるために実践したこと6つ

①自分をお姫様だと思い込む

頭がおかしいとしか思えませんが、自分はお姫様だと思い込むことにしました。お姫様だと言ってれば、自分の中に美意識と自己肯定感が生まれると思ったからです

実際私は「初夏…お姫様だもんね」が口癖のヤバいツイッターアカウントを今、所有しています。裏で「あのオタクやばいよな」と言われてる気しかしないのですが、私の周りは優しい方ばかりで「初夏さんはお姫様」という謎のイメージの定着に成功。

少なくとも私はこれで自分の見た目を気をかけるようになりました。お姫様でも王子様でも貴族でも何でもいいと思いますが、ある種のナルシストは人を成長させてくれます。

②どんな風になりたいのかをイメージする

なにごともそうですが目標が決まっていないと、モチベーションもあがらないし、自分がいまどこにいるのかもわかりません。

どういったタイプになりたいのか。芸能人でもキャラクターでもいいから、どんな人になりたいのか。目標設定はけっこう大切だと思います。また雑誌でいうとどのタイプかも考えるといいです。

私は『都会に生きるお姫様』がこの一年のテーマでした。

女優ならば満島ひかりさんのようにありたいと思っています。


まだ遠い。早くこんな感じになりたいですね。


③PC診断や骨格診断で客観的に自分を理解する

パーソナルカラー(PC)診断や骨格診断は高額ではありますが、一度は受ける価値があると思います。客観的に自分を知ることができ、その人自身に合った垢抜け方がわかります。


私の場合は、PC診断はブルベ冬。骨格はウェーブでした。
実際に服を合わせるとわかるのですが、たしかに冬の色(特に色味が濃いもの)をまとうと、心なしか垢抜けている気がします。上げた写真は三枚とも特に体重の増減はありませんが、ウェーブに合う服を最近は選んでいるので、スタイルが良くなったように見えるという嬉しい効果も。

私の場合はダボっとした服よりも、ハイウエストで体のラインがよくわかる服のほうが綺麗に見えるみたいです。

あと推しのカラーを身につけるにしても、いろんな色がありますよね。例えば赤を着たい! と思っても、青みがかった赤が似合う人もいれば、オレンジ系の赤が似合う人もいます。

自分に似合う色のニュアンスがわかると、メンカラをより素敵に身につけることができるのでおすすめです。

④とにかく試行錯誤をする

とにかく努力しかない。

よさげに見えても、実際に「う~ん……」という感じのメイクや服もあったりします。自分に合ってないのです。

私はセンスが終わってる人間なので、とりあえず友人にアドバイスをもらいつつ改善しました。色味に関してだとか、髪色はグレージュがいいとかそういう話はだいたい友達に相談しました。

とくに一年前、自撮りを毎日ラインで送るようにいい、優しい誉め言葉とともに改善点をたくさんくれた元フォロワーには頭が上がりません。ジャンルが変わってしまい、いつしか疎遠になってしまいましたが、あのころ助けられたオタクはなんとか今日も生きぬきました。元フォロワー、元気ですか。

⑤情報収集をいつも心がける

インターネットには本当に助けられました。私は完全ROMの美容垢を持っているんですが、とりあえず忙しい時も毎朝チェックをするようには心がけています。

またyoutuberの方もよく参考にしています。

おすすめはひなちゃん5しゃいさん。

かわいいに対して努力を怠らない姿勢が大好きです。

自分の顔のパーツを数値化して客観的に見るだとか、部位ごとに似合うメイクを考えるとか、そういった思想はかなりこの方の動画に影響されています。

あとプロはすごいということで、BAさんや美容師さんからアドバイスも受けるように心がけました。限界発言をしますが、おかげさまでイベントがなくても髪を切るようになりました。プロ、オタクを助けてくれていつもありがとうございます。


⑥姿勢など外見以外の面も気をつける

猫背の女なんですが、少なくとも外では姿勢と歩き方を気をつけるようにしています。貴族めいた服を着ているので、猫背だとみっともないからです。

あと人の所作やスタイルでいいなあ~と思うところはできるだけマネしようと思っています。最近は部屋を綺麗にして一カ月ほど経ちました。自炊もするように心がけています。

画像5


これは台所です。

いい家ですね。

自画自賛ですが、頑張っていると思います。

まだまだ至らないところばかりなので、引き続き頑張ろうと思います。


推し!私をかわいくしてくれてありがとう!

三次元にハマってなかったら多分今の自分はいなかったと思います。

メイクも服も好きなようにすればいいというのが持論ですが、自分に似合う服や色がわかると自分のことを好きになれてうれしかったです。

ビビッて遠目から見ていたデパコスを今では普通に買えるようになったことも嬉しい。正直なところ、仲のいいBAさんができるとは自分でも思っていませんでした。

推しの努力の鬼な部分を見習って、これからもイメチェンを頑張ろうと思います。推し!!!!!!ありがとう!!!!!!!!!!!!!!!!!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

最近夢遊病が悪化して、睡眠中アマゾンで買ったらしい本がたくさん届きます。身に覚えがありませんが、履歴を見ると確かに購入している。破産しそうです。助けてください。

253
ライター。小説やエッセイなどを書いていきます。 twitter→@machinosyoka お仕事依頼は→machinosyoka@gmail.comまで

こちらでもピックアップされています

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 18719本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。