見出し画像

数学の宿題はどれだけやればいいのか問題 2

 前回の記事では、宿題の量は1日どのくらいがベストなのかについて書いてみました。サクッというと、

数学ならば、1日90〜100分が最適で、
理科ならば、1日80〜90分が最適量

やりすぎると、逆に成績が落ちる

という感じでした。

 今回は宿題についての2回目。参照する論文は前回と同じですが、この論文によると、宿題時間や量よりももっと成績に関わる関わる因子があります。なんと、2倍。



 それは、自主性、です。

この続きをみるには

この続き: 739文字 / 画像1枚

数学の宿題はどれだけやればいいのか問題 2

math-like

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
エビデンスのある数学の教育方法を紹介するnote。と言いつつの雑記(笑) ブログhttps://mathlikeb.hatenablog.com/archive ツイッター@mathlikes