見出し画像

八王子のカラオケボックスで書類作成、吉祥寺で映画鑑賞、原種シクラメン、などの一日。#kurukeredo

2021年1/13(水)3520



https://twitter.com/toiimasunomo/status/1348962606917144584
きのうはYouTubeで
#翻訳ラジオ
を聴こうと待機していたが、
何十分か待っても始まらず、
色々あって疲れすぎていたため、
そのまま眠ってしまった。



https://twitter.com/toiimasunomo/status/1349152354076160000
翌朝に読んだ最終巻、
よかったです、
『#メタモルフォーゼの縁側』。
短歌にしたくなったので、
#読んで詠んで
というタグを始めてみたが、
続かないかもしれない。



https://twitter.com/toiimasunomo/status/1349155007837265921
#本と雑談ラジオ の
更新作業が滞っていて、
すみません。
Podcast版の音声も、
まだ聞けてないのですが、
古泉さんが音を調整したり、
聞き取りにくい部分を
カットしたりしてくれたのかな?
https://twitter.com/fujiccoh/status/1349294841377611779



https://twitter.com/yubinin10000/status/1348933787405623296
#ポエトリー
は退屈そうなタイトルで、
観たくならないでしょうけど、
衝撃的な傑作。
ひどい話とも言えます。
私は韓国映画の監督だと、
昨今話題の監督たちより、
圧倒的に
#イ・チャンドン 一択です。
その監督作の中でも一番かも。
#オアシス
と迷うけれども。



https://twitter.com/higaml/status/1348179625394851840
ごめんなさい、
#星の子
の映画の話は、
#本と雑談ラジオ友の会
のほうでちらっとだけ
話してしまったのです。



https://twitter.com/yubinin10000/status/1348580171155009536
#みんへん 、
版元から買取した本を今朝、
やっと受け取れました。
段ボール箱いっぱい。
https://twitter.com/toiimasunomo/status/1348430067483897857

この続きをみるには

この続き: 2,947文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
登録していただいたメールアドレスに毎日、メールでも同じ内容の日記が届きますので、noteサイトでも読めるし、メールでも読めます。

内容は、月700円で購読できるマガジン『毎日のように手紙は来るけれど』(https://note.com/masuno/m/m945bf3…

新人賞について書いた過去日記の一部も、このマガジンで読めます。【#枡野書店を利用する会 会員のかたは購入する前に、サークル内の掲示板をご熟読ください。】

いつもはゲストを招いて二人でお話する #枡野と短歌の話 ですが、今回は枡野浩一ひとりで話しました。

このマガジンのことを先に知っていたら購読したかったけれど、先にBOOTHで小説『あしたには消えてる歌』を購入してしまった……というかたは、noteアカウントを明記した上で、枡野浩一 ii@masuno.de までメールください。何らかの対応をします。

いつか完成させたい長編小説『あしたには消えてる歌であるように冷たい音を響かせていた』の情報マガジンです。 このマガジンを購入すると、「小…

▼執筆を再開すると言ったものの、足踏みしていて恐縮です。テレビやライブの「お笑い」に言及したときの私の日記も、随時このマガジンにいれてますので、更新頻度は高いです。興味ある方はぜひ。

▼https://note.com/masuno/n/n5cf43898d0d5 というわけで執筆を再開したい。長く休止していて、すみませ…

1.枡野がnote(https://note.com/masuno)でゲストごとの有料マガシンを作成、販売します。売上の50%がゲストへ分配される仕組み。 2.マガジンに関連記事も掲載。 3.当日、YouTube限定アドレスをnote記事に公開します。生中継するか事前録音するかは、ゲストによります。 【※サークル「#枡野書店を利用する会」の会員は、このマガジンを購入する前にサークル内の説明をご覧ください。】

#枡野と短歌以外の話 ▼第1回ゲスト #内田かずひろ 氏(代表作『ロダンのココロ』。枡野浩一との共著に『ガムテープで風邪が治る』『結婚失…

教科書に短歌が載っている歌人の枡野浩一が、2011年4月から毎日ちゃんと配信してきた世にも珍しい有料メルマガ「毎日のように手紙は来るけれど」、noteに引っ越しました。表現についてずっと考えています。

短歌、言葉、その周辺の仕事。興味のあることだけやって二十数年生活してきた歌人の、あやまちだらけの毎日を知ることで気持ちがきっと楽になります…

noteサークル「#枡野書店を利用する会」(https://note.com/masuno/circle)をよろしくお願いします。「アサガオ」という名前のコースで、ここより安い金額でやっています。

活動拠点をnoteサークル「#枡野書店を利用する会」(https://note.com/masuno/circle)へ移行するため、ここは…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

もしお役に立ちそうな記事があれば、よろしくお願いします。

深謝! 私もです。
5
『ドラえもん短歌』(小学館文庫)重版出来! 短歌小説『ショートソング』(集英社文庫)は約10万部のヒット、小手川ゆあさん作の漫画版がアジア各国で翻訳されてます。電子版あり枡。南阿佐ヶ谷「枡野書店」店主。トークイベント「#枡野と短歌の話」はnoteマガジンを購入すると視聴できます。