見出し画像

落馬とライク・ア・バージン、嫌いボタンとショートソング、夫婦別姓と結婚失格、などの一日。#kurukeredo

2020年11/19(木)3465



https://twitter.com/toiimasunomo/status/1329246487805456385
#落馬 にはお気をつけて。
馬に蹴られて亡くなった人、
身近に案外います。



https://twitter.com/toiimasunomo/status/1329224013923553280
#嫌いボタン。
SNSはいつもどんどん
望まない方向へ退化していく。
https://twitter.com/toiimasunomo/status/1329249860504043520



https://twitter.com/toiimasunomo/status/1329313981685657602
#姓 の部分に着目して
『#結婚失格』を
読んでくれた人はいない。
そこに夫婦の力関係が
如実にあらわれていたのに。
https://twitter.com/toiimasunomo/status/1329305296406081538



この続きをみるには

この続き: 1,517文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
登録していただいたメールアドレスに毎日、メールでも同じ内容の日記が届きますので、noteサイトでも読めるし、メールでも読めます。

内容は、月700円で購読できるマガジン『毎日のように手紙は来るけれど』(https://note.com/masuno/m/m945bf3…

▼執筆を再開すると言ったものの、足踏みしていて恐縮です。テレビやライブの「お笑い」に言及したときの私の日記も、随時このマガジンにいれてますので、更新頻度は高いです。興味ある方はぜひ。

▼https://note.com/masuno/n/n5cf43898d0d5 というわけで執筆を再開したい。長く休止していて、すみませ…

1.枡野がnote(https://note.com/masuno)でゲストごとの有料マガシンを作成、販売します。売上の50%がゲストへ分配される仕組み。 2.マガジンに関連記事も掲載。 3.当日、YouTube限定アドレスをnote記事に公開します。生中継するか事前録音するかは、ゲストによります。 【※サークル「#枡野書店を利用する会」の会員は、このマガジンを購入する前にサークル内の説明をご覧ください。】

#枡野と短歌以外の話 ▼第1回ゲスト #内田かずひろ 氏(代表作『ロダンのココロ』。枡野浩一との共著に『ガムテープで風邪が治る』『結婚失…

1.枡野がnote(https://note.com/masuno)でゲストごとの有料マガシンを作成、販売します。売上の50%がゲストへ分配される仕組み。 2.マガジンに関連記事も掲載。 3.当日、YouTube限定アドレスをnote記事に公開します。生中継するか事前録音するかは、ゲストによります。 【※サークル #枡野書店を利用する会 の会員は、このマガジンを購入する前にサークル内の説明をご覧ください。】

#枡野と短歌の話 第3回ゲスト #池上きくこ さん(#葉ね文庫 店主) @tobiyaman 10/16(金)21:00〜22:30…

教科書に短歌が載っている歌人の枡野浩一が、2011年4月から毎日ちゃんと配信してきた世にも珍しい有料メルマガ「毎日のように手紙は来るけれど」、noteに引っ越しました。表現についてずっと考えています。

短歌、言葉、その周辺の仕事。興味のあることだけやって二十数年生活してきた歌人の、あやまちだらけの毎日を知ることで気持ちがきっと楽になります…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

もしお役に立ちそうな記事があれば、よろしくお願いします。

深謝! 私もです。
7
『ドラえもん短歌』(小学館文庫)重版出来! 短歌小説『ショートソング』(集英社文庫)は約10万部のヒット、小手川ゆあさん作の漫画版がアジア各国で翻訳されました。電子版あり枡。南阿佐ヶ谷「枡野書店」店主。トークイベント「#枡野と短歌の話」はnoteマガジンを購入すると視聴できます。

こちらでもピックアップされています

『44歳、僕は自殺をやめて地下芸人になった』
『44歳、僕は自殺をやめて地下芸人になった』
  • 207本
  • ¥1,000

▼https://note.com/masuno/n/n5cf43898d0d5 というわけで執筆を再開したい。長く休止していて、すみません。▼小説かもしれないし自伝かもしれません。▼書き下ろしは読者の反応がなくて不安です。書いている期間の収入を得ることができません。そこでクラウドファンディング的な試みとして、noteで「連載」することにしました。▼強気の1000円。執筆中の試行錯誤を、ライブとして面白がれる方のみご購入ください。無事に本として刊行されることになったら、購入者のお名前を本にクレジットしたいです。▼中身は随時、加筆修正を繰り返します。文章が少しずつ増えたり、突然ごっそり減ったりするかも。執筆中の文章を別の場で「引用」したりするのは、ご遠慮いただけると助かります。事実誤認などのご指摘がありましたら、それを反映していきます。コメント欄へのご意見ご感想ご質問リクエスト、歓迎します。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。