見出し画像

本が売れる理由って表紙が9割、2年間の活動だったから書くのに2年かかるのでは、短歌はまだ私をやめていないけれど、などの一日。#kurukeredo

2020年5/22(金)3285





https://twitter.com/onennetaishi/status/1263454768510328833
この小説、
久々に読み返したら、
自分で笑ってしまった箇所も。
それが詩人の功績だったと、
こんなにあとに痛感するとは。



https://twitter.com/sora__me/status/1263637393824858112
すくすく育ちますように。



https://twitter.com/toiimasunomo/status/1263463424228548609
小谷野敦さんが評価する映画。
ネタバレあり。
『さんかく』大好きです。
https://twitter.com/tonton1965/status/1263659997189206016



https://twitter.com/toiimasunomo/status/1263466529728933891
食べ物をより
おいしく食べるために加工、
なんてこと滅多にやらないのだが。
うちにワッフルメーカーというか、
モッフルの機械があるんですよ。
わたあめメーカーは枡野書店にある。
いずれもメルカリで購入。



https://twitter.com/toiimasunomo/status/1263488244060000257
永遠の長さをいじる、
という発想の短歌は
私にもある。
https://twitter.com/toiimasunomo/status/1263488501967802368



この続きをみるには

この続き: 2,056文字
この記事が含まれているマガジンを購入・購読する
▼テレビやライブの「お笑い」に言及したときの私の日記も、随時このマガジンにいれてますので、更新頻度は高いです。興味ある方はぜひ。

▼https://note.com/masuno/n/n5cf43898d0d5 というわけで執筆を再開します。長く休止してすみませんでし…

教科書に短歌が載っている歌人の枡野浩一が、2011年4月から2018年9月まで毎日ちゃんと配信してきた世にも珍しい有料メルマガ「毎日のように手紙は来るけれど」、noteに引っ越しました。表現についてずっと考えています。

短歌、言葉、その周辺の仕事。興味のあることだけやって二十数年生活してきた歌人の、あやまちだらけの毎日を知ることで気持ちがきっと楽になります…

noteサークル「#枡野書店を利用する会」(https://note.com/masuno/circle)をよろしくお願いします。「アサガオ」という名前のコースで、ここより安い金額でやっています。

活動拠点をnoteサークル「#枡野書店を利用する会」(https://note.com/masuno/circle)へ移行するため、ここは…

または、記事単体で購入する

本が売れる理由って表紙が9割、2年間の活動だったから書くのに2年かかるのでは、短歌はまだ私をやめていないけれど、などの一日。#kurukeredo

歌人 枡野浩一

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

もしお役に立ちそうな記事があれば、よろしくお願いします。

深謝! 私もです。
5
『ドラえもん短歌』(小学館文庫)重版出来! 短歌の青春小説『ショートソング』(集英社文庫)は約10万部のヒット、小手川ゆあさん作の漫画版がアジア各国で翻訳されています。電子版あり枡。南阿佐ヶ谷「枡野書店」店主。『44歳、僕は自殺をやめて地下芸人になった』をnoteマガジンで連載。

この記事が入っているマガジン

『44歳、僕は自殺をやめて地下芸人になった』
『44歳、僕は自殺をやめて地下芸人になった』
  • 161本
  • ¥1,000

▼https://note.com/masuno/n/n5cf43898d0d5 というわけで執筆を再開します。長く休止してすみませんでした。▼小説かもしれないし自伝かもしれません。▼書き下ろしは読者の反応がなくて不安です。書いている期間の収入を得ることができません。そこでクラウドファンディング的な試みとして、noteで「連載」することにしました。▼強気の1000円。執筆中の試行錯誤を、ライブとして面白がれる方のみご購入ください。無事に本として刊行されることになったら、購入者のお名前を本にクレジットしたいです。▼中身は随時、加筆修正を繰り返します。文章が少しずつ増えたり、突然ごっそり減ったりするかも。執筆中の文章を別の場で「引用」したりするのは、ご遠慮いただけると助かります。事実誤認などのご指摘がありましたら、それを反映していきます。コメント欄へのご意見ご感想ご質問リクエスト、歓迎します。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。