見出し画像

『嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか』

bambi19

コトイチレベルの面白さ。


『嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか』 鈴木忠平

なぜ 語らないのか。
なぜ 俯いて歩くのか。
なぜ いつも独りなのか。
そしてなぜ 嫌われるのか――。

中日ドラゴンズで監督を務めた8年間、ペナントレースですべてAクラスに入り、日本シリーズには5度進出、2007年には日本一にも輝いた。それでもなぜ、落合博満はフロントや野球ファン、マスコミから厳しい目線を浴び続けたのか。秘密主義的な取材ルールを設け、マスコミには黙して語らず、そして日本シリーズで完全試合達成目前の投手を替える非情な采配……。そこに込められた深謀遠慮に影響を受け、真のプロフェッショナルへと変貌を遂げていった12人の男たちの証言から、異端の名将の実像に迫る。
「週刊文春」連載時より大反響の傑作ノンフィクション、遂に書籍化!(版元.com)



ラジオで佐久間さんがオススメしていて気になって。読む前は分厚さに気後れしてたけど、どんどん落合博満の魅力というか底知れなさに夢中になっていった。

迎合せず、あくまでも乾いた関係でドラスティックに。でもそこには好き嫌いや個人の嗜好が介在しない、誰のためにもしない、誰のせいにもしない、契約したことを遂行し自分のために行動するという極めてシンプルな行動原理があって、その単純すぎるが故に万人には受け入れ難いものであったのだと思う。

著者も述べている通り、いくら言葉を重ねても落合博満という人間の深淵には辿り着けないんだと思う。でもその男を中心として八年かけて考えが伝播・浸透していき、孤独を持ち合わせた個の集団が、自分の判断を貫きながら最後にリーグ優勝を掻っ攫うシーンは最高だったしどんなドラマも勝てない。

野球・スポーツ好きも、自己啓発好きも、ビジネスマンも、小説好きも、どの側面からも最高に面白い一冊なのでめちゃくちゃオススメです。

大河ドラマで実写化してほしい。


この記事が参加している募集

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
bambi19
生活日和