見出し画像

はじめまして

はじめまして。

@小さな会社の経営者😎🌴上野正毅です。
1982年1月22日の東京生まれ東京育ちです。

趣味:サーフィン、ランニング 、映画、読書、ゲーム/king's christian college卒業/ 職業:小さな会社の経営者、ほか/祖父母に育てられ、途中で道を逸れて、高校もクビになり、遊び飽きて18歳でAustraliaへ🇦🇺僕を変えてくれたのは人との出逢いと海外生活

大した経歴もなく、自己紹介なんて烏滸がましいのですが...一応簡単にさせてください(笑)

僕は産まれてすぐに母方のおじいちゃんとおばあちゃんのもとへあずけられました。

ボロボロの家でしたがふたりとも学校の先生でしたのでお金がなかったわけではなく『質素倹約』という言葉が似合うおじいちゃんとおばあちゃんでした。

小学校3年生から小学校5年生までは母親と一緒に暮らしました。
僕の母親はクラブや雀荘の経営をしていました。
夜になるとクラブなどに連れて行かれ、あちらの世界の方々や会社の社長さんなど大人と話したりしていました。 大人の世界を知りました。

訳あってまたまた小学校6年生からはおじいちゃんとおばあちゃんのもとへ。
おじいちゃんとおばあちゃん、寝るのがはやい…
幼少期の経験が功を奏し...(笑)真っ当な道ではなく中学から逸れに逸れて...
高校もクビになり毎日、夜の池袋へ...

画像6

悪いことはほぼほぼやり尽くしました。
どうしようもないことばっかして本当に迷惑をかけました。

そんな毎日を過ごしていた中、付き合っていた彼女が海外の大学に行くとなり。最初は興味がなかった僕も今のままだとさすがにヤバい。環境変えるしかないのか?と悩み始め…

海外... もちろん行ったことはない。
でも、、、漠然と

『何か変わるんじゃないか?』

可能性無限大という言葉を信じ…
ドラムバックに洋服つめて30万握りしめ、そんな感覚で行きました。英語だって話せないし海外だって行ったことはない僕は完全にノリです(笑)

オーストラリアに着いて、感想を一言で言うと、

『衝撃』

でした。

画像1

何をしていたんだろう...そんな感じでした。
ショックと、胸にドーンと来るものがありました。

画像2

※僕が毎日のように通っていたバーレーヘッズ。いい波がくるんです。

まずは生活費を稼ぐためにアルバイトの毎日。そこでたくさんの人に会いました、助けてもらいました、仕事も大好きになりました。
でも、このままでは日本に帰国してから仕事がないということで。
とりあえず英語を覚えようと、BOND大学附属の語学学校へ。

画像3

画像4

10ヶ月くらいはいたかな?

でも、、、
ここで終わったら日本に帰って仕事なんてないんじゃないか?
何か専攻がないとダメ?と考えて今度は日本人がいない内陸の学校へ。
そこは幼稚園から小中高、カレッジが併設されている附属の学校、kings christian college へ。

画像5

専攻はなんとなく興味があったマーケティング。

英語が得意ではない僕は授業についていくのがやっとで...マジできつかった。
毎日先生の部屋の扉をたたき先生にお願いして教えてもらっていました。そこはいつからかMasaの机と言われるようになっていました笑

学校を卒業してからは日本へ帰国。
マーケティングの会社で3年働き、結婚。
ですが、せっかく取得した永住権の期限が切れるぞと言うことで子供がお腹の中にいる妻と一緒にまたまたオーストラリアへ。
もちろん仕事もない無職。バカとしか言いようがありません(笑)
さすがに当時の友人たちはそれぞれの国へ帰っていましたので最初はホテルへ。
なかなか家が決まらずやっと見つけた友人宅へ妻と一緒に転がり込んだのを覚えています。
大変だった...笑

そこから仕事や家を探し、やっと見つけたと思ったら日本にいる姉から電話が鳴り。
母が末期でそろそろまずいと...一時帰国。ドタバタとはこのことです。
帰国した次の日に母は58歳で天国へ。自分の好き放題生きた、でも一生懸命かけ抜けた一生だったと思います。

母親の死は本当にショックです。でも、僕にはお腹にいる子供や仕事、いろんなものが待っています。お葬式なども終わりひと段落させてまたオーストラリアへ...大丈夫か?俺の人生...(笑)

今度は妻の出産、初産、しかも海外で英語。まじ専門用語とか言ってる意味が全くわからない!!
よし産まれた!!これから子育てだ、とそんな矢先。妻がちょっと病に...

ほんと色々考えて帰国することに。

日本に戻ると妻の体調も少しづつ良くなりました。今は子ども3人の父で小さな会社の経営、コンサル、妻の実家の会計事務所を手伝っています。

最後の方、結構雑に締めましたが(笑)

自己紹介から何かを伝えたいとしたら。
僕が変われたのは人との出会いと海外生活です。人間はそう簡単には変われないと言いますがそうではないと思います。変わる気がないだけ、もしかしたらそうかもしれません。なので、変わりたい、何かを変えたいと思っている方には思い切って行動することを強くお勧めします。

僕がオーストラリアで学んだ3つのこと。

①「時間配分を考える」②「住む場所を変える」③「付き合う人を変える」

僕は今38歳ですが本当に楽しいです。
(かなり端折りましたが)

僕の38年の生き方と最後に少しですが僕の考え方という形で自己紹介を締めさせて頂こうと思います。

お付き合いありがとうございました。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

よろしければシェアもお願いします!
42
趣味:サーフィン、ラン、映画、読書、ゲーム/king's christian college卒業/ 職業:小さな会社の経営者、ほか/祖父母に育てられ、途中で道を逸れて、高校もクビになり、遊び飽きて18歳でAustraliaへ🇦🇺僕を変えてくれたのは人との出逢いと海外生活
コメント (2)
ご苦労なされてるのですね、人との出会い本当大切ですよね
フォローありがとうございます、色々ビジネスなど教えてください、宜しくお願い致します
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。