営業

今日からしばらく営業について学んだことをアウトプットしていきたいと思います。

営業で大切なこと

画像1


下調べ

HP

経歴

取引先

代表のSNS

趣味

興味

これらをチェックしておくことで会話に繋がります。話が止まることがなくなりますし、きちんとチェックしてくれているんだなと相手にわかってもらえます。


次に身嗜み

当たり前ですね!人は見た目が9割って本があるくらいですから

革靴が汚れていたり、シャツがシワだらけだったら嫌ですよね?

画像2


(営業中)のお話です。

①話さないで聞く→聞くことにとにかく徹してください。相手は話を聞いてくれていると感じるとあなたに心を開いてもっと色々話をしてくれるようになります。そこから「こんなことに困ってないですか?」とか営業トークを仕掛けていくのです。

②資料を説明する時は相手を見る→相手の表情を見ることによって今話していることに興味を持っているのかわかります。つまらなそうであればそのページの説明は短めにしましょう。

③できないことでも持ち帰る→営業に行くと「こんなことはできないの?」と必ず聞かれます。これに対してすぐにできませんと言うのではなく、一度持ち帰って確認させていただきますと伝えましょう。確認してくれる→手間をかけてくれる

ただ返信はできるだけ早く行いましょう


(営業後)

①約束を守る→説明するまでもありませんね。

②レスポンスは早く→朝LINE送ったのに夕方になっても既読がつかないとか。レスポンスが遅いとチャンスを逃すことが多いです。例えば、「この後競合の話聞くんだけど、先にこっちに契約しようと思ってる」とか。見なかったことによって競合に契約を取られると言う事は多いです。

③与えることを惜しまない

断るときにこちらではできないですが、ーさんの会社ならできますよと相手の役立つ情報を与えましょう!こういう感じで相手を得させることってすごく大事なんです。何か困ったことがあった場合に連絡が来るようになります。


その他

お誕生日:FacebookやLINEなどで繋がっていると誕生日の日に通知がきます。その日にメッセージを送りましょう!相手からしたらなんで知ってるの?ってびっくりされるでしょう。とても喜んでくれるはずです。

お正月の挨拶


(その他)

行事ごとには連絡をしましょう↑

自信を持つ→声が小さかったり、モゾモゾしてるこの人は自分の商品に自信ないのかな?と思われます。ここでの商品とは、営業力などのスキルや会社が売っている商品も含まれます。

夢を持つ→中年のおじさんに多いですが、若者に将来の夢は?と聞くことが多いです。すぐに答えられると好印象になるでしょう。僕の場合は起業したいと思っているのでそれを伝えてます。そうすると起業家の方を紹介してくれたりします。

今日は営業の話をしました。しばらく続きます😊良いと思ったらいいねお願いします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!ありがとうございます☺️
16
初めまして。まさしと申します。3月で会社を退職→現在新しいことに挑戦中 これからは自分で稼ぐ力をつけないといけない時代だと思い、思い切って会社を退職しました。 このブログでは、僕が日々学んだことをアウトプットする場として活用したいと考えております。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。