見出し画像

なぜ青山学院が往路優勝できたのか?第96回箱根駅伝・往路(ハセマサ番外編)

2020年1月2日に東京・大手町から神奈川県・箱根町の107.5kmを5区間に分けて走る、第96回 東京箱根間往復大学駅伝競走「箱根駅伝」の往路レースが開催されました。

往路レースは5時間21分16秒のタイムで、青山学院大学が通算4度目の往路優勝を果たしました。
翌日1月3日に開催される復路で、青山学院大学は通算5度目の総合優勝を狙います。

なぜ、青山学院大学は往路優勝を果たせたのか。
今回は1月2日の往路のレース展開を振り返り、復路への展望をしてみます。

◇区間でのブレーキがなかった青山学院大学

画像1

画像2

↑区間個人順位に注目して作成した表です↑

青山学院大学の往路優勝の要因です。結論からお話しします。

青山学院大学は「ブレーキ」がなかった。
これに尽きます。

今大会の往路は、各区間で過去の区間記録を更新する選手が目立ちました。

2区:相澤晃選手(東洋大学)    1時間05分57秒 (7秒 更新)
3区:ヴィンセント選手(東京国際大学)   59分25秒 (2分1秒 更新)
4区:吉田祐也選手(青山学院大学)   1時間0分30秒(24秒 更新)
5区:宮下隼人選手(東洋大学)   1時間10分25秒(29秒 更新) 

大会ごとに違う天候、2017年にナイキが発売したランニングシューズを各選手が使用し流行している等の要素が絡んでいるので、単純に比較はできません。

青山学院大学は、各区間の選手別成績でみれば、4区の吉田祐也選手が区間賞を獲得した部分に注目するでしょう。
しかし、他の区間で大きな「ブレーキ」がなく、タスキをつなげているのです。

青山学院大学の各選手を個人で比較してみましょう。

区間賞を取った他チームの選手との差が、3区の2分7秒差が最大でした。その他の区間は18秒、1分6秒、15秒と区間賞を獲得した選手に差をつけられていません。
(4区吉田祐也選手は区間賞を獲得しているので、他のチームに差をつけていますが)

復路でも、往路同様に「ブレーキ」なく各選手が走れるならば、青山学院大学の通算5回目の総合優勝は堅いでしょう。

2人も区間賞を獲得した東洋大学、なぜ11位か?

優勝候補に挙げられていた東洋大学は、往路11位でゴール。

2区の相澤選手、5区の宮下選手と区間賞を獲得しながらも、他の区間で失速が目立ちました。

画像3

改めて、区間賞を獲得した選手とのタイム差の画像を引っ張り出してきました。

東洋大学は、1区で「2分」、3区で「4分」、4区で「5分30秒」と、合計で11分以上もタイムロスをしています。

このタイムロスが、結果としてトップの青山学院大学に大きく遅れをとる結果につながりました。

2つの区間で個人トップを獲得しても、他の区間で大幅なタイムロスを強いられているので、11位にとどまってしまうのです。

総合優勝はおろか、10位以内に与えられる次回大会のシード権(出場権)が怪しくなっている東洋大学。
復路の選手は、往路の選手が作ってしまったタイムロスを挽回して、シード圏内に持ち上げなければならない責任がでてきました。

明日1月3日の復路で東洋大学の選手たちがどのようなレース展開を見せるのか、注目してみると箱根駅伝がより面白くなります。

◇まとめ:青山学院大学はこのまま総合優勝するのか?

往路のまとめです。

・青山学院大学は無駄な「タイムロス」がなかったから往路優勝できた
・東洋大学は「タイムロス」を繰り返した結果、下位に低迷した

マラソンや駅伝に興味がない人に説明するならば以上の通りです。
単純にいうなら、時間を無駄にしているかどうかで勝敗が決まった。それだけです。

私自身の見解は、もっと青山学院大学に接近してゴールするチームが現れて欲しかったなと感じました。

往路2位に入った國學院大學とのタイム差は1分33秒。
決して逆転が不可能とは言えません。

しかし、復路を走る5人のランナーが、一人当たり20秒も青山学院大学との差を詰めなければいけないのです。「はじき算」がわかる人なら理解できるでしょう。

逆転に関しては簡単な話ではありませんが、過去の大会では、総合優勝と総合2位の差が15秒しかない場合がありました。

スポーツをやる以上は諦めてはいけませんし、國學院大學の選手たちも青山学院大学の選手たちに見劣りしない実力はあるでしょうから、最後までレースを盛り上げてくれるでしょう。

お正月の風物詩に定着した箱根駅伝。96回目の大会、復路のレースが終わり総合優勝はどのチームの手に渡るのでしょうか。
あなたも是非、箱根駅伝の復路で青山学院大学の走りと、東洋大学はシード権を獲得できるのか含めてその他の順位争いに注目してみて下さい。

#マラソン #駅伝 #箱根駅伝 #青山学院大学 #國學院大學 #東洋大学

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
役に立たない知識をアウトプットする人 ■現在:副業ライター/HTML&CSS勉強■経歴:大学卒→空白期間→食品営業6年→求職中■趣味:ジョギング/節約/資産運用■好物:モータースポーツ/アニメ/ラジオ/白石晴香さん■Twitter=@masasanfk8
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。