自分の中で“知らず知らず隠してた本当の声”に『群青』で気づかされた
見出し画像

自分の中で“知らず知らず隠してた本当の声”に『群青』で気づかされた

最近はありがたいことにWEBライティング周りのお仕事や顧問案件のお仕事、講演のお仕事も増えてきており、夜遅くまで慌ただしく日々を過ごしています。ただ、そのせいで本の執筆からは少し離れてしまっている状態でして。(企画をお待たせしている版元の皆様、すいません)

本を出すことって、自分のビジネスにつなげるための「フロントエンド」って考える人も多いですが、自分的にはそれだけでなく「作品」って意味合いも強いんですよね。編集者さんと一緒に作品を作り上げていって、誰かの心を動かせたらいいなって。

あと、よく「本を出して印税ガッポリですね」とか言われるけど全くそんなことなくて。企画の段階からものすごく時間を掛けて作り込むので、収入を稼働時間で割ると時間当たりの報酬なんて本当に少ないんですよね。まあ爆発的に売れれば別なんでしょうけども。

なので、目先の仕事が忙しくなってくれば当然ながら“作品作り”よりも仕事を優先してしまい本の執筆は遠のいてしまうよなー、仕方ないよねー、これでいいんだよなー、などと思ってはいたんですが、企画を動かせていないことで僅かばかり虚しさみたいなものもあったりして。

11年も本を書いてくると、「あの人が本を出した。俺も!」って周りをみて誰かと比べるんじゃなくて、「自分にしか書けないものってなんだろう」ってことに集中してそれを形にしていくことが楽しいし、時間を忘れて明け方まで没頭してしまうほど好きな活動でもあるんですよね。

一方で、自信に満ち溢れているわけでもないから、作品の質を上げようと踏み込んでいくほどに苦しい思いもするし、自分のレベルの低さに気づかされて痛い目にもあったりするし。それでいて、ようやく形になって新刊をリリースするときには「あー、全然売れなかったらどうしよう……」「レビューでボロクソ叩かれたらどうしよう……」って怖くて仕方なくなったりもするし。

それでもやっぱり本を書きたいって気持ちが常にあって、それは11年前に自分から一歩踏みだして選んだことだったはずなのに、知らず知らずのうちにそんな気持ちをどこかに隠してしまっている現状があったりして。

そんな昨今、たまたま娘が聴いていて耳にしたYOASOBI『群青』でハッとさせられました。知ってはいたけど、ちゃんと歌詞を見ていなかった…

"知らず知らず隠してた本当の声を響かせてよほら"
"見ないフリしていても確かにそこに君の中に"

いやあ、「まさに……!」って感じでしたね。

めちゃくちゃ再生されているし、今ごろ知ったのかよと思われそうですが、これはクリエイティブな何かをやっている人にとってすごく背中を押される曲ですね。

歌詞を置いておきましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

嗚呼、いつもの様に
過ぎる日々にあくびが出る
さんざめく夜、越え、今日も
渋谷の街に朝が降る
どこか虚しいような
そんな気持ち
つまらないな
でもそれでいい
そんなもんさ
これでいい

知らず知らず隠してた
本当の声を響かせてよ、ほら
見ないフリしていても
確かにそこにある

感じたままに描く
自分で選んだその色で
眠い空気纏う朝に
訪れた青い世界
好きなものを好きだと言う
怖くて仕方ないけど
本当の自分
出会えた気がしたんだ

嗚呼、手を伸ばせば伸ばすほどに
遠くへゆく
思うようにいかない、今日も
また慌ただしくもがいてる
悔しい気持ちも
ただ情けなくて
涙が出る
踏み込むほど
苦しくなる
痛くもなる

感じたままに進む
自分で選んだこの道を
重いまぶた擦る夜に
しがみついた青い誓い
好きなことを続けること
それは「楽しい」だけじゃない
本当にできる?
不安になるけど

何枚でも
ほら何枚でも
自信がないから描いてきたんだよ
何回でも
ほら何回でも
積み上げてきたことが武器になる
周りを見たって
誰と比べたって
僕にしかできないことはなんだ
今でも自信なんかない
それでも

感じたことない気持ち
知らずにいた想い
あの日踏み出して
初めて感じたこの痛みも全部
好きなものと向き合うことで
触れたまだ小さな光
大丈夫、行こう、あとは楽しむだけだ

全てを賭けて描く
自分にしか出せない色で
朝も夜も走り続け
見つけ出した青い光
好きなものと向き合うこと
今だって怖いことだけど
もう今はあの日の透明な僕じゃない
ありのままの
かけがえの無い僕だ

知らず知らず隠してた
本当の声を響かせてよ、ほら
見ないフリしていても
確かにそこに今もそこにあるよ
知らず知らず隠してた
本当の声を響かせてよ、さあ
見ないフリしていても
確かにそこに君の中に

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

あと、一発録りの「FIRST TAKE」も。(音源としてはこっちが好き)

年末年始にでもまた執筆を再開しようかなあ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
原マサヒコ

頂いたサポートは私が新刊を書く際の取材費に使わせていただきます。新刊はあなたのサポートによって出すことができますです。

スキありがとうございます!!!!
ビジネス書作家×ライターとして出版・WEB・音楽・イベントなど各種コンテンツの裏側を発信 / 元トヨタの整備士として学んだことを中心に10冊上梓 / プラスドライブ代表 / WANDSとジグザグの沼にハマり中 / 公式⇒ https://www.haramasahiko.com/