日本人が本当は欠如している能力

まず結論からいうと "人を想う能力" です。

人を想う能力とは相手を観察し、なにがしたいか?なにを求めているか?を想像する能力のことです。

日本人が欠如しているの?と思われる方がほとんどだと思いますが実際そうだと思います。 "おもてなし" と言ってはいるものの、友人や家族でさえその人が本当にしたいことや思っていることを考えれていないのです。

例えば大雨の日に雨宿りをしている人がいて時間を気にしているとすればその人は急いでいて、しかし傘がない。その人はもしかしたら重要な書類を持っていてスーツを着ていれば商談かもしれません。私服ならデートかもしれません。

このように人の行動や仕草、格好まで把握し、次の行動の予測をする、なにを考えているかを考える。おそらくここまでできている方は極一部だと思います。

ではどうすれば人を想う力を磨けるか?

それは "人間観察""想像力" を鍛えることです。

まず人間観察をどう行うか?

ある特定の人を観察し結果に対しての行動のプロセスを分析します。

料理人でパスタを作ろうとすれば、パスタを茹でる、ソースを作る、パスタとソースを絡める、盛り付けるといった一連のプロセスがある。

では料理人がパスタを握れば?盛り付けるまでのプロセスがわかる。結果パスタを作る結果にたどり着く。

このようにその人のある行動から結果を予測することこそが人間観察をする意味になる。

想像力の鍛え方

いわゆる "妄想" です。頭の中で誰か好きな人でもいいし、先輩でも友人でもいい、誰かと頭の中で会話をする。シチュエーションを想定し、実際に声を出してもいい。

これをすることでその人がどういう人か?どのようなことを言うかを頭の中で考える。喜ぶ姿や怒る姿、時には反応がないこともあると思います。
重要なのは自分の発言から相手はどう言うか?どう感じているかを考えることです。

最後に人を想う時には一人一人考えが異なることに注意しなければなりません。これが一番重要なことです。喜ばれる行動とありがた迷惑があるので気をつけましょう。人を想いそれを行動に移すことを繰り返していれば喜ばれる行動が多く発見できると思います。喜ばれる体験をデータとして持っていることでだんだんと傾向もつかめてきます。最初は難しいかもしれませんが皆さんも人を想うということを習慣づけると周りから感謝される存在になれます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読みいただきありがとうございます。スキがとても励みになるのでぜひお願いします。またほかの記事も気になれば読んでいってください。

さんくす!!
21
自分が楽しい、ワクワクしたことを全部やります。建築、音楽、レザークラフト、ビジネス、勉強。つまみ食いすることで新しいコンセプトをつくります。1日のなかで特に気になったことについて、楽しいことについて深く発信していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。