独學竜@眞叉宗
桜田虎門先生の『通俗詳解 五行易指南』現代訳③ 八不筮とは
見出し画像

桜田虎門先生の『通俗詳解 五行易指南』現代訳③ 八不筮とは

独學竜@眞叉宗

卜筮をするということは、人類が自己の知恵や思慮ではどうしても考えがおよばず極みつくされていないから白とも黒とも決断しにくいことがあるからこそ少しでも自己に誠実の心がない・わだかまりがある・兎の毛ほどでも道理に背くとがあれば、たとえいかなる卦面を得たからといっても、こうも直感や効能があるものではない。それだからこそ。今、『八不筮』の法をたてて学者の禁止要綱とする。

①邪、盗み・不倫や浮気・親不孝・上の立場の人や上司に背き敵意をむき出しにして苦労をさせること

占い技術に勝っていたとしても、直感や効能があるものではない。なぜというまでもなくてこれらの事柄は天はもちろん世の中の一般常識的に悪とし嫌うところの行いであるから、それらのことについて手前勝手なことを占ったとしても鬼神様がその許可を受け入れられて吉凶を告げていただけるわけではない。けっしてこれらは許されないのである。そして『易は人柄が優れて人徳のある人のために行い、そうでない人のために行わず』といっているように、常に心が誠実でかつ行いの正しい人柄が優れていて人徳のある人や考え方や態度が十分に成熟し思慮分別できる自立・自律している人のためにはよき相談相手となって吉凶と物事が伸びて盛んになるか衰えて消えていくかを告げていただけるが、これに反して常に心や性根が拗けた行いのよからぬ人のためには断じて相談相手となって吉凶禍福を予知させるということはないのである。

この続きをみるには

この続き: 2,434文字

桜田虎門先生の『通俗詳解 五行易指南』現代訳③ 八不筮とは

独學竜@眞叉宗

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
独學竜@眞叉宗
大阪の【どっか】で占い師をしてる者です。 占い師暦は四年以上。コアなリピーターさんのおかげで生き延びてます。 笑 ほんまの趣味の一環で手を出してきてるんやけど、独学をジャンル問わず片っ端からしてきてるので、これを機に整理していこうかなと思ってます。よろしくお願いします。